タモリ、安倍首相など有名人続々来店!新潟の商店街「人情横丁」で昭和気分を満喫

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タモリ、安倍首相など有名人続々来店!新潟の商店街「人情横丁」で昭和気分を満喫

タモリ、安倍首相など有名人続々来店!新潟の商店街「人情横丁」で昭和気分を満喫

更新日:2016/09/18 13:26

和田 明子のプロフィール写真 和田 明子 グラフィックデザイナー、ライター、エディター、かわいいもの探求家

新潟市中央区にある長屋型の商店街「人情横丁」は、生鮮食料品から、浜焼き、カフェ、雑貨など、さまざまな店が160メートルほどの小路沿いに建ち並んでいます。昭和26年の誕生以来、地域の人たちに愛されてきましたが最近ではマスコミにも度々登場し、テレビ界の重鎮から政界の大物まで、さまざまな人がここを訪れるようになりました。新潟市に来たならぜひ足を伸ばしてほしいスポットのひとつです。

店主は商店街のザ・ピーナッツ

店主は商店街のザ・ピーナッツ

写真:和田 明子

地図を見る

人情横丁の正式名称は本町中央市場商店街。生鮮食品を扱う市場として誕生し、新潟市民の台所として親しまれてきました。「人情横丁」という名前になったのは今からおよそ10年以上前のこと。いくつかの候補のなかから、商店街の皆さんで話し合い、満場一致で選ばれました。そこには「ここを訪れるお客様との関係を大切にして、人情をモットーに商売していきたい」という意味が込められています。

さて、早速横丁を歩いてみましょう。まず最初に目に入ってきたのは店先に所狭しと商品が並ぶ「ピーナッツの専門店 笠原豆店」です。ピーナッツ以外にも塩豆、カシューナッツ、花豆に柿ピー、さらにはちょっとした民芸品なども置いてあり、扱っている品目はなんと600種類以上!
「人情横丁のザ・ピーナッツ」を名乗る、熟年美人姉妹がステキな笑顔で迎えてくれます。

セットさながらの場所でおいしい時間を

セットさながらの場所でおいしい時間を

写真:和田 明子

地図を見る

「笠原豆店」から歩くこと数軒、「にいがた石山」は海産物の店。もともとは鮭がメイン商品で、ほかにも煮干しやカツオなど、出汁のもととなる乾物を主に扱っていました。常連のお客様からの「自分で食事を作るのはおっくうだけれど、化学調味料で作られたおかずは食べたくない」という声に応えて、5年ほど前からお惣菜も提供するようになりました。中でもいちばん人気は昆布巻き。塩分控えめで上品な味付けが好評で、有名女性誌の「お取り寄せ特集」にも掲載されたり、テレビ番組でも紹介されたりする人気商品なのです。

お店のすぐ近くには、まるで映画のセットさながらの休憩所があります。この場所は持ち込み自由なので、焼きたての魚や惣菜などを肴にちょっと一杯なんて人もいるそうです。置かれているレジスターや金庫、量りなどの備品はかつて本当に使われていたものばかりで、演出に一役買っています。有名歌手のPVにも登場したこの場所で、気分に浸ってみてはいかがでしょうか。

新潟市の街なかで浜焼き!?

新潟市の街なかで浜焼き!?

写真:和田 明子

地図を見る

人情横丁でおいしい魚を楽しめるお店をもう一軒、「浜焼き 阿部鮮魚店」です。ここは商店街の中心に鎮座する「白龍権現神社」のすぐ近くにあるお店で、近くを通ると浜焼きの香ばしい匂いに思わずフラフラッと吸い寄せられます。それにしてもまさか都会の真ん中で新鮮な浜焼きを食べられるなんて、うれしい驚きですね。

ここはあの『ブラタモリ』でタモリさんが銀ダラを食べたり、視察中の安倍首相が鮎の塩焼きに舌鼓を打ったところなのです。秋のおすすめは焼いてから生姜味噌をつけるという「ハタハタの味噌田楽」、またタモリさんが味わった銀ダラは脂がのっているのにくどくない絶妙な一品で、年間を通して楽しめます。

レトロな和カフェで味わうかき氷

レトロな和カフェで味わうかき氷

写真:和田 明子

地図を見る

これまで紹介してきたお店はいずれも老舗ばかりですが、「茶房 二兎屋」は2015年に出店したばかりの新しいお店です。かき氷が大好きという店主が始めた店で、抹茶ミルク、粒々いちご、みぞれあずきなど10種類を用意。かき氷というと夏限定のイメージですが、こちらでは1年中提供しています。

ほかにも、甘酒やあずき湯、ぜんざい、いそべ餅など、和のスイーツを楽しむことができます。レトロでムードある店内は店主自らが内装を手掛けており、そちらも魅力のひとつになっています。

堀の上の商店街

堀の上の商店街

写真:和田 明子

地図を見る

新潟市は港を中心に水運で栄えた街。そのためかつては市内の至るところに貨物運搬のための堀がありました。人情横丁がある場所も堀を埋め立てて作られました。往事をしのぶものとして、堀にかけられていた「浦安橋」の遺構があります。

堀の上の商店街という一風変わった場所についてのトリビアや、かつての様子が分かる写真など、ちょっとした資料の展示コーナーも商店街にあります。その場所の歴史や地理的な背景を知った上で街歩きを楽しみたい人には、人情横丁は魅力的な場所なのです。

古くて人情味あふれる商店街

人情横丁は新潟駅からバスで10数分ほどの場所にあります。専用駐車場はありませんが近隣には有料パーキングが複数あります。

今年で4回目を迎える「人情てんこ盛りまつり」は、2016年は10月8日から12月28日まで開催されます。初日にはオープニングイベントとして、一箱古本市や、ミュージシャン、お笑い芸人、ローカルアイドルなどを迎えての横丁フェスなどが行われます。また期間中は「スタンプラリー」や、人情横丁で働く人たちを講師として開く「横丁大学」など、まさにイベントてんこ盛りの3ヶ月となります。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ