アメリカ サンフランシスコ!アルカトラズ島上陸ツアー!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アメリカ サンフランシスコ!アルカトラズ島上陸ツアー!

アメリカ サンフランシスコ!アルカトラズ島上陸ツアー!

更新日:2017/09/27 15:45

八岳木 流泉のプロフィール写真 八岳木 流泉 温泉ライター

アメリカ西海岸の大都市サンフランシスコ。数多くの観光スポットがある街ですが、ここでのおすすめはアルカトラズ島!監獄島とも呼ばれた歴史の島へは、フェリーで渡ることができます。フェリーでの往復を含んだ上陸ツアーは、常に高い人気を誇ります。実際に足を踏み入れて、独特な雰囲気を味わってみましょう。

アルカトラズへはフェリーに乗って

アルカトラズへはフェリーに乗って

写真:八岳木 流泉

地図を見る

大都市サンフランシスコは、道路交通網の発達した場所です。空港へつながる電車のBART(バート)をはじめ、シリコンバレー方面へ向かうCALTRAIN(カルトレイン)。有名なCABLE CAR(ケーブルカー)に、MUNI BUS(ミュニバス)とMUNI METRO(ミュニメトロ)が走っています。そして忘れてはならないのは、アルカトラズ島へ向かうフェリーです。フェリー乗り場は海沿いのPier33にあります。ダウンタウンからは、MUNI METROに乗って向かうのが最短距離。ダウンタウンのMarket st駅から、「F」と書いてあるMETROに乗って、約15分。The Embarcadero&Bay駅で降りて、徒歩約3分です。

METROの運賃は$2.25。また、ダウンタウンからタクシーで行く場合は、「Pier33」と告げればわかります。タクシーだと約10分で到着します。

約10分の海上フェリー

約10分の海上フェリー

写真:八岳木 流泉

地図を見る

アルカトラズ島へのフェリーは、Alcatraz Cruises,LLC社が運航しています。乗船券は、事前にネット予約しておくとスムーズです。もちろん、当日売り場で購入することもできますが、列に並ぶことは覚悟しておく必要があります。アルカトラズへの上陸ツアーは、早朝ツアーや深夜ツアーなど複数あり、季節によって変動しますが、発船は朝8:45から、夜6:30ぐらいまでです。また、料金も季節ごとに変わります。

最安は早朝ツアーでおおむね$35から。ガイドが個別に付くと$85を超えます。ただ、大半の人は早朝ツアーで行きますね。乗船時間は約10分。ダウンタウンを後ろに見ながら、のんびりと進んでいきます。

海鳥が誘うアルカトラズ

海鳥が誘うアルカトラズ

写真:八岳木 流泉

地図を見る

"監獄島"とも呼ばれるアルカトラズ島ですが、今では貴重な観光地。海から見ても、風化や劣化はあまり見られず、綺麗に保全されています。アルカトラズ島に上陸せず、周遊するクルーズもあるようですが、サンフランシスコに来たからには、やはり上陸したいですね。グルリと島を眺めながら、停船するドックに船は進みます。

船を降りたあとは、順路に従いAudio guide(オーディオガイド)を受け取りましょう。イヤホンでガイドを聞きながら、監獄の内部に潜入します。また、アルカトラズ島は海鳥の繁殖地としても知られています。至る所に画になる海鳥がいますので、シャッターチャンスを逃さないように!

アルカトラズの監獄へ

アルカトラズの監獄へ

写真:八岳木 流泉

地図を見る

Cellhouse(セルハウス) Audio Tourと呼ばれるこの上陸ツアーは、約50分の行程です。アルカトラズの歴史から、監獄の様子。グラウンドにおける運動の光景など、当時の景観を細かくガイドしてくれます。このオーディオガイドは日本語にも対応していますので、英語が苦手でも大丈夫です。圧倒されるのはズラリ並んだ独房のそちら。ひとつひとつ覗いていけば、トイレや備品の机など、かつての息づかいが聞こえてきそうです。

重厚な監獄に思わず見とれる

重厚な監獄に思わず見とれる

写真:八岳木 流泉

地図を見る

アルカトラズは、連邦刑務所などが置かれた監獄ですので、決して明るい雰囲気ではないのですが、その重厚感は際立っています。独房は三階建てで、床から天井までズラリと並んでいます。柵を触ってみても腐食や劣化は見られず、しっかりとした構造になっていたことがわかります。アル・カポネが収容されていたり、三人の脱獄犯が出たりと、興味深い話を以て、オーディオツアーは終わりです。ツアーが終わり次第、停泊しているフェリーに乗ってダウンタウンへ帰ります。

アルカトラズから知るサンフランシスコ

アルカトラズ島とダウンタウンは、相互に肉眼で目視できる距離にあります。近くて遠いを具現化したかのような両者の立ち位置。アルカトラズに収容されていた囚人は、街の夜景にあこがれた。歴史や現実を知ることで、一層サンフランシスコの魅力が増しそうですね。なお、アルカトラズ島には、当地限定のお土産もあります。そちらも要チェックです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ