400円で圧巻のクオリティ!富山「まんだら遊苑」で究極の地獄堕ち体験

| 富山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

400円で圧巻のクオリティ!富山「まんだら遊苑」で究極の地獄堕ち体験

400円で圧巻のクオリティ!富山「まんだら遊苑」で究極の地獄堕ち体験

更新日:2016/10/18 15:44

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

人は辛いことがあると「地獄を見てきたぜ…」と言いますが、「じゃあ、本当に見たのか?」と聞かれると、ほとんどの人が答えに詰まるはず。
そんな地獄の世界を可視化した施設が、富山県にあるんです!立山博物館「まんだら遊苑」は五感を使って地獄の世界を体験できる、地獄のテーマパーク。地獄の匂い、うめき声、真っ赤な空間…。様々な仕掛けに、始終興奮しっぱなし!現実と夢の世界を彷徨うような、刺激的な体験ができます。

あなたも地獄マスター?「まんだら遊苑」とは

あなたも地獄マスター?「まんだら遊苑」とは

写真:安藤 美紀

地図を見る

山岳信仰の広がりとともに、古くから多くの登拝者が訪れてきた霊峰、立山。現在では、富山を代表する観光スポット 立山黒部アルペンルートがある観光地としても知られています。

その立山連峰の玄関口にある芦峅寺(あしくらじ)にあるのが、富山県「立山博物館」の施設「まんだら遊苑」。ここは、立山信仰を現した立山曼荼羅の世界を五感で体験出来る場所です。

施設内は、地界・陽の道・天界・闇の道の4つのエリアに分かれ、特に地獄をテーマにした地界エリアは、アドレナリンが大放出!ディズニーランドが夢の国だとしたら、ここは悪夢の国。効果音・照明・香りなど様々な仕掛けが施され、非日常の世界へ連れて行ってくれます。

さて、「まんだら遊苑」の受付で400円を払ったら、三途の川をイメージした小川を渡り、いよいよ地獄の世界へ。子供が通れるほどの小さな穴をくぐって閻魔堂(えんまどう)に入っていきます。

手に汗握る地獄の通路には、激しいうめき声が

手に汗握る地獄の通路には、激しいうめき声が

写真:安藤 美紀

地図を見る

「まんだら遊苑」って、田舎にあるお化け屋敷みたいなものでしょ?…と高をくくってはいけません。

ここで繰り広げられるのは、リアルに再現された地獄の世界。ゲストの五感をフル活用するから、地獄の苦しみをダイナミックに体感できるのです。

特に、地獄の閃光が飛び交う真っ赤な通路では、地獄に落とされた亡者たちの悲痛な叫び声が、壁の中から鳴り響きます。

「ヤバイ!」と思って、別の場所に移動しても無駄。今度は動いた先の壁から再び悲痛な叫び声が聞こえ、どこにも逃げられない。まさに地獄のループ状態です。「これ以上は無理、無理…」と思っても、先に進むしかありません。

広場を取り囲む地獄の世界

広場を取り囲む地獄の世界

写真:安藤 美紀

地図を見る

閻魔堂で壮絶な地獄に震え上がったら、今度は屋外の地獄エリアへ。こちらは、先程よりソフトな地獄を体験できます。

地獄の針山をイメージしたモニュメントは、近付いてみると積み上げられた岩の隙間から「オォォーー!」という餓鬼たちのうめき声が聞こえます。ただし、ここはお日様の下だから、さほど怖くはありません。B級スポット感覚で楽しみましょう。

この他にも、水窟鬼(すいくつき)と呼ばれる丸い蓋を覗き込むと、“地獄の寒さ”を伝える5種類のニオイ&音を体感できます。地獄のニオイと聞くといかにも臭そうですが、意外とお香のような良い臭さ。逆に印象に残ります。

高所恐怖症の人にとっては、まさに地獄の精霊橋

高所恐怖症の人にとっては、まさに地獄の精霊橋

写真:安藤 美紀

地図を見る

常願寺川へ向かい、ひさしのように突き出た橋。
この橋は精霊橋と呼ばれ、サイドの壁がガラス張り、下は丸見えという、高所恐怖症の人にとってはクレイジーな橋です。ここでのミッションは、橋の先端にある鐘を鳴らし、現世復帰への救済を求めること。

精霊橋は“高くて揺れる恐怖”を感じる場所ですが、立山の大自然を360°独り占めできる場所でもあります。ここでしか見られない絶景と、この鐘を鳴らしたものだけが受けられる“救い”を求め、鳥肌をフルに立たせながら前に進みましょう。

地獄から一変、アートのような極楽浄土の世界へ!

地獄から一変、アートのような極楽浄土の世界へ!

写真:安藤 美紀

地図を見る

様々な地獄の恐怖を味わい尽くしたら、天界への道を抜け、立山の極楽浄土をイメージした天界ゾーンへ進みます。ここにはアーティストが天界をイメージした作品が置かれていますので、美術館感覚でじっくり眺めてみましょう。

天の卵宮(てんのらんきゅう)と呼ばれるドームでは、靴を脱いで中に入ることができます。ここは、お母さんのお腹の中をイメージして作られた場所。光や音で究極の癒しを体験出来ます。頭の中を空っぽにして、瞑想してみましょう。心が穏やかになるのを感じられますよ。

そして最後は、真っ暗な闇の道を通り抜け、天界から現実の世界へ…!まるで生まれ変わったような、新鮮な感動を味わうことができます。

リアルな地獄の世界を体験してみよう

「まんだら遊苑」は、ここに来るだけで「誠実に真面目に生きていこう!」と思える不思議なスポット。百聞は一見に如かず。地獄ってどんな場所?と気になる方は、一度訪れてみてください。あなたの地獄行を回避してくれるかも…。

それから、「まんだら遊苑」から車で2〜3分の場所に、立山博物館の展示館があります。こちらは、立山の雄大な自然や立山信仰の歴史を紹介しているスポット。事前に展示館に立ち寄ることで、地獄堕ち体験の楽しさが倍増します。こちらもオススメですよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ