青森「田代平湿原」は秋の穴場!一面の黄金色を楽しもう

| 青森県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

青森「田代平湿原」は秋の穴場!一面の黄金色を楽しもう

青森「田代平湿原」は秋の穴場!一面の黄金色を楽しもう

更新日:2016/09/20 19:30

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 写真家、旅ライター

大自然の宝庫である青森県で、様々な色の秋を楽しむことが出来る場所。それが八甲田連峰です。青森県の中央に位置する八甲田は八つの峰からなり、そこから八甲田と言われるようになったと言われています。

特に秋を大満喫出来る場所こそが「田代平湿原」です。一面が見事な黄金色となる圧巻の美しさ。ところがあまり観光客が来ないことから、絶好の穴場となっており、この色を見ないとしたらあまりにももったいないのです。

田代平湿原について

田代平湿原について

写真:大里 康正

地図を見る

青森県青森市にある美しき田代平湿原(たしろたいしつげん)は、十和田八幡平国立公園の北端に位置する天然記念物です。ここは八甲田において数多くある湿原の中でも、最大の面積を有しています。約200万年前の火山活動で出来たカルデラ湖が変化をして湿原となっていったのです。日本国内には有名な湿原が数多くありますが、規模と美しさにおいて田代平湿原はまったく引けを取りません。

田代平湿原近くには八甲田温泉があり、また付近には無料の駐車場が整備されています。上の写真のように、この辺りに来ただけでもすでに美しい景色を楽しむことが出来ます。

ところで、八甲田についてですが、過去に故高倉健の主演で大ヒットした映画「八甲田山」の影響でその名前の山があると思われがちです。しかしながら八甲田山という名の単独峰は存在していません。八甲田はあくまでも連峰なのです。

湿原までの道も美しい

湿原までの道も美しい

写真:大里 康正

地図を見る

駐車場から歩いてすぐに川があり、橋を渡ることになります。周囲の見事な紅葉はもちろんですが、ここでは清らかな水の音、そしてその流れも楽しんでみましょう。湿原まではもう少し道が続きますが、遊歩道が整備されているので迷うことはありません。

龍神沼の神秘

龍神沼の神秘

写真:大里 康正

地図を見る

橋を渡り、少しすると右手に背の低い赤い鳥居が見えてきます。半分土に埋まったようなとても不思議な鳥居なのですが、そこを抜けてすぐに見えて来るのが龍神沼です。その色はまさにエメラルドグリーンと言えるのでは。神秘的な雰囲気は、八甲田の中でも独特の美しさであり、青森県内からここを見るためだけにやってくる人もいるほどなのです。この美しさをぜひとも記憶や写真に残して下さい。

沼の反対側まで行くと小さな祠が見えてきますが、その先はほとんど開けていないので、無理して進まないようにしましょう。あくまでも道があるところだけにとどめて下さい。不用意に入ることは安全上の問題に繋がるかも知れませんし、また自然保護の観点からも注意をしましょう。

黄金色の雄大な美しさ

黄金色の雄大な美しさ

写真:大里 康正

地図を見る

田代平湿原は、約1600mの遊歩道が整備されており、ゆっくり歩いて約1時間で周ることが出来ます。中央ルート560m、北側ルート558m、南側ルート432mと分かれており、どこを歩いても美しさを満喫できます。時間の許す限り、異なったルートを歩いて様々な角度からお楽しみ下さい。途中には4箇所の休憩所がありますので休憩をしながら、風を感じながら雄大な黄金色の湿原を眺めてみましょう。

手つかずの大自然

手つかずの大自然

写真:大里 康正

地図を見る

田代平湿原のいたるところに写真のような池があります。これらは日の光によって様々な色に見えるはずです。

湿原で大事なことは、指定場所以外には入らないということです。それだけではなく美しい自然をいつまでも残していくために、植物の採取をしないこと、火気を使わないことなど、約束事は必ず守るようにしましょう。

最後に

田代平湿原を楽しんだ後は、近くの八甲田温泉で汗を流すのもよい時間ではないでしょうか。八甲田は大自然の宝庫。この秋はじっくりと観光してみて下さい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -