赤毛のアンのケーキも!ヒルトン名古屋「魔法の図書館」で、おとぎ話とマロンに浸る秋

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

赤毛のアンのケーキも!ヒルトン名古屋「魔法の図書館」で、おとぎ話とマロンに浸る秋

赤毛のアンのケーキも!ヒルトン名古屋「魔法の図書館」で、おとぎ話とマロンに浸る秋

更新日:2016/09/25 19:31

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド・ジャパン愛好家

秋と言えば読書、秋と言えば食欲。そして秋の味覚と言えば、なんと言ってもマロンですよね。2016年秋、ヒルトン名古屋では「魔法の図書館」と題したデザートブッフェを開催しています。夢や空想に満ちたおとぎ話の世界を、マロンと秋のフルーツをふんだんに使って表現したケーキたちがずらり!ヒルトンなので味のレベルはもちろんのこと、見た目でも驚きと感動を与えてくれる魅惑的なブッフェです。

読書と食欲の秋にぴったり!「マジカル・スイーツ・ライブラリー」

読書と食欲の秋にぴったり!「マジカル・スイーツ・ライブラリー」

提供元:ヒルトン名古屋

http://www.hiltonnagoya.com/地図を見る

毎シーズン大人気の、ヒルトン名古屋のデザートブッフェ。2016年秋のテーマは「ヒルトン マジカル・スイーツ・ライブラリー〜魔法の図書館に眠る、マロンと秋のフルーツのデザートブッフェ〜」です。赤毛のアン、クマのプーさん、白雪姫という有名な物語をモチーフにしたかわいらしいケーキと、マロン尽くしのスイーツが迎えてくれます。この季節に食べたくなるチョコレートも、たっぷり使われていますよ。

食べる前に撮りまくり!かわいいケーキを Let’s シェア

食べる前に撮りまくり!かわいいケーキを Let’s シェア

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

ヒルトン名古屋のデザートブッフェは、フォトジェニックなディスプレイでも楽しませてくれます。今回は「魔法の図書館」ということで、本をあしらった演出が中心。手つかずのブッフェ台を撮影するためにも、開始時間より少し早めに到着するようにしましょう。

まず目を引くのは、赤毛のアンがモチーフの「レッドベルベットケーキ」でしょうか。横には、あのイチゴ水をイメージしたボトルが置かれています。そして白雪姫の「魔女のアップルパイ」には魔女の帽子のピック、クマのプーさんの「ハニーポットプディング」は器もかわいいですね。用意されているハチミツをたっぷりかけてもおいしいです。

「イチゴ水は飲めないの?」と残念に思った方にも朗報!10月以降は、ケーキにかけるためのイチゴ水に見立てたソースが登場するそうです。また、ブッフェが開催されている「ザ・ギャラリー」では濃いピンクのベルギービール「リーフマンス」が提供されています。チェリービールですが、甘いカクテルのような味わいでケーキにもよく合うので、イチゴ水のつもりで飲んでみるのもおすすめ。10月中旬ごろまでは在庫がある見込みとのことです。

賞味期限は約10分!?つくりたてのモンブランは2個は食べたい

賞味期限は約10分!?つくりたてのモンブランは2個は食べたい

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

おとぎ話のケーキも楽しくおいしいですが、必ず食べたいのがつくりたてのモンブラン。メレンゲとアイスクリームを重ねた台座に、自家製の和栗ペーストを絞り、仕上げにナッツと粉糖、さらに美しい曲線を描くソース!しかも、注文を受けてから目の前でつくっていただけるのです。

アイスクリーム+冷凍していない和栗ペーストという組み合わせは、テイクアウトのケーキ屋さんでは絶対に買えません。賞味期限10分くらいの贅沢なモンブラン、2個は食べたい逸品です。ブッフェ台は開始時間直後は行列になるので、まず最初にモンブランをゲットし、ゆっくり味わうのが賢い方法かも。ヒルトンのブッフェでは、後半になってもきちんとケーキが補充されるので焦る必要はありません。

栗、栗、栗!秋ブッフェにハズせないマロンスイーツの数々

栗、栗、栗!秋ブッフェにハズせないマロンスイーツの数々

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

栗好きにとって、秋のうちにどれだけのマロンスイーツを食べられるかは自分との勝負でもあります。「マジカル・スイーツ・ライブラリー」は、おとぎ話のケーキ以外はマロンのスイーツが中心なので、嬉しい悲鳴をあげてしまうほど!しかも、チョコレート系、パイ系、クリーム系、シュークリーム系、スポンジ系と、種類がまったくかぶっていないのも感動ものです。ちなみに「栗とカシスのモンブラン」(写真右下のシュークリーム)は、ヒルトン名古屋の看板商品でもあるので、しっかり味わってくださいね。

シンプルな焼き栗はヨーロッパの秋の味覚で、パリやウイーンでは街中に焼き栗の屋台が登場します。「のだめカンタービレ」のヨーロッパ編にも登場したので、憧れている人も多いかもしれません。クリームやバターの油分に少し疲れてきた胃にはちょうどよく、後半につい食べ進んでしまうおいしさです。

ホットチョコレートは、最高級ヴァローナのチョコレートで

ホットチョコレートは、最高級ヴァローナのチョコレートで

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

モンブラン同様、実演でつくっていただけるのがホットチョコレートです。使われているのは最高級のヴァローナのチョコレートで、ビター、ミルク、ホワイトの3種類から選べます。試食のチョコレートがおいしくて、これだけでもたくさん食べたくなってしまうので危険!

ベースとなるミルクは2種類が用意され、スペキュロス(シナモン・クローブ・カルダモン)とトンカ豆。トンカ豆は香り高い杏仁のような風味で、カカオとの相性の良さから著名なショコラティエがこぞって使っている注目のスパイスです。ホワイトチョコレートにもよく合いますが、初めてならまずはビターチョコレートでどうぞ。

さらに風味付けとしてメープルシロップ、ハチミツ、グランマニエ(オレンジのリキュール)も用意されているので、すべての組み合わせを試すとなんと18通りにもなります。

週末の夜をゆったりと。軽食付きのイブニングブッフェも狙い目

ヒルトン名古屋の「マジカル・スイーツ・ライブラリー」は、土日祝の15時〜17時(アフタヌーンブッフェ)と、金土の18時〜20時(イブニングブッフェ)。デザートなのでやはりアフタヌーンブッフェが人気ですが、イブニングブッフェではパスタや点心などの軽食も用意されますし、よりゆったりと贅沢に寛げるので狙い目です。イブニングに限り、+1,200円でスパークリングワインの飲み放題のサービスもありますよ。

「1年分の栗を食べた!」と思えるほどの満足感でありながら、しばらくするとまた行きたくなってしまうほど魅力的なデザートブッフェ。2016年11月27日(日)までの開催なので、お見逃しなく!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -