小豆島の紅葉名所「寒霞渓」はロープウェイアクセスで混雑知らず!

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小豆島の紅葉名所「寒霞渓」はロープウェイアクセスで混雑知らず!

小豆島の紅葉名所「寒霞渓」はロープウェイアクセスで混雑知らず!

更新日:2018/09/11 12:21

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

瀬戸内海に浮かぶ「小豆島」。南国ムード満点な島ながら、紅葉時期になると大混雑するのが、国立公園「寒霞渓(かんかけい)」です。日本三大渓谷美、日本三大奇勝、日本百景などに選ばれており、約200万年の歳月を経て創り出された渓谷と、赤や黄色の紅葉のコントラストはうっとりするほどの美しさ!
人ごみにまみれることなく、ゆっくりと紅葉を楽しめる、ロープウェイでの紅葉空中散歩をご紹介しましょう!

こううん駅(紅雲亭)からロープウェイが出発!

こううん駅(紅雲亭)からロープウェイが出発!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

小豆島屈伸の観光スポット「寒霞渓」へは、ロープウェイが便利。「こううん駅(紅雲亭)」から山頂駅はたった5分!

美しい渓谷と紅葉のコラボレーションが眼下に広がる5分間の空中散歩は、瞬きするのももったいないほどの美しさ。

ロープウェイで楽々アクセスといっても、駐車場からこううん駅(紅雲亭)までは急な階段を登らなければいけません。足腰に自信がない方は、山頂駅まで車で行き、山頂駅からロープウェイで往復することも可能です。

下記メモ欄にあるクーポンを印刷すると、10%OFFで乗車可能なので、プリントアウトもお忘れなく!

寒霞渓の深い渓谷と紅葉のコントラスト

寒霞渓の深い渓谷と紅葉のコントラスト

提供元:国立公園 寒霞渓

http://www.kankakei.co.jp/gallery.html地図を見る

ゴンドラに乗車後、ぐんぐんスピードをあげ、一気に山頂をめざします。すぐに見えてくるのは深い渓谷!

約200万年かけて創り出された自然の造形美ともいえる姿に圧倒されます。季節ごとに渓谷に彩りを添え、春は新緑、夏は深い青緑、そして、一番美しく彩られる季節は、なんといっても秋の紅葉!赤と黄色に色づいたカエデで、渓谷全体が燃えているような風景が見られます。

寒霞渓の深い渓谷と紅葉のコントラスト

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

渓谷と紅葉のコラボレーションはこの世のものとは思えない世界!

まさに、スリルと絶景と感動の5分間!空中から存分に味わってください。

ロープウェイ山頂駅からは瀬戸内海も一望に

ロープウェイ山頂駅からは瀬戸内海も一望に

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ロープウェイが頂上付近にさしかかると、美しい瀬戸内海が一望!
いよいよロープウェイのクライマックスです。

寒霞渓のロープウェイは日本で唯一、「空・海・渓谷」を一度に見ることができます。

瀬戸内海に浮かぶ島々、深い渓谷に彩る紅葉。瀬戸内海屈指の景勝地と呼ばれるだけの風景がここにあります。

かわら投げで幸運ゲット!

かわら投げで幸運ゲット!

提供元:国立公園 寒霞渓

http://www.kankakei.co.jp/facility.html地図を見る

山頂駅付近には展望台が2か所あり、売店やレストランが並ぶ先にあるのが第1展望所。眼下に広がる、渓谷と紅葉が一望でき、最高のビュースポットです!

第2展望所に行くと谷に向かって何かを投げている人たちがたくさんいます。なんと、かわら投げをやっているのです。

先に、8枚200円のかわらを購入します。谷にある茶色い円の中にかわらが入るように投げましょう。輪の中にかわらが入ると、交通安全、災難除け、魔除けに効果があるとのこと。

渓谷に向かって思いっきりかわらを投げると、ものすごいすっきり感!かわらが入らなくてもストレス発散効果あり?

宿泊は国民宿舎がオススメ

宿泊は国民宿舎がオススメ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

写真のような素晴らしい夕日が見られるのも小豆島の魅力。日帰り観光も可能な小豆島ですが、せっかくでしたら、1泊してみてはいかがでしょうか?

おススメは、国民宿舎小豆島。
瀬戸内海が一望できる高台に建ち、日本夕陽百選の地にも選ばれていることから美しい夕日を見ることができます。
温泉も併設されており、夕日を見ながら入ることも可能。美人の湯としても有名で、美肌にも効果がありますよ。
夕食は瀬戸内海でとれた海の幸を存分に食べることができます。

景色・温泉・食事とどれをとっても小豆島を感じられるお宿。
ぜひ、1泊してみてはいかがですか?

寒霞渓(かんかけい)の基本情報

住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168
電話番号:0879-82-2171(総合案内)
アクセス:
小豆島へは、岡山、兵庫、香川からフェリーでのアクセス。
各港から寒霞渓へは、観光バスやタクシー。
ロープウェイ料金:大人1760円 子ども(小学生)880円 いずれも往復料金
運行時間:8:00〜17:00(紅葉時期以外は8:30始発)
紅葉見頃:11月上旬〜下旬
標高差があるため山頂からふもとの順に、長い期間紅葉を楽しむことができます。

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -