温泉好き必見!泉質の良さで選ぶなら・鹿児島「霧島国際ホテル」で決まり

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

温泉好き必見!泉質の良さで選ぶなら・鹿児島「霧島国際ホテル」で決まり

温泉好き必見!泉質の良さで選ぶなら・鹿児島「霧島国際ホテル」で決まり

更新日:2016/09/21 17:48

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

大手旅行雑誌のサイト投票で、過去に「お風呂の良かった宿・九州ホテル部門」で1位を獲得した宿「霧島国際ホテル」。心も体も芯から癒される単純硫黄泉は、体で実感できる泉質の良さです。

おまけにお風呂の種類は、"乳白色のにごり湯・檜風呂・岩盤浴・温泉泥パック・露天風呂・寝湯・歩行湯・蒸し湯・岩盤サウナ"となんと9種類も。そして、郷土料理にも定評があります。今回はそんな満足できる温泉ホテルをご紹介します。

体の疲れがお湯に溶け出す!?

体の疲れがお湯に溶け出す!?

提供元:霧島国際ホテル

http://www.kirikoku.co.jp/地図を見る

こちらのホテルの魅力は何といっても泉質の良さ。温泉好きにはたまらない乳白色の湯は肌に優しく、露天風呂に浸かったまま体を横たえられる場所(離れにある写真の露天風呂)まであり、とってもリラックスできます。入浴中は情緒に浸り、翌朝にすっきり目覚める。そんな温泉効果が体感できる湯にはいれるのが、「霧島国際ホテル」です。

男湯と女湯は1日交替の入れ替え制。なので、1泊2日で宿泊される方は絶対に宿泊日と翌朝の入浴をお勧めします。なぜならば。お勧めの美白効果がある”泥パック”が1ヶ所にしかないため。そのほかにも露天風呂やサウナ・檜風呂も、1日目と2日目とでは同じタイプのお風呂が違った設計になっていて趣が異なります。せっかくだから、是非制覇して見てくださいね。

山海の幸が自慢の鹿児島県産グルメに舌鼓

山海の幸が自慢の鹿児島県産グルメに舌鼓

提供元:霧島国際ホテル

http://www.kirikoku.co.jp地図を見る

自慢のお風呂に加え、食の宝庫鹿児島県の幸が味わえる「懐石料理」がこのホテルのもう一つの自慢。鹿児島県の自然に育まれた新鮮な食材を使用して作られた郷土料理は地産地消の創作料理で、旅行者を感動させます。

食膳には「薩摩黒豚・鹿児島黒牛・さつま揚げ・錦江湾であがる鮮魚」をはじめ、地元で育った野菜や旬の素材がふんだんに並びます。コースの種類も豊富なので、好みに合ったものをチョイスできるのがうれしいところです。

また、人気の朝食ビュッフェは和洋折衷で品数が豊富。揚げたての「さつまあげ」や「黒豚味噌」まであり、特色あるメニューが定評です。

愛らしい姿の「ウーパールーパー」がお出迎え!

愛らしい姿の「ウーパールーパー」がお出迎え!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

入り口を入ると出迎えてくれるのが愛らしい姿の「ウーパールーパー」。1985年頃に突如日本に出現した謎の生命体ですが、最近ではあまり目にしなくなりました。ですが、ここに来れば3匹の立派に成長した「ウーパールーパ」に出会え、その可愛らしさにほっこりしてしまいます。

ピンク色の身体につぶらなお目々、顔の両側にあるひらひらが特徴的な「ウーパールーパー」。水槽が設置されているのは正面玄関を入ってすぐの左側なので見つけてみてくださいね。平成28年9月現在、隣には「霧島温泉大使・アヒル隊長」の大きな黄色いぬいぐるみが置かれているので、きっとすぐにわかるはずです。

お得なプランあれこれ

お得なプランあれこれ

写真:道明寺 彩希

地図を見る

写真のお部屋は「スタンダードルーム和洋室」タイプ。ワンランク上の滞在をお望みの方には、最上階にある「プレミアムルーム」利用のプランもあります。「露天ぶろ付き・露天風呂無し」が選択でき、お部屋タイプも「和室・洋室・和洋室」の中から選択可能。部屋からは「間近に立ち上る湯煙」が眺められ、晴れた日には遠方に桜島を眺む景色が見られます。

宿泊はできないけれど近郊から訪れるので温泉に入って食事も食べてみたい!という方には、日曜・祝祭日限定で行われる「お昼の湯けむりバイキング」がお勧め。野菜がたっぷりで品数豊富なヘルシーメニューがお得に頂け、入浴も可能です。

ただしこのプラン、ホテル行事や混雑状況によっては予定が変更になる場合もあるので要注意。お出かけ前に必ず電話にて確認されることをお勧めします。(ホテルプラン・アクセス等の詳細に関しては、下記Memoにあるホームページに詳しく掲載されているのでご参照ください)

泉質の良さを証明する湯煙の景観

泉質の良さを証明する湯煙の景観

写真:道明寺 彩希

地図を見る

天孫降臨伝説の霧島山の懐から湧き出る霧島温泉郷は湯量が豊富で、様々な泉質が温泉郷の地面のあちこちから噴き出しています。その様子は圧巻。これだけ多くの蒸気が噴き出す温泉郷は珍しく、泉質の良さを裏付ける証を実感することができます。

こちらの景色を眺めながらお部屋でまったりくつろぐのが最高の贅沢(プランにより一部眺望が眺められないお部屋があります)。また日帰りや1泊の短期旅行だけでなく、「湯治の湯」としも人気の場所なので、2泊3日の「温泉湯治プラン」もお勧めです。こちらの申し込みはHP予約限定で、知る人ぞ知るお得なプラン。お部屋のグレードアップや美味しいお料理がお得に頂ける特典があるので、是非チェックして見てください。

アクセス便利でホテルまでスムーズに行けちゃう!

「霧島国際ホテル」は、鹿児島市内や宮崎県・熊本県エリアからもアクセスが良く、そのほかの地域からも飛行機を利用すれば空港前より霧島行きのバスに乗車し、ホテル近くまでスムーズに移動することが可能です。。バス停は「丸尾温泉」で、本来は下車して徒歩5分ですが、運転手さんに”霧島国際ホテル前で下車したい”と告げれば、ほとんどの場合受け入れてくださいます。

鹿児島空港よりバスを利用した場合、車窓に1866年の寺田屋事件で傷を負った坂本龍馬が傷を癒すため訪れた「塩浸温泉」・「龍馬公園」を見ることができます。ここは、日本で初めて「新婚旅行」を行ったと言われる「龍馬ハネムーンロード」について書かれた龍馬直筆の手紙がある「資料館」・「縁結びの足湯」(無料)や「二つの源泉の湯が楽しめる温泉」などがある場所。行きに場所を確認しておき、ホテルに宿泊した翌日に訪問するというプランも立てられます。

体も胃袋も満足できる「霧島国際ホテル」。お勧めです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ