海外旅行初心者にもおすすめ!歴史と現代が融合したクロアチアの首都「ザグレブ」

| クロアチア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

海外旅行初心者にもおすすめ!歴史と現代が融合したクロアチアの首都「ザグレブ」

海外旅行初心者にもおすすめ!歴史と現代が融合したクロアチアの首都「ザグレブ」

更新日:2016/09/15 12:06

釜井 知典のプロフィール写真 釜井 知典

クロアチアの首都であり、同国最大の都市・ザグレブ。歴史的な建造物や観光地はもちろん、首都らしいショッピングモールやレストランなど、まさにクロアチアの魅力が凝縮された街といえます。市内の移動には、路面電車(トラム)を利用すると大変便利。観光からショッピングまで、さまざまな旅スタイルをザグレブで堪能しましょう!

中心地「イェラチッチ広場」周辺には見どころいっぱい

中心地「イェラチッチ広場」周辺には見どころいっぱい

写真:釜井 知典

地図を見る

ザグレブ観光は、中心地のイェラチッチ広場から始めるのがベスト。路面電車の乗り換えも多く、イベントが行われていることもあるほか、一角には観光案内所もあります。イェラチッチというのは、クロアチアの国民的英雄、ヨシップ・イェラチッチ伯爵のこと。軍人であり政治家であるイェラチッチ伯爵は、19世紀にハンガリーに従属していたクロアチアを率い、クロアチアの自治権を求めて戦いました。広場の真ん中にあるこの像は現在、多くの人の待ち合わせ場所になっています。

その北東にあるザグレブ大聖堂は、戦争や火災など何度も破壊された歴史を持つ建造物。現在は1880年の大火ののち、ネオゴシック様式に建て替えられました。中には色とりどりのステンドグラス、キリスト像、マリアの絵画など、見事な芸術品の数々が並んでいます。

そのほかにも、聖マルコ教会やマティヤ・グベッツの像、ロトルシュチャク塔など、ザグレブには見どころ満載。また、ザグレブは歩いたり路面電車(トラム)を使ったりしてたくさんの施設へ気軽にアクセスできる街なので、数日あれば大体の名所を回りきることが可能。海外旅行初心者にも、大変おすすめのスポットです。

「ザグレブの胃袋」、ドラツ市場で現地スタイルのショッピングを楽しもう!

「ザグレブの胃袋」、ドラツ市場で現地スタイルのショッピングを楽しもう!

写真:釜井 知典

地図を見る

ザグレブ大聖堂周辺にはお土産ショップもたくさんありますが、現地ならではの楽しみを知りたい!という人には「ドラツ市場」がおすすめ。ここでは、果物や野菜、チーズといった食品から、キッチン雑貨・テーブルクロスなどの日用品、木彫り製品などが手に入ります。色とりどりの野菜や果物が所せましと並べられた様子は、まさに圧巻。別名「ザグレブの胃袋」とも呼ばれ、ザグレブの中でも最も古い市場なのだとか!

まとめ買いすれば値切りに応じてくれることもあるので、思い切って交渉してみましょう!ただし、お昼を過ぎると撤退するお店もあるので、訪れるなら14時まで。ドライイチジクやオリーブオイル、民芸品などもお土産にぴったりです。

また、クロアチアはネクタイの発祥地としても有名。市場や近くのショップで男性へのお土産にネクタイを購入して帰るのもいいですよ。

ヨーロッパ一美しい墓地「ミロゴイ墓地」は隠れた名所

ヨーロッパ一美しい墓地「ミロゴイ墓地」は隠れた名所

写真:釜井 知典

地図を見る

ミロゴイ墓地はヨーロッパでもっとも美しい墓地と称えられるほど、芸術品のような装飾を施した墓石が並ぶ場所。ザグレブ中心地からバスで約20分の場所にあり、観光客も少ない隠れた見どころです。

観光に来たのに、なぜ墓地に?と思われるかもしれませんが、約2万8000uの広大な敷地内には、見事の彫刻の数々が建ち並び、思わず息をのむほど。美術館さながらムードと荘厳な雰囲気は、一見の価値ありです。また、キリスト教だけでなく、ユダヤ・イスラムなど宗派にとらわれないため、さまざまな形式の装飾を見ることができます。

ただし、秋は日本でいうお盆のようなシーズンなので、時期によっては墓参者で混み合うことも。紅葉がとてもきれいなためぜひ訪れたい時期ですが、事前に交通状態をチェックしておくことをおすすめします。

歴史散策からショッピングまで楽しめるザグレブの旅

観光名所がまとまっていて、バスや路面電車などが交通網整ったザグレブは、海外旅行初心者にも観光しやすい名所です。歴史散策したり、ショッピングを楽しんだりと、自分らしい旅をザグレブで楽しんでみましょう!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ