町全体がまるで美術館!現代フレスコ画の町イタリア「ドッツァ」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

町全体がまるで美術館!現代フレスコ画の町イタリア「ドッツァ」

町全体がまるで美術館!現代フレスコ画の町イタリア「ドッツァ」

更新日:2016/09/16 16:52

Shibayama Shihoのプロフィール写真 Shibayama Shiho イタリアブロガー

イタリアのエミリア=ロマーニャ州ボローニャ県にある中世の面影を残した小さな町ドッツァ。城壁に囲まれたこの小さな町は、町全体がまるで美術館のようなのです!道を歩いているだけで、国籍も様々なアーティストの作品の数々を目にすることができるのです。ただ“道を歩いている”だけで…。
今回はそんな芸術の町ドッツァをご紹介します。

建物の壁がキャンバス 美しい壁画に飾られた町

建物の壁がキャンバス 美しい壁画に飾られた町

写真:Shibayama Shiho

地図を見る

ボローニャ県の小さな町ドッツァはイタリアの多くの町がそうであるように、小高い丘の上にある、中世のたたずまいを残した歴史ある町です。高い城壁と城塞の残るこの中世の町で、他の町では見ることのできない風景を見ることができます。それは、門をくぐり、城壁の内側へ入るとすぐ目に飛び込んできます。なぜなら、城壁の中、旧市街の建物の壁に、多くのモダンな壁画が描かれているのです。それはまるで、建物の壁がキャンバスであるかのようです。

中世の道、中世の建物の中に現れる色鮮やかなモダンな壁画の数々。その不釣り合いのようにも思えるギャップが更にお互いを引き立てているようにも見えます。ただ道を歩いているだけなのに、まるで美術館の中にいるよう。ドッツァの町そのものが天井のない美術館のようです。

壁画が描かれている建物はもちろん民家として、お店として、オフィスとして使われています。芸術作品の中に、美術館のような美しい町の中に、ドッツァの人々の日常生活があるというのもまた、芸術と日常との境界線がなくなったような不思議な印象を受けます。それもこの町の魅力の一つです。

普通の美術館ではできない芸術鑑賞

普通の美術館ではできない芸術鑑賞

写真:Shibayama Shiho

地図を見る

“美術館のような町”とドッツァを例えましたが、もちろん、実際は美術館ではありません。描かれている絵も額に入って飾られている絵ではありません。しかし、だからこそ、普通の美術館ではできない芸術鑑賞ができる町なのです。

上の写真を見てください。ドッツァの町のある建物の2階に描かれた絵の写真です。絵の中の窓は建物の本当の窓だというのがお分かりいただけるでしょうか?また、窓の下に描かれている猫。猫のしっぽが絵の枠からはみ出して下に垂れています。こうした遊び心のある作品が見られるのもドッツァならでは。額に入った絵画では表現できないような作品を見ることができます。

これからも増え続ける壁画

これからも増え続ける壁画

写真:Shibayama Shiho

地図を見る

ドッツァの旧市街の建物の壁にはすでに多くの絵が描かれています。壁画が最初に描かれたのは1960年代のこと。それ以来、2年ごとに、イタリア国内はもちろん、多国籍のアーティストたちによってドッツァの旧市街の建物の壁は飾られます。よって、これからも2年ごとに壁画は増えていくのです。

一度訪れたとしても、数年後再びドッツァを訪れれば、前回は見なかった壁画を見ることができるのです。そんな再び訪れてみたくなるような町でもあります。

ドッツァの見どころは壁画だけではない

ドッツァの見どころは壁画だけではない

写真:Shibayama Shiho

地図を見る

ドッツァの見どころは旧市街の壁画だけではありません。この町のシンボルであるドッツァ城塞も必見です。この城塞の歴史は13世紀にまでさかのぼることができますが、驚きなのが1960年まで城塞の最後の持ち主であったマルヴェッツィ・カンペッジ家の子孫がそこに住んでいたことです。現在、城塞は博物館となっており、中を見学することができます。中世の貴族の城塞での暮らしを垣間見ることができるほか、城塞なだけあり眺めが良く、城塞の頂上からはドッツァの町を囲む葡萄畑の丘を眺めることができます(写真上)。
また、ワインでも有名なこの地域。城塞の地下にはエミリ=ロマーニャ州立のエノテカ(ワイン専門店)があり、エミリア=ロマーニャ州の主なワインを購入することも可能です。

ドッツァで少し違った芸術鑑賞を

中世の街並みと、モダンアートが共存する町ドッツァ。美術館や他の町ではできない芸術鑑賞をこの町はさせてくれます。イタリアの葡萄畑に囲まれた中世の町で、いつもと少し違った芸術鑑賞はいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ