上方注意!オーストリア・ザルツブルクは超かわいい看板の宝庫!

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

上方注意!オーストリア・ザルツブルクは超かわいい看板の宝庫!

上方注意!オーストリア・ザルツブルクは超かわいい看板の宝庫!

更新日:2016/09/13 17:19

吉野 友梨のプロフィール写真 吉野 友梨 トラベルライター

オーストリア・ザルツブルクの街で道を歩くときは他の人にぶつからないように周りに気を配りつつも、ちょっと上を見上げてみてください。
頭上にとてもかわいい鉄細工の看板を大量に発見することができます。ついつい写真を撮りたくなってしまうような看板がそこかしこにいっぱいあるんです。この鉄細工は何を表しているんだろうと想像力を働かせてみるのも楽しいかも!?

世界遺産の街はみどころいっぱい!

世界遺産の街はみどころいっぱい!

写真:吉野 友梨

地図を見る

オーストリアの古都・ザルツブルクは旧市街が世界遺産に登録されたみどころが多い街です。モーツァルトの生家や大聖堂、レジデンツ、庭園がきれいなミラベル宮殿。見晴らしのいいホーエンザルツブルク城などもあります。一日では見飽きることのない、歴史のある街です。

そして旧市街にはメインストリートのゲトライデ通りがあります。そこではとてもかわいい看板をいっぱい見ることができるんです!

見ているだけで楽しい!ゲトライデ通りは看板だらけ!

見ているだけで楽しい!ゲトライデ通りは看板だらけ!

写真:吉野 友梨

地図を見る

ゲトライデ通りにはお土産物屋さんやカフェ、レストランなどいろいろなお店があり、観光客も多い通りです。この通りにはそれらのお店やホテルなどの装飾看板があふれています。

昔は、字を読めない人が多かったので、一目見て何屋かわかるようにと、看板で職業を表すようになっていました。そのために鉄でいろいろな形に細工をした看板を掲げてあるのです。看板と一緒に字も一応書いてはありますが、細工を見るだけで大体わかるようになっています。鍵屋さん、傘屋さん、靴屋さんなどは、一目見ただけで職業がわかってしまいますね。

あの有名店の看板がこんな豪華に!

あの有名店の看板がこんな豪華に!

写真:吉野 友梨

地図を見る

もちろん、地元のお店の看板だけでなく、最近入ってきたばかりの外資系のお店でも、街の雰囲気を壊さないような看板で周りに溶け込んでいるのを見ることができます。上を見て下さい。あの有名なハンバーガーのチェーン店の看板が!こんな豪華なマクドナルドの看板、よそでは見られませんよね。

他の街でのマクドナルドの赤を基調としたイメージからはかけ離れていますが、ここザルツブルクの落ちついたイメージにぴったりの重厚な看板です。

よくわからない看板も・・・でもゴージャス!

よくわからない看板も・・・でもゴージャス!

写真:吉野 友梨

地図を見る

看板を見ただけでは何のお店なのかわからないものもありますが、とにかく凝っていてゴージャス。看板だけを見て、何屋さんなのかを想像してみるのも楽しいのではないでしょうか?そして、その答えは看板の下にあるお店をちょっとのぞけばすぐわかります。

この通りでは観光客は街並みの写真を撮るために水平方向に向かって写真を撮るのではなく、上に向かってシャッターを切ってしまいます。他の観光地にはないかわいい看板の写真を、ついとりたくなってしまうところなのです。

もしかしたら新しい発見も・・・

もしかしたら新しい発見も・・・

写真:吉野 友梨

地図を見る

仮に、新しいお店がこの通りに出来るとなれば、そのお店も周りと調和したステキな看板を作るべく、知恵を絞ることでしょう。その結果、次にザルツブルクを訪れたときにはまた新しい看板を発見するかもしれません。

そして、あの有名企業や有名店はいったいどんな看板を掲げているのでしょうか。探してみるのもいいですね。

おわりに

ゲトライデ通りにはかわいい看板があふれています。あまりに華やかなので、つい目がいってしまいます。上を見上げるとき、歩くときは、人にぶつからないように注意してください。

正統派の観光名所を見るのもいいですが、この通りでいかにもヨーロッパ的な看板などを見ながら歩くのも、また楽しいものではないでしょうか。お気に入りの看板を見つけてみてはいかが?

ゲトライデ通りは中央駅からバスが出ていますが、徒歩でも20分ほどで行けます。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ