野生のカンガルーも生息!メルボルン「ウェスターフォールズ公園」

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

野生のカンガルーも生息!メルボルン「ウェスターフォールズ公園」

野生のカンガルーも生息!メルボルン「ウェスターフォールズ公園」

更新日:2018/08/14 08:42

綿鍋 覚理のプロフィール写真 綿鍋 覚理 アマチュアフォトグラファー

オーストラリア、ビクトリア州のメルボルンといえば、多くの方は立派なビルと歴史的な建物が並ぶ、都会的な街並を思い浮かべるでしょう。しかし、電車やバスで少し足を伸ばせば、綺麗な海や緑豊かな山など、沢山の自然が残っています。

今回は、メルボルンの中心駅、フリンダースストリート駅から電車とバスでたった1時間で気軽に行け、野生のカンガルーが多数住んでいるウェスターフォールズ公園を紹介します。

住宅街の中であるにも関わらず緑豊かなウェスターフォールズ公園

住宅街の中であるにも関わらず緑豊かなウェスターフォールズ公園

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

ウェスターフォールズ公園は、シティから電車一本で行けるグリーンズバラ駅から、293、901、902のいずれかのバス一本で気軽に行ける場所にあります。電車やバスの本数も、日中でも1時間に3本程度はあり、フリンダースストリート駅からたったの1時間程度で行けるので、ビジネス出張の休日や、メルボルン都市観光、スポーツ観戦等で空いた時間が半日ほどあれば、気軽に行けるのがポイント。また、遊歩道が整備されているので、特別な服や靴を用意する必要もありません。

自動車でもメルボルン中心街から25キロメートル、およそ一時間程度で行けます。公園は幹線道路沿いで運転も容易ですし、公園用の無料駐車場もあります。

この公園は、メルボルン近郊の住宅街にありますが、非常に緑豊かです。そして、ごく普通のビクトリア州立公園なので、入場料等は一切かかりません。もちろん、事前申し込みも不要です。

中央にある小高い丘は四方が見渡せ、オーストラリアの広大な大地を感じることが可能です。丘の上には、かつてマナーハウスとして使われていた欧米型の邸宅があり、現在はお手洗いとしてのみ使われています。

なお、良スポットなのに有名な観光スポットではないので、騒々しい場所、混雑する場所が苦手な人でも気軽に行けますよ。

公園内にはなんとたくさんの野生のカンガルーが生息!

公園内にはなんとたくさんの野生のカンガルーが生息!

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

この公園の一番のポイントは、メルボルン中心街から近いにも関わらず、野生のカンガルーが多数生息しているところです。動物園のように特定の場所に居ることはありませんが、広々とした草原に群れで居ることが多いです。

カンガルーは基本的には臆病な動物で、攻撃こそ滅多にしてきませんが、人が不用意に近寄るとすぐに逃げてしまいます。それ故、観察する場合には双眼鏡や望遠レンズ等を用意することをオススメします。

野性なので、草原をぴょんぴょん走り出す姿を見ることができるかも…?

カンガルー以外にもオーストラリアのあまたの野鳥が観察できる

カンガルー以外にもオーストラリアのあまたの野鳥が観察できる

写真:綿鍋 覚理

地図を見る

この公園の見所はカンガルーだけではありません。

草原の他に、自然林や整備されていない小川等、沢山の自然が残っているので、ワライカワセミやモモイロインコのような、オーストラリア特有の綺麗な野鳥を沢山見ることができます。舗装された遊歩道をトレッキングしながら、気軽にバードウォッチングが楽しめる良スポットでもあります。

また、公園内には沢山のベンチもあるので、トレッキングに疲れたらそこに座って観察するのもまた良しです。ただ、公園内に売店はないので、飲み物や食べ物は事前に準備しておきましょう。

そして、道具を持ち込めば指定の場所でバーベキューもできるので、木々や野鳥などの自然を感じながら家族や友達とバーベキューするのも良いかもしれません。

気軽に行けるのに貴重な経験ができるウェスターフォールズ公園

今回、メルボルンから気軽に行けるウェスターフォールズ公園を紹介しました。オーストラリアの動物といえばカンガルーと云われる位、国を代表する動物ですが、動物園を除けば、流石に都市内で見ることはありません。

都市からほど近い場所で、気軽に野生のカンガルーに会いにいけるウェスターフォールズ公園。メルボルンに滞在する場合はオススメのスポットです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -