多宗教の寺院・教会が一度に見られるカオスな世界!ソフィアの歴史建造物5選!

| ブルガリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

多宗教の寺院・教会が一度に見られるカオスな世界!ソフィアの歴史建造物5選!

多宗教の寺院・教会が一度に見られるカオスな世界!ソフィアの歴史建造物5選!

更新日:2016/09/13 15:57

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

ブルガリアはイスラムが作ったオスマン帝国に長い間支配されていました。旧ソ連がオスマン帝国との闘いで勝利をおさめた後は、旧ソ連やブルガリア共産党の建造物が多く建築されたため、ブルガリアには、イスラム教、ブルガリア正教、ユダヤ教、キリスト教(カトリック・プロテスタント)など様々な教会や寺院が現在も残っています。この歴史が作り上げたカオスな世界、一度体験したらソフィアのとりこになるはず!

一度に4つの異なる教会が見えるスポット

一度に4つの異なる教会が見えるスポット

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ソフィアの中心地、地下鉄Serdika駅を出るとすぐに見えてくるのが遺跡とイスラム寺院特有の丸いドーム屋根があるバーニャ・バシ・ジャーミヤ。オスマン朝が最盛期のときに建てられたイスラム寺院で、遠くからでも細長い尖塔と丸いドーム屋根を見ることができます。バーニャとはお風呂という意味で、この寺院はローマ時代の温泉施設の上に建てられたことから名づけられました。

写真は、地下鉄駅すぐ上にある聖ペトカ地下教会から撮影したもの。実は、この後ろ側にある旧共産党本部の広場からは4つ異なる宗派の教会と寺院を一度に見ることができます。

まずは、紹介したイスラム寺院「バーニャ・バシ・ジャーミヤ」、その左側に見えるのが、ユダヤ教寺院「ソフィア・シナゴーグ」、後ろ側を見ると丸屋根に独特の形の回廊が特徴的なブルガリア正教会の「聖ネデリャ教会」、そして、金色の体に黒い服をまとった聖ソフィア像の後ろにはカトリック教会の聖ヨシフがあります。

一つの場所でこれだけ宗派が違う教会が見られる場所はなかなかありません。

屋根だけしか見えない聖ペトカ地下教会

屋根だけしか見えない聖ペトカ地下教会

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

それでは見ておきたい教会・寺院を紹介していきましょう。先ほど紹介した地下鉄駅直結の聖ペトカ地下教会は、屋根だけが地表に出ている珍しい教会。向かい側にあるバーニャ・バシ・ジャーミヤとは正反対です。実は、聖ペトカ地下教会は、バーニャ・バシ・ジャーミヤと同じく、オスマン朝が最盛期のときに建築されたため、このように屋根だけ地表に出し、聖堂は地下に置くという苦肉の策で建てられたのです。

中は暗いながらもところどころに装飾が施され、隠れながらも祈り続けていた様子が感じられます。この教会が有名になったのは地下教会だからというわけではありません。オスマン朝からの解放を求める反乱を起こし、のちに死刑となったブルガリアの英雄ヴァシル・レフスキー将軍がここに埋葬されているのではないか、と言われたためです。真実のほどはいまだ確証されていません。

ヨーロッパ最大のユダヤ教寺院「シナゴーグ」

ヨーロッパ最大のユダヤ教寺院「シナゴーグ」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

バーニャ・バシ・ジャーミヤを右に折れた先にあるのがヨーロッパ最大のユダヤ教寺院「シナゴーグ」。東京駅のような外観に一見、寺院とは思えず、通り過ぎてしまいそうになります。入り口も大きな鉄扉で施錠され、普通には入ることはできません。インターフォンを押して、警備員を呼び、簡単な手荷物検査を受けたら中に入ることができます。

八角形の形をした礼拝堂にはユダヤ教を象徴する燭台が置かれ、豪華なシャンデリアもつるされています。荘厳な装飾とレリーフに目を奪われるはず。

ブルガリアで1,2を争うほど美しいと評される「シナゴーグ」は一見の価値ありです。

金色のドーム屋根が目を引く聖ニコライ・ロシア教会

金色のドーム屋根が目を引く聖ニコライ・ロシア教会

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

聖ペトカ地下教会の裏手にある旧共産党本部の横の道をまっすぐに歩いていくと見えてくるのが、金色の丸いドーム屋根とエメラルドグリーンの尖塔が青空に映える「聖ニコライ・ロシア教会」です。尖塔の先を見ると、ロシア正教会で用いられる十字架の本数が多い八端十字架も見ることができます。

この教会は、入り口が西側にあるため、南に設置する神廊が入り口正面ではなく、右横にあります。入った瞬間、あれ?と少し不思議な感覚に陥るはず。

地下には奇跡を起こすと信じられているセラフィム・ソボレフ大司教の墓があり、多くの信者が祈りをささげにくる場所となっています。

どの角度からみても美しい「アレクサンダル・ネフスキー寺院」

どの角度からみても美しい「アレクサンダル・ネフスキー寺院」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

聖ニコライ・ロシア教会のすぐ裏側にあるのがブルガリア最大で最も美しいといわれる「アレクサンダル・ネフスキー寺院」です。金色やエメラルドグリーンのドーム屋根に15kmの範囲まで聞こえる鐘楼、360度どこから見ても、違った魅力がある外観と荘厳たる雰囲気。

アレクサンダル・ネフスキー寺院は、ブルガリアの解放に貢献したアレクサンダル2世への感謝と、独立のきっかけとなった露土戦争の戦死者を慰霊するために建築されました。点在するロウソクの炎は戦死者を弔うためのもの。火が消えないように注意して見学しましょう。

5000人を収容できる寺院内は、イコンと呼ばれる聖像画が並べられたイコノスタシスが目の前に広がり圧巻!大理石で作られた玉座や巨大なシャンデリア、モザイク壁画など見どころ満載です。

ほのかにライトアップされた夜の姿も幻想的でフォトジェニックですよ。

ブルガリア・ソフィアにある教会・寺院は一見の価値あり!

ブルガリアというとソフィアから車で3時間ほど山間に行くリラの僧院が有名ですが、そこまで遠くに行かずとも、ソフィア市内の徒歩10分圏内には多種多様な教会や寺院が点在しています。

ほんの少し歩くだけで、遺跡や歴史的建造物にすぐに出くわすソフィアで、カメラ片手にぶらり街歩きしてみませんか?ガイドブックにのってないような小さな教会にも出会えますよ!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ