地獄の微笑み!?タイの純白寺院「ワット・ロンクン」の叫び

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

地獄の微笑み!?タイの純白寺院「ワット・ロンクン」の叫び

地獄の微笑み!?タイの純白寺院「ワット・ロンクン」の叫び

更新日:2016/09/14 10:40

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

不安と苦しみ。愛と死がもたらす感情をデフォルメされた独特のタッチで描いた絵画『叫び』。そんな画家ムンクの作品をイメージさせる衝撃的なタイの寺院が「ワットロンクン」。雪の結晶のような白亜の寺院で、断末魔の叫びのようなおぞましい彫刻群が観光客に大人気。地獄でのたうちまわる人々の苦しみ、うめき声が聞こえてきそうですが、どこかユーモラスで不思議な癒しが感じられます。魂をつんざく仏の叫びを見に行きませんか?

観光客に大人気!珍スポット「ワット・ロンクン」

観光客に大人気!珍スポット「ワット・ロンクン」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

写真が、タイ版の『ムンクの叫び』。目をむき、鼻から牛乳を噴き出したような凄まじい顔。恐怖と不安におののいた悲痛な表情に、胸がかきむしらされそうになります。

ここは、極めて謎に満ちた寺院「ワット・ロンクン」。タイ北部の山岳地帯にある街、チエンラーイにある寺院ですが、チェンマイ〜チエンラーイ間の観光バスツアーで定番スポット。仏教国のタイらしからぬ奇妙な珍スポットとあって、観光客にたいへん人気のある寺院となっているのです。

白亜のアート寺院「ワット・ロンクン」

白亜のアート寺院「ワット・ロンクン」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは、「ワット・ロンクン」を正面から眺めた写真です。まばゆく輝く白い寺院。まるで天国のような不思議な光景。タイの寺院といえば、きらびやかな黄金をイメージする方は多いと思いますが、「ワット・ロンクン」は、雪のような白さ。

実は、「ワット・ロンクン」は、現代的なアートを取り入れた新しい寺院。1997年から建てられている寺院で歴史が浅く、仏教画家でヴィジュアルアーティストのチャルムチャイ・コーシッピパットさんがデザイン。寺院の白さは、仏教の開祖ブッダの清浄さを表しています。

シュールレアリズムの結晶!圧倒的な芸術パワー

シュールレアリズムの結晶!圧倒的な芸術パワー

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらも、ちょっと不気味ですが、人間の内部に潜む欲望や醜さ、嫉妬、不安、苦痛を描き出すと同時に、きらきらと埋め込まれたガラスタイルが美しく神秘的な世界観を構築しています。

タイの伝統的な芸術・文化を取り入れつつ、“既成の枠組みに対する破壊(シュールレアリズム)”を秘めているのが「ワット・ロンクン」の魅力。因習にとらわれない仏教寺院は、見る者を圧倒させる強烈なパワーを秘めています。

ここは、タイ観光でぜひご覧いただきたいスポット。しかし、なぜ足の裏に顔なのか。ここまでくると、解説にも困るくらいカオスに満ち、もうわけがわからない。

生き地獄!?哀感漂わせる現代仏教美術

生き地獄!?哀感漂わせる現代仏教美術

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらも、不思議な彫刻。寺院の前では、巨大な木の根っこが炎のように地表を覆い、人間や動物の頭が植物に飲み込まれるかのように並べられています。口や目からも、木の根が突き出し、なんともおぞましく不気味な光景。まるで、“生き地獄”。

しかし、気味悪さだけでなく、どこかユーモラスで、人間の深い情感や哀感に訴えかけるものがあり、「ムンクの叫び」のように強く胸に響いてきます。

地獄を見た者でしかわからない美しさ

地獄を見た者でしかわからない美しさ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらの彫刻は、何とも言えない、優しいお顔。俗世間に埋没しながらも、執着心から離れ、魂を解脱しつつある安らぎがうかがわれます。なんとも不気味で、おぞましい彫刻群ですが、暴力的なものを感じないところが不思議。それは細かいガラスの装飾の一つひとつにまで気を配り、仏の心を宿した作品だからなのでしょう。

人間の弱さ、悲しみ、寂しさ。心にひそむ情感を、静謐なタッチで描き出しているムンクの絵に通じる世界観。“地獄を見た者でないとわからない美しさ”を描き出す、実に素晴らしい作品群です。

カオスに満ちた「ワット・ロンクン」に行きませんか?

海外では“ホワイト・テンプル”の名でも知られている「ワット・ロンクン」。ムンクの叫びのような彫刻のほかに、バットマン、スーパーマン、プレデター、マトリックス、さらにはウルトラマン、ドラえもん、セーラームーンなども描かれ、「いったい、なぜ?」「なぜに、こうなるのか?」と聞かれても正直、よくわからない。

「ワット・ロンクン」は現在も建築中で、塔や庵などを含めて9つの建物を建設する予定ですが、完成予定はまったく未定。前衛的で革新的な純白寺院は、東南アジアのどこにも見られないような強烈なインパクト。チェンマイにまで観光に来られたら一足伸ばし、タイの叫び「ワット・ロンクン」を訪れてみてはいかがでしょうか?

なお、「ワット・ロンクン」全体像については別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ