食と花のフェス!奈良・馬見丘陵公園「シェフェスタ&フラワーフェスタ」

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

食と花のフェス!奈良・馬見丘陵公園「シェフェスタ&フラワーフェスタ」

食と花のフェス!奈良・馬見丘陵公園「シェフェスタ&フラワーフェスタ」

更新日:2016/09/23 20:40

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 絶景フォトグラファー、グルメレビュアー

奈良県産の食材を使用した料理を提供し、奈良の美味しいものを再発見してもらおうというコンセプトのフードイベント「シェフェスタ」は2016年で8年目を迎える奈良の人気イベント。馬見丘陵公園会場では「フラワーフェスタ」も同時開催されており、ダリアの花じゅうたんや音楽ステージ、ハロウィーン衣装体験など、花が好きな方やお子さん連れにピッタリ!美味しいグルメだけでなく、色とりどりに咲き誇る花々も楽しめます!

「シェフェスタ in 馬見 2016」と「フラワーフェスタ」について

「シェフェスタ in 馬見 2016」と「フラワーフェスタ」について

写真:高野 祥

地図を見る

奈良県産の食材を使用した料理を提供し、奈良の美味しいものを再発見してもらおうというコンセプトのフードイベント「シェフェスタ」は奈良公園や飛鳥村、馬見丘陵公園などで開催されていますが、どれも共通するのは緑豊かな公園でゆったり美味しいものを頂けるという点。馬見丘陵公園では、2016年10月8日(土)〜10月23日(日)の16日間に開催されます。2016年のテーマは "カジュアルにファミリーで奈良食を満喫!" 。

毎年、関西圏の一流シェフを中心に、本格的な料理を提供するシェフズキッチンや、焼きたて石窯ピッツァ、ワンコインの屋台などが出店されており、提供されるメニューはバリエーション豊富!屋台やマルシェは土日祝の週末のみですが、青空ピッツァ・パンとお菓子のマルシェなどは毎日開催。

また、馬見丘陵公園内では「馬見フラワーフェスタ」も同時開催されています。ダリアやコスモスなど、秋に見頃を迎える約25万株の花々が咲き乱れており、広大な園内を自由に散歩しながら色とりどりの花々を鑑賞できます。開催期間中の土日祝にはイベントも盛り沢山。ダリアを使用した染物体験やダリア花じゅうたん制作体験、お子様向けのハロウィーン衣装体験&撮影会や、大道芸パフォーマンス、吹奏楽・ジャズなどの音楽ステージイベントなどが様々な場所で行われ、賑わいを見せます。

会場となる馬見丘陵公園

会場となる馬見丘陵公園

写真:高野 祥

地図を見る

奈良県北葛城郡広陵町と河合町にまたがる馬見丘陵公園「馬見(うまみ)丘陵公園」は駐車場・入園料が無料の都市公園。東西約3km、南北約7kmという広大な敷地内に古墳や池、森があるので散策に適した場所です。レジャーシートを持ってきてお弁当食べたり、ぼーっと青空を眺めたり、虫取りしたり、森林浴をしたりと、のどかな雰囲気を楽しめます。広々とした芝生エリアもあり、小さなお子さんが走り回っても安心。

駐車場は北・中央・中央東・南の4ヶ所あり、イベント時は各エリアごとに臨時駐車場が開場します。特に土日は、イベント開催エリアに近い駐車場はすぐ満車になるので、早めに行かれることをオススメします。

「シェフェスタ」は青空ピッツァや有名シェフの限定メニューが人気!

「シェフェスタ」は青空ピッツァや有名シェフの限定メニューが人気!

写真:高野 祥

地図を見る

「シェフェスタ」の会場は、馬見丘陵公園の北エリア花見茶屋・芝生広場・中央エリア。公園内はかなり広いので、オフォシャルサイトやチラシを見て、食べたいお店がどのエリアに出店しているかをチェックしておくと効率よく回れるでしょう。

一番の目玉はシェフズキッチン。奈良県を始めとする関西や関東の人気シェフたちが奈良県産の食材「大和まな」やブランド豚「ヤマトポーク」「大和肉鶏」「結崎ネブカ」などを使用し、考案した限定メニューが日替わりや週替わりで提供されます。開催直前になると、詳細メニューやスケジュールがwebに掲載されるので要チェック!例年、パスタやカレーといった提供スピードの速いものが準備されているので、行列ができていても待ち時間は少なめです。また、開催期間中は毎日ピッツァが提供されており、こちらも毎年人気。石窯で焼きたてのピッツァを青空のもとでいただくと美味しさ倍増!

テーブル席も用意されていますが、小高い丘になった芝生エリアもあるので、レジャーシートを持参してピクニック風に食べるのも楽しいでしょう。また、B級グルメやジェラート、パン、スイーツ、加工品、フルーツなどを販売されているお店も複数あり、日によって入れ替わりながら出店されているので、開催期間中に何度か訪れても飽きずに楽しめます。

同時開催されている「馬見フラワーフェスタ」

同時開催されている「馬見フラワーフェスタ」

写真:高野 祥

地図を見る

美味しい料理を食べた後は、綺麗な花を見ながら散歩してみてはいかがでしょうか。北エリア〜中央エリアまで遊歩道が "花の道" となっており、色とりどりに咲き誇る花々を楽しめます。ダリア園やバラ園、背の高いセンベルセコイアの木の周りに広がるコスモスなどが見もの!

「シェフェスタ」の "シェフズキッチン" や "青空ピッツァ" が提供される「花見茶屋」付近には、サルビアやマリーゴールドなどの鮮やかでカラフルな花々がアーチ状に広がる "馬見花苑" があります。ここは丘陵地形となっているので、下から見上げると秋空に映える花々が楽しめ、丘の上から見下ろすと「シェフェスタ」に集まる人々と花がカラフルに合わさって、それもまた楽しい景色です。

また、この丘を登った先にある大型テントステージでは、和太鼓・ジャズ・ヴァイオリン演奏なども行われ、美しい景色に心地よい音色のアクセントが添えられます。

南エリアのカリヨンの丘・秋の花畑エリアでは一面にコスモスが広がり、秋らしい景色が楽しめるので、こちらまで足を運んでみるのも良いでしょう。園内はものすごく広いので、端から端まで歩いてるといい運動にもなるでしょう。

ダリアの花じゅうたん!

ダリアの花じゅうたん!

写真:高野 祥

地図を見る

奈良県はダリアの球根生産量が1位ということもあり、ダリア園では形も色も様々な約120品種1000株ものダリアを鑑賞することができます。

毎年展示されているフラワーアート「ダリア花じゅうたん」は、ダリアを3万輪使用して作り上げられた、色とりどりで華やかな作品。初日に行くと、この作品制作に参加することができます!そして展示されるのは3日間だけなので、2016年10月8〜10日に行かれる方は要チェック! 記念撮影するのに最適なスポットです。非常に長ーいじゅうたんとなっているので、全景を写すのは大変かも!よく見るとハートの形になってる部分もあったりするので、近づいて真上から撮影するのもオススメ!

まとめ

秋空のもとで美味しいグルメをいただきながら、綺麗な花々も楽しめるイベント「シェフェスタ in 馬見 2016」と「馬見フラワーフェスタ」。園内には様々な種類の植物があるので、お腹いっぱい食べた後は、ぜひ散策していろんな花々を見つけてみて下さい。

また、2016年10月29日(土)〜11月6日(日)の9日間は奈良公園でも「シェフェスタ」が開催されます。そちらの会場は東大寺や春日大社などが近く、奈良国立博物館「正倉院展」と同時期開催なので、秋の奈良観光も兼ねて行ってみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -