侮れないバンコクのカフェ飯!タイ人もすすめるトムヤムパスタは超絶品

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

侮れないバンコクのカフェ飯!タイ人もすすめるトムヤムパスタは超絶品

侮れないバンコクのカフェ飯!タイ人もすすめるトムヤムパスタは超絶品

更新日:2018/07/27 09:26

日向 ちゃあむのプロフィール写真 日向 ちゃあむ 海外旅行ライター

タイ料理と言えば、真っ先に思い浮かぶのが世界三大スープの1つ「トムヤムクン」。辛味と酸味の効いたタイを代表する味ですが、そんなトムヤムとイタリアン・パスタが見事に融合した絶品料理がバンコクのカフェで味わえます!お洒落カフェが密集する「エカマイ」で着実にファンを増やしている隠れ家カフェ「Dog In Town」。本場タイでタイ人もすすめる絶品トムヤム料理を味わってみては如何ですか?

「隠れ家一軒家カフェ」はワンちゃんがお出迎え!

「隠れ家一軒家カフェ」はワンちゃんがお出迎え!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

お洒落カフェが立ち並ぶ人気のエリア「エカマイ」に、ひっそりと佇む一軒家カフェ「Dog In Town(ドッグ・イン・タウン)」。ドッグランの芝生がまぶしい緑溢れるこの場所は、犬目当てと絶品料理目当てに人が集めってくるドッグカフェなのです。

土足厳禁なので入り口で靴を脱ぐと、待っていました!と言わんばかりに大小様々なワンちゃん達がお出迎えしてくれます。犬にはBTS駅の名前が付けられているのもタイらしくて微笑ましいですね。

自宅のようにくつろげる癒し空間

自宅のようにくつろげる癒し空間

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

一人ワンオーダー制なので、ドリンクや食事を注文した後は、ワンちゃん達に癒されながら絶品料理を堪能しまくり!イス席とソファ席があり、自宅のようにゆったりとくつろげる工夫が嬉しい居心地抜群のカフェです。

客層も国籍豊かで、タイ人、日本人、西洋人など多国籍の人種が交わる空間で、言葉や文化は違えども、動物を通して人々が笑いあい、タイの絶品料理で心もお腹も満たされる!多くの人とのコミュニケーションが楽しめる場としても、このドッグカフェはカフェ以上の楽しみを与えてくれます。

タイハーブやチリを上手く使ったバンコクの絶品カフェ飯!

タイハーブやチリを上手く使ったバンコクの絶品カフェ飯!

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

カフェと言っても侮れないメニューの数々が、実はここの人気の秘密!

ドリンクメニューは、遊び心満載のタイらしい名前が付けられたモクテルが目を惹く中、3種の茶葉を使用した濃厚なタイティーにバニラアイスがトッピングされた「ドッグ・イン・タウン・タイティー」も他では味わえない一押しメニューです。

食事系は、タロチーズバーガーやグリーンカレーのスパゲティなど、タイハーブやチリを使った日本では珍しいカフェメニューが並びます。

ピリ辛でクリーミー!タイ人も大絶賛のトムヤム・パスタ

ピリ辛でクリーミー!タイ人も大絶賛のトムヤム・パスタ

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

この店の看板メニューとでも言いたい!タイ人にも日本人にも大人気の絶品トムヤム料理が、小エビやカラマリ、カリカリのベーコンなどが入った「トムヤム・クリーム・スパゲティ」215バーツ。

写真でも分かるように、唐辛子が結構入っていて一見激辛!?と思いきや、見た目ほど辛くもなく、ピリ辛でコクのあるソースはクリーミーで病み付きになります。イタリアン・パスタとタイ・トムヤムの見事すぎる融合!この味は他ではなかなか味わえません。

子どもの遊び場兼バンコクの癒しスポット

子どもの遊び場兼バンコクの癒しスポット

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

カフェ激戦区のエカマイで、ユニークかつ本格的なカフェメニューが楽しめるこの人気店は、タイ・バンコクの癒しスポットとして幅広い年齢層に支持されています。

動物と触れ合える子供の遊び場としても人気が高く、1歳くらいの幼児から子供連れのファミリーが多く訪れるのも頷けます。

癒しカフェで味わう絶品タイ料理!

タイ人もおすすめする絶品タイ料理が食べたい!動物とふれあいたい!そんな望みを一度に叶えてくれる穴場スポットがバンコクのエカマイにあるドッグカフェ「Dog In Town」。

愛らしいワンちゃん達に癒されながら、タイハーブをふんだんに使った絶品タイ料理を是非味わってみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -