月に1度!1000以上もの屋台で賑わう京都・ 東寺「弘法市」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

月に1度!1000以上もの屋台で賑わう京都・ 東寺「弘法市」

月に1度!1000以上もの屋台で賑わう京都・ 東寺「弘法市」

更新日:2016/09/14 17:26

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター

東寺は下鴨神社や清水寺と共に世界遺産に登録されている京都屈指の観光スポット。五重塔や密教美術を求めて連日多くの人が東寺を訪れています。なかでも最も賑わいをみせるのが毎月21日に開催される「弘法市」と呼ばれる縁日。

境内にはところ狭しと屋台が並べられ、お祭りのような賑わいをみせます。今回はそんな「弘法市」の雰囲気と個性豊かな屋台をご紹介。月に一度のお祭り気分のイベントにぜひ出かけてみてください!

京都駅から歩いていけるスポット東寺

京都駅から歩いていけるスポット東寺

写真:島塚 渓

地図を見る

東寺は観光の拠点となっている京都駅から歩いていけるスポット。東寺のシンボルにもなっている55mの五重塔を目印に15分ほど歩くと、荘厳な南大門が見えてきます。「弘法市」の日には朝から多くのお客さんで賑わっていて、南大門の前まで人々の熱気が溢れています。屋台によって多少のずれはありますが、午前8時にはすでにオープンしているお店が多いのが特徴。いっぽう店じまいも午後4時ごろからと少し早めです。「弘法市」に出かける際は、あまり遅くまで縁日がおこなわれていないことを念頭に出かけたほうがいいかもしれませんね。

「弘法市」と空海の関係は?

「弘法市」と空海の関係は?

写真:島塚 渓

地図を見る

東寺は平安京に遷都して間もない796年に建立された歴史のある寺院。もともと東寺は平安京を守る王城鎮護の役割を与えられていましたが、「弘法大師」こと空海が寺のトップになると真言密教の道場として整備されていくことになります。それから空海に対する信仰の高まりとともに「弘法さんの寺」として庶民の人気を集めるようになりました。

今回紹介する「弘法市」は空海の命日供養を行っていた「御影供」(みえく)をもとに行われるようになったもの。空海の遺徳を偲んで催されていた「御影供」の参拝客をターゲットに茶屋が集まりだしたのが「弘法市」のはじまりと言われています。それがしだいに取り扱う商品も増えていき、現在のような賑やかな縁日になったということです。

ちなみにこの縁日という言葉は、もともと神さまや仏さまに縁(ゆかり)のある日という意味を表わす単語。それが時代の流れとともに神社仏閣で行われる祭りや屋台をまとめて縁日と呼ぶようになりました。東寺の「弘法市」が開かれるのは空海が亡くなった21日で、まさに縁(ゆかり)の日という語源どおりの縁日になっているんです。

境内のなかは屋台だらけ

境内のなかは屋台だらけ

写真:島塚 渓

地図を見る

「弘法市」の境内は観光都市の京都らしく国際色豊かな空間になっています。骨董や着物など日本の伝統的な商品を買うために、外国人のお客さんも多く訪れているのがこの「弘法市」。縁日には常時1000店以上の屋台が出店しており、アクセサリーなどの雑貨類から焼きそば・たこ焼きなどの食品類まで多種多様なお店が並んでいます。広い境内のなかに散らばっているお店を1つ1つ見ていくだけで、十分楽しめる大規模な縁日になっています。

骨董関連のお店は注目

骨董関連のお店は注目

写真:島塚 渓

地図を見る

いろいろな屋台が出店しているなかで、ひときわ目を引くのが骨董関連のお店。常時1000店以上の屋台があるなかで、百数十店ほどが骨董やアンティークを専門に扱っています。お店にはレトロでほっこりするものから家宝になりそうな高級品まで揃っていて、一口に骨董といってもその中身は多種多様。はじめのうちはあまり難しいことを考えずに、センスと勘で気に入った商品を買うのも面白いかもしれません。

また古いものばかりではなく、現代アートの作家さんたちの作品も多く出店されています。境内では皿やコップ、茶碗などを店頭に並べて、作家さん自らが手売りをされている光景をよく目にします。作品に込められた技術や思いを直接作家さんに聞けるところも「弘法市」の魅力。「弘法市」は私たちの生活を豊かにしてくれるような一品と出会える機会になるかもしれませんよ!

「終い弘法」にも足を運んでみて!

「弘法市」は毎月21日に開催される縁日。月に一度の「弘法市」を目的に京都を訪れる人もいるほどの盛大なイベントです。なかでも12月21日に行われる縁日は「終い弘法(しまいこうぼう)」と言って、1年でもっとも盛り上がる「弘法市」です。「終い弘法」のときはここがお寺の境内かと思うほど、東寺が屋台と人で埋め尽くされるほどの盛況っぷり。混雑を覚悟のうえで行けば、きっと賑やかな縁日の雰囲気を楽しめるはずですよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ