ボルドーに匹敵!ワシントン州「トレベリ」はスパークリングワイン専門ワイナリー

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ボルドーに匹敵!ワシントン州「トレベリ」はスパークリングワイン専門ワイナリー

ボルドーに匹敵!ワシントン州「トレベリ」はスパークリングワイン専門ワイナリー

更新日:2016/09/11 14:22

いしい ひいのプロフィール写真 いしい ひい 元旅行会社勤務、アメリカ旅行ライター、フードコーディネーター

ワシントン州のヤキマバレーはリンゴ、ブドウ、ホップなどの農作物が豊かに実る土地。フランスに似た気候条件にも恵まれて、多くのワイナリーが急成長しています。なかでも注目なのが「トレベリ」、スパークリングワインを専門に生産している個性的なワイナリー。見渡す限り広がるブドウ畑を観賞しながら、爽やかな泡立ちを楽しんでみませんか!?

仏ボルドーに匹敵!ワイン造りにぴったりの大地

仏ボルドーに匹敵!ワイン造りにぴったりの大地

写真:いしい ひい

地図を見る

ワシントン州のワインは、高品質で洗練された味わいに定評があります。
そのなかでも、州の最大都市シアトルから車で2時間半ほどのヤキマバレーは、太陽の恵みをふんだんに受け、ワイン造りにぴったりのブドウが実る場所。
フランスのボルドー、バーガンディと同じ緯度に位置し、ワインに最適な気候と土壌に恵まれているので、ワイン生産が急成長しているのです。さらに、フランスとは違って天候が安定しているので、常に良質のブドウが収穫でき、ワインの生産年に左右されないという強みも!

ヤキマバレーには80軒以上のワイナリーと5,200ヘクタールを越えるブドウ畑があり、多くのワイン愛好家や観光客を惹きつけています。

高い評価を受けるスパークリングワイン

高い評価を受けるスパークリングワイン

写真:いしい ひい

地図を見る

ヤキマバレーのワイナリーはどれも個性的ですが、なかでもおススメなのがトレベリ(Treveri Cellars)。ワシントン州でも唯一、スパークリングワインを専門に生産しているワイナリーです。
2010年秋にオープンした比較的新しいワイナリーですが、ホワイトハウスの国務省の晩餐会で出されるなど、既に高い評価を受けています。

予約なしでテイスティングを楽しむことができるので、気軽に立ち寄りましょう。山々やブドウ畑を見晴らす屋外の席でのテイスティングは、開放感いっぱい!バラの花に囲まれた庭も美しく、とてもくつろげる雰囲気のワイナリーです。

スパークリングワイン5種の味比べ!

スパークリングワイン5種の味比べ!

写真:いしい ひい

地図を見る

トレベリのテイスティングでは、5種類のスパークリングワインを、ドライなものから甘味のあるものへと順に味わうことができます。

白ブドウだけを使ったブラン・ド・ブランは、リンゴやブリオッシュの風味が感じられる、バランスのとれたスパークリングワイン。すっきりとした美味しさで、どんなシチュエーションにも使える人気の一品です。
シラーとシャルドネをブレンドしたスパークリング・ロゼは、ピンクの色合いがキレイ!ベリーやシトラスが感じられるステキな味わいで、どんなお料理にも合わせやすいそうです。

どのスパークリングワインも15〜20ドルくらいと、比較的お手頃価格なのも嬉しい!お気に入りの一本を選んで、旅の記念にするのもステキですね。

オーナーのこだわり

オーナーのこだわり

写真:いしい ひい

地図を見る

トレベリのオーナーのジュリー・グリーブ氏はドイツで生まれ、30年以上ワイン造りに携わってきた人。ワシントン州の高品質ワイン造りに情熱を傾けています。
グリーブ氏曰く、
「上質のスパークリングワインは、どんな場も華やかにしてくれる。」
「ワインとワイン造りの楽しさは人生の旅路のようなもの。決して終わることなく、時が経つにつれ醸成し発展し続けていくんだ。」
そんなオーナーのこだわりを感じながら、繊細に泡立つワインをお楽しみくださいね。

まとめ

ヤキマバレーではブドウのみならず、リンゴ、モモ、ナシ、サクランボ、トウモロコシなど多種多様な農産物が生産されています。全米のホップ生産量のなんと 78 %を生産しているので、地ビール造りも盛んに行われています。
ワイナリーを巡るヤキマバレーへの旅は、農業地帯の豊かな恵みを感じる旅となることでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -