秋空にきらめくクリスタルガラスのススキ。箱根ガラスの森美術館を歩こう

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秋空にきらめくクリスタルガラスのススキ。箱根ガラスの森美術館を歩こう

秋空にきらめくクリスタルガラスのススキ。箱根ガラスの森美術館を歩こう

更新日:2018/09/13 16:53

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

秋の箱根の名所といえば、仙石原のススキ草原。でも、それに負けないほどのススキの名所があることをご存じですか?それが、箱根ガラスの森美術館。例年秋になると美術館の庭園にクリスタルガラスのススキが展示され、約25000粒のきらめきが秋空に輝きます。
風を受けて七色の光を放つ姿は、夢のような美しさ。秋の一日、そんなススキ鑑賞へ出かけてみませんか。カフェでは、この時期ならではの秋スイーツもありますよ!

仙石原の人気アートスポット、箱根ガラスの森美術館

仙石原の人気アートスポット、箱根ガラスの森美術館

写真:下川 尚子

地図を見る

箱根ガラスの森美術館は仙石原エリアに位置する、15世紀から19世紀にかけて栄えたヴェネチアン・グラスと20世紀以降の現代作家のガラス作品を展示した美術館です。

入場してすぐ目の前に広がるのは、大きな庭園と点在する洋館。水鳥が遊ぶ池にはガラスのオブジェが飾られ、その向こう側にはキラキラと光を放つクリスタルガラスの回廊。はるか遠くには、雄大な大涌谷の姿を望むことができます。

館内の展示の他、屋外の展示が充実しているのも箱根ガラスの森美術館の魅力です。まずは、秋の風物詩を探しに庭園を歩いてみましょう。

充実の屋外展示。秋のクリスタルガラスのススキは圧巻!

充実の屋外展示。秋のクリスタルガラスのススキは圧巻!

写真:下川 尚子

地図を見る

こちらが箱根ガラスの森美術館の秋の風物詩、クリスタルガラスのススキのオブジェ。約1.5メートルのススキの穂は、100粒のクリスタルガラスでできています。およそ250本のガラスのススキが庭園を彩る姿は圧巻!太陽光と風を受けて七色の光を放ち、ため息が出るほどの美しさです。

充実の屋外展示。秋のクリスタルガラスのススキは圧巻!

写真:下川 尚子

地図を見る

クリスタルガラスのススキは、例年8月下旬〜11月中旬までの展示。2018年は、8/25(土)〜11/25(日)までの期間となります。本物のススキとガラスのススキのコラボレーションも素敵です。ぜひ、晴れた日に訪れてくださいね。

また、庭園では季節ごとに展示がチェンジ。春の桜、初夏のあじさい、冬のクリスマスツリーなど、その季節ごとの風物詩がガラスで表現されており、情緒豊かで美しい作品となっています。四季折々の姿を求めて、繰り返し訪れたい美術館です。

ヴェネチアン・グラス美術館、現代ガラス美術館を歩こう

ヴェネチアン・グラス美術館、現代ガラス美術館を歩こう

写真:下川 尚子

地図を見る

もちろんメインの美術館もお忘れなく!こちらは「ヴェネチアン・グラス美術館」。貴族の館を模した美術館は壮麗な雰囲気で、その世界観に圧倒されます。かつてヨーロッパの貴族たちを魅了した、優美で華麗なガラスの世界を堪能しましょう。館内には約100点の作品が展示されています。

ヴェネチアン・グラス美術館、現代ガラス美術館を歩こう

写真:下川 尚子

地図を見る

そして「現代ガラス美術館」では、現代のヴェネチアン・グラス作品が見られます。ガラスの無限の可能性を感じさせる斬新な作品群は、まさに現代アート。ヴェネチアン・グラス美術館との対比もまた、箱根ガラスの森美術館の面白さです。

美術鑑賞の合間には「ラ・カンツォーネ」で秋スイーツを

美術鑑賞の合間には「ラ・カンツォーネ」で秋スイーツを

写真:下川 尚子

地図を見る

美術鑑賞の合間には、カフェで一休みしましょう。オープンテラスのカフェ・レストラン「ラ・カンツォーネ」では、イタリア人歌手による本場のカンツォーネを聞きながらお茶やランチを楽しめます。

ガラス作品がさりげなく展示された店内もおすすめですが、気候の良い時期はオープンエアのテラス席も特等席。テラス席からは、ガラスのススキが一望できます。

美術鑑賞の合間には「ラ・カンツォーネ」で秋スイーツを

提供元:箱根ガラスの森美術館

http://www.ciao3.com/top.htm

秋には、この時期限定のスイーツも!2018年は「箱根スイーツコレクション」参加メニューの「リコッタチーズとマロンのパフェ」。リコッタチーズの爽やかさが生かされた、大人っぽく秋らしいスイーツです。ぜひお試しください。9/1(土)〜11/11(日)までの提供です。

※「箱根スイーツコレクション」については、MEMO欄のリンクをご確認ください。

ガラスのツリーやススキ草原、箱根の紅葉も一緒に楽しめる

ガラスのツリーやススキ草原、箱根の紅葉も一緒に楽しめる

写真:下川 尚子

地図を見る

敷地内には、他にも見どころがいっぱい。紅葉やバラなど四季を感じられるスポット、ガラス製品がたくさん集まったミュージアムショップ、サンドブラストなどにチャレンジできる体験工房など、楽しみどころは数多くあります。

晩秋の11月頃からはガラスのツリーも展示されます。ガラスのススキとツリー、両方が見られる贅沢な期間は約3週間ほど。どちらも見たい!という方は、この時期を狙ってみるのもおすすめです。

ガラスのツリーやススキ草原、箱根の紅葉も一緒に楽しめる

写真:下川 尚子

箱根ガラスの森美術館でガラスの芸術を堪能したら、そのあとはぜひ仙石原のススキ草原や、紅葉スポットへも足を運んでみましょう。仙石原のススキ草原は箱根ガラスの森美術館より約1.5km、車で3〜4分ほどの距離。見頃は、10月初旬〜下旬までです。

紅葉スポットとしては箱根美術館や強羅公園などが有名。仙石原ススキ草原からすぐ近くの箱根湿生花園でも、草紅葉などが綺麗です。紅葉の見頃は10月中旬〜11月中旬まで。

気候の良い秋は、外を散策するにはぴったりの時期。ガラスの輝きに癒されたあとは、箱根の秋を満喫できるスポットへも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

箱根ガラスの森美術館の基本情報

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
電話:0460-86-3111
アクセス:
・小田原---バス(湖尻桃源台行)40分---俵石・箱根ガラスの森前
・新宿駅西口35番バス停---小田急高速直結バス・120分---箱根ガラスの森(施設内)
・東名御殿場I.Cから国道138号線で、箱根方面へ仙石原、国道138号沿い 車で約20分
開館時間:午前10時から午後5時30分 (入館は5時まで)
入館料:大人¥1,500 大高生¥1,100 小中生¥600

クリスタルガラスのススキ:8月25日(土)〜11月25日(日)
クリスタルガラスのツリー:11月1日(木)〜12月25日(火)

※2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -