秋田で食べたい日本海の幸!地元の人にも人気の海鮮丼4選

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秋田で食べたい日本海の幸!地元の人にも人気の海鮮丼4選

秋田で食べたい日本海の幸!地元の人にも人気の海鮮丼4選

更新日:2018/08/21 09:14

さとちんのプロフィール写真 さとちん 旅ブロガー、ご当地グルメライター、食べ歩きライター、海鮮丼マニア

1杯でたっぷりの海の幸が堪能できる海鮮丼。日本海に面する秋田県では、北は白神山地、南は鳥海山の栄養豊富な湧水が海に流れ込み、豊かな海の幸に恵まれています。また、県の真ん中にある男鹿半島では、日本海で獲れる海産物の大半が獲れると言われていて、県の北部から南部まで、どこでもおいしい海の幸が堪能できるのです。
今回は秋田の旬の魚介が丼狭しと乗っている、おいしい海鮮丼が食べられるお店を紹介します。

温泉で旅の疲れを癒したあとは、おいしい海鮮丼で腹ごしらえ

温泉で旅の疲れを癒したあとは、おいしい海鮮丼で腹ごしらえ

写真:さとちん

地図を見る

露天風呂から日本海が望める「八森いさりび温泉ハタハタ館」。天気が良ければ日本海に沈む夕陽を眺めながら温泉に入ることができます。五能線のあきた白神駅目の前と、車を運転しない人も利用しやすい施設です。

こちらの1階にあるのが「お食事処 レストランいさりび」。ハタハタの磯部揚げ、ハタハタのつみれが入ったしょっつるラーメン、ハタハタ御膳など、秋田の味が楽しめます。海鮮丼は八峰町の名産、白神あわびも入っていることも。小鉢には地場産のもずく酢もつきます。八峰の海の幸を堪能できて1550円は絶対お得!!

温泉で旅の疲れを癒したあとは、おいしい海鮮丼で腹ごしらえ

写真:さとちん

地図を見る

サッパリしたものが食べたい人には「ぶっかけ冷やしうどん」がおすすめです。とんぶり(箒の実)、オクラ、じゅんさい、長いも、トマト、玉子焼き、梅干、ギバサが乗った稲庭うどんと、元気がもらえそうな秋田の味覚がてんこ盛りで910円です。

温泉で旅の疲れを癒したあとは、おいしい海鮮丼で腹ごしらえ

写真:さとちん

地図を見る

「八森いさりび温泉ハタハタ館」の前にある「八峰町農林水産直売所ぶりこ」では、八峰町の野菜や海産物以外に、お惣菜やお弁当を購入することができます。白神あわびが入った炊き込みご飯やサザエのつぼ焼き、新鮮な岩牡蠣は午前中で売り切れてしまうことも多いので、早めに出かけるようにしてくださいね。

<八森いさりび温泉ハタハタ館の基本情報>
住所:秋田県山本郡八峰町八森御所の台51
電話番号: 0185-77-2770
アクセス:JR五能線 あきた白神駅から徒歩1分

男鹿海鮮市場併設の食堂で贅沢な海宝丼に舌鼓

男鹿海鮮市場併設の食堂で贅沢な海宝丼に舌鼓

写真:さとちん

地図を見る

男鹿駅から1kmほどの船川港にある男鹿海鮮市場。「釣りバカ日誌15」にも登場した「第十八清運丸」を有し、その船で一本釣りや、はえ縄漁で採った魚介を提供しています。1階は水産市場となっていて新鮮な魚介を買うことができ、片隅にはその場で食べることができるスペースもあります。落ち着いて食べたい人は、2階の食堂「お食事処 海鮮屋」でどうぞ。

男鹿海鮮市場併設の食堂で贅沢な海宝丼に舌鼓

写真:さとちん

地図を見る

オススメはひらめのお刺身が丸々一尾ついた「海鮮定食」。ただし1日10食限定なので開店と同時の入店を目指しましょう。海鮮丼は1,300円ですが、お財布に余裕がある人は、ちょっと奮発して2,980円の海宝丼にチャレンジしてみませんか?男鹿の採れたての雲丹にボタン海老まで乗っています。小鉢には男鹿名産の「とろとろわかめ」もつきます。

男鹿海鮮市場併設の食堂で贅沢な海宝丼に舌鼓

写真:さとちん

地図を見る

「お刺身定食B」は、いか、甘えび、ほたて、鰺、たこ、ヒラメ、鯛のお刺身付きで1900円。(お刺身は日によって違います)

ほとんどのメニューにざっぱ汁がつきます。ざっぱとは秋田弁で魚のアラや雑魚のこと。良い出汁が出ているんです!!これを飲むだけでも行ったかいがあるかも。

休日の食堂は長蛇の列となり、1時間ほど待つこともあるので、時間に余裕をもって出かけてくださいね。

<男鹿海鮮市場の基本情報>
住所:秋田県男鹿市船川港船川海岸通り二号9−10
電話番号:0185-22-0125
アクセス:JR男鹿なまはげライン 男鹿駅徒歩19分

海鮮丼を自分好みにカスタマイズ!

海鮮丼を自分好みにカスタマイズ!

写真:さとちん

地図を見る

国道7号線にある「羽州浜街道 にかほ陣屋」は、お土産から地元の野菜や鮮魚の直売所、レストラン、焼肉屋、ラーメン屋、さらにはカラオケまである便利な複合施設。車で4分ほど走ったところには、いつも混雑している人気の道の駅「象潟 ねむの丘」がありますが、こちらの方が空いていて便利と地元の人が勧めてくれる穴場スポットです。

「羽州浜街道 にかほ陣屋」の中のひとつ、「中央食堂」で海鮮丼がいただけます。

海鮮丼を自分好みにカスタマイズ!

写真:さとちん

地図を見る

「羽州浜街道 にかほ陣屋」内にある鮮魚店「廻船問屋 北前船」では、「中央食堂」のその日の海鮮丼のネタを購入することができるので、地元の人は家でゆっくり海鮮丼を食べることができます。

反対に「廻船問屋 北前船」で販売しているお刺身やお惣菜を、「中央食堂」で500円払うと、ご飯、お味噌汁、小鉢、漬物と一緒にいただくこともできます。お刺身を選んで自分好みの海鮮丼が作れますよ。

海鮮丼を自分好みにカスタマイズ!

写真:さとちん

「廻船問屋 北前船」の前にある自動販売機は、ドリンクを購入すると秋田のご当地ヒーロー・超神ネイガーが秋田弁で話しかけてくれます。秋田県内でも置いてある所は少ないので、是非利用してみてください。

秋田弁のセリフは30種類以上。何を言っているのか聞き返したくても、2回目は別の秋田弁に。秋田弁聞きたさに、ドリンクの買いすぎ注意です。

<羽州浜街道 にかほ陣屋の基本情報>
住所:秋田県にかほ市金浦字下谷地50番地2
電話番号:0184-38-3390
アクセス:JR羽越本線 象潟駅から車で約8分

超神ネイガーファンじゃなくても食べたい「ホジナシ丼」

超神ネイガーファンじゃなくても食べたい「ホジナシ丼」

写真:さとちん

地図を見る

秋田に住んでいる人なら誰でも知っているご当地ヒーロー・超神ネイガー。デパートの屋上で行われるヒーローショーでも、超神ネイガーは大人気です。秋田県にかほ市に住んでいるアキタ・ケンが超神ネイガーに変身して、悪の組織だじゃく組合から秋田を守っています。

だじゃく組合には多数のホジナシ怪人がいて、日々秋田をダメにするためにセコイ悪事を働いています。ちなみに「ホジナシ」とは秋田弁で「まぬけ」のこと。

そんなホジナシ怪人をイメージした海鮮丼が、にかほ市にある「潮乃家」でいただけます。写真左が880円のホジナシ丼、右が1000円の海鮮丼。海鮮丼は雲丹やイクラ、秋田名物のギバサまで入ってかなり豪華です。

それに比べてホジナシ丼は、海苔でホジナシ怪人の顔になっているだけで、ご飯の上には〆鯖が1枚乗っているだけ…

ではないのです。

超神ネイガーファンじゃなくても食べたい「ホジナシ丼」

写真:さとちん

なんとご飯の間には、サーモン、鮪、イカ、イクラ、雲丹…と海鮮丼に負けていない、たくさんの海鮮が入っているんです!これで880円はお得すぎます。全然、ホジナシ丼じゃないです。むしろ、しったげ(凄い)丼です!!

この驚きを秋田弁で言うと「あい〜、なんもほじなしでね。こんだばしったげ丼だ」となります。
(意味:まぁ、全然まぬけじゃない。これは凄い丼だわ)

是非、この感動を秋田で味わってください!

超神ネイガーファンじゃなくても食べたい「ホジナシ丼」

写真:さとちん

潮乃家は他のメニューもたまげます(驚きます)。
写真は、本日のおまかせ丼。これで全部ではないんです。これ以外にお刺身と果物がついてます。刺身、揚げ物、焼き物or煮物、小鉢、ご飯(白米or十穀米)、お汁、果物ものがついて、なんと1200円!!
この日は、子持鰈の揚げ物、焼鯖、じゃこと白菜と油揚げの煮もの、人参と絹さやの煮もの、お漬物、お刺身(かつお、たこ、イカ、甘えび)、もずくの酢の物、果物は桃と苺でした。こんな大盤振る舞いで良いのでしょうか?ほかにも気になるメニューが多く、全メニュー制覇したくなるお店です。

<潮乃家の基本情報>
住所:秋田県にかほ市平沢家ノ後1
電話番号:0184-35-3920
アクセス:JR羽越本線仁賀保駅徒歩7分

秋田の海の幸を一気に食べるなら海鮮丼

いかがですか?海鮮丼を食べに秋田に行きたくなりましたか?
紹介したお店は観光地からは少し距離がありますが、どこも地元の人ご用達の新鮮でおいしい海鮮丼が食べられるお店です。もちろん海鮮丼以外のメニューも豊富!
ただし、人気店のため混雑しているお店がほとんどなので、時間に余裕をもって、早めの時間に向かいましょう。

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/15−2016/08/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -