沼毎に異なる神秘の水色に紅葉が映える!裏磐梯「五色沼」で錦秋の散策を楽しもう

| 福島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

沼毎に異なる神秘の水色に紅葉が映える!裏磐梯「五色沼」で錦秋の散策を楽しもう

沼毎に異なる神秘の水色に紅葉が映える!裏磐梯「五色沼」で錦秋の散策を楽しもう

更新日:2016/10/12 17:20

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

裏磐梯の五色沼(福島県北塩原村)は、神秘的に変化する水の色が名前の由来です。五色沼という沼はなく湖沼群全体の総称。通年絶景ですが、青い湖水に紅葉の赤や黄色が映える秋は猛烈な美しさです!
紅葉時期には東側が渋滞するので、五色沼自然探勝路は西側から散策します。弁天沼で折り返して毘沙門沼には車で行けば、必見の沼を最小限の徒歩で制覇出来ます。裏磐梯を代表する紅葉名所の五色沼を、おすすめコースで紹介します!

柳沼に紅葉が映り絶景が2倍!五色沼自然探勝路は西側から散策

柳沼に紅葉が映り絶景が2倍!五色沼自然探勝路は西側から散策

写真:藤田 聡

地図を見る

五色沼は裏磐梯を代表する紅葉名所で、付近一帯の湖沼群が全長3.6qの五色沼自然探勝路で結ばれています。東側の毘沙門沼が有名ですが混雑も激しく、紅葉シーズンには渋滞も発生します。

よって、比較的穴場の西側から散策するのがおすすめ。西側入口にある柳沼は開放的で視界が開けており、紅葉の絶景を目の当たりに出来ます。風が止むと水面に紅葉が映り込み、圧倒的な美しさです!

神秘的な水色が美しい!青沼は五色沼のハイライト

神秘的な水色が美しい!青沼は五色沼のハイライト

写真:藤田 聡

地図を見る

次の青沼は五色沼で一番の絶景ポイントで、名前の通り神秘的な水の青色が非常に美しく、見とれていると吸い込まれそうな気がする程です。遊歩道から沼側に入った場所に鑑賞スペースがあり、奥まった場所は高台で眺望が良好。写真も、その場所で撮影したものです。

五色沼は弁天沼で折り返すのがおすすめ!

五色沼は弁天沼で折り返すのがおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

さらに瑠璃沼を経て、次に現れるのが写真の広大な弁天沼。遊歩道沿いに一段高くなった鑑賞スペースがあり、写真はそこで撮影したものです。バスで来た場合は別ですが、車で来て駐車場に戻る必要がある場合は、ここで折り返すのがおすすめ。五色沼で他に必見なのは毘沙門沼なので、駐車場に戻って車で行くことが出来ます。

同じ道を戻っても紅葉の美しさに感動!五色沼自然探勝路

同じ道を戻っても紅葉の美しさに感動!五色沼自然探勝路

写真:藤田 聡

地図を見る

弁天沼で折り返すと同じ道を戻りますが、散策路周囲の紅葉が美しく、飽きずに散歩を楽しめます。 同じ道を戻る安心感から気分的にも楽になり、紅葉を楽しむ余裕が生まれて往路よりも絶景に感じる程です。

自然探勝路は平坦な道ですが舗装されていないので、ハイキングに適した靴で行きましょう。西側は裏磐梯物産館が目印ですが、駐車場が狭く満車の場合もあります。斜め前には遊覧船発着場前の駐車場もあり、いずれも駐車料金は無料です。

五色沼で最大!毘沙門沼は裏磐梯を代表する紅葉名所

五色沼で最大!毘沙門沼は裏磐梯を代表する紅葉名所

写真:藤田 聡

地図を見る

五色沼最大の毘沙門沼は、裏磐梯を代表する紅葉名所です。土産物店も立ち並び、五色沼で唯一の貸しボート屋も営業しており、広大な無料駐車場も完備。人気も高く観光客が集中するので、紅葉シーズンの週末には付近が渋滞する場合もあります。

沼の北側にある遊歩道から南側の紅葉を眺めるので、晴天の昼間は常時逆光になります。肉眼では問題ありませんが、写真撮影目的の場合は早朝や夕方がおすすめ。夕方には紅葉が色鮮やかに夕陽で照らし出され、磐梯山のシルエットも浮かび上がり、幻想的な写真を撮影出来ます!

裏磐梯の紅葉見頃時期は例年10月中旬ですが、標高が一番低い五色沼周辺は色付きも遅く10月下旬から11月上旬まで。他の紅葉名所も同時に楽しめる10月下旬が一番のおすすめですが、強い北風で一気に散る場合もあるので、極力早めに訪れましょう!

五色沼だけじゃない!裏磐梯は紅葉名所の宝庫

五色沼の他にも、裏磐梯には紅葉名所が沢山あります。磐梯吾妻レークラインの途中にある「中津川渓谷」は、中津川橋から見下ろしただけでも絶景。午前中にレークラインをドライブして午後に五色沼を散策すれば、一日で両方見る事が出来ます。さらに、福島を代表する紅葉の名所、磐梯吾妻スカイラインの「天狗の庭」も断然おすすめです!

さらに五色沼自然探勝路西側入口の前には、裏磐梯レイクリゾートがあります。滞在中いつでも紅葉散策が楽しめるので、観光の拠点に最適なホテルです。これらの紅葉名所とホテルの詳細は、別記事で紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ