会津芦ノ牧温泉の高級旅館「大川荘」で日帰り入浴を楽しもう!

| 福島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

会津芦ノ牧温泉の高級旅館「大川荘」で日帰り入浴を楽しもう!

会津芦ノ牧温泉の高級旅館「大川荘」で日帰り入浴を楽しもう!

更新日:2016/11/04 09:36

しもちんのプロフィール写真 しもちん

有名温泉地にある豪華な旅館。
美味しい食事に素敵なお部屋、気持ちのいい温泉と三拍子揃っていて何度でも通いたい所ですよね。ただ、泊まるとなるとお値段もそれなりに…。
そんな素敵な旅館の温泉を日中だけ日帰り利用するのは、とってもお得。今回は会津・芦ノ牧温泉にある有名旅館「大川荘」の日帰り入浴をご紹介します。

壮大なロビー。

壮大なロビー。

写真:しもちん

地図を見る

滝も流れる風情あふれる大川荘のエントランスを入ると、まず目に入るのが圧巻のロビー!吹き抜けと階段が織り成す眺めはジブリ映画「千と千尋の神隠し」の湯屋を彷彿とさせます。中央の舞台では宿泊客のチェックインに合わせ三味線の演奏もされるなど雰囲気も抜群。
こちらの日帰り入浴は昼11時〜17時まで。料金も手拭いタオル付きで一人1500円(2016年9月現在)とお手頃価格。バスタオルも追加料金で借りることが出来るので、手ぶらで訪れても安心です。

棚田風の露天風呂。

棚田風の露天風呂。

提供元:大川荘

http://www.ookawaso.co.jp地図を見る

大川荘のお風呂は2ヶ所あるのですが、まず訪れたいのはロビー階にある大浴場。広〜い内風呂やピンクソルトが使われたサウナ、そして名物となっている「四季舞台たな田」と呼ばれる段々になった棚田風の露天風呂があるのです!
渓谷に沿って三段になった露天風呂は、どの層からも眺望抜群なのはもちろん、プライベート感もあり、の〜んびりと過ごせます。段差があるので、上から下へとお湯が流れていくと思いがちですが、段ごとに源泉が掛け流されているという凝った造り。そんな細やかな配慮もあるので、どの層でも気持ち良く入ることが出来るのです。

素敵な休憩スペース。

素敵な休憩スペース。

写真:しもちん

地図を見る

もう1つの浴場「空中露天風呂」はロビー階から渓谷を下った場所にあります。そこへ向かう通路は趣がある長〜い階段。途中にはご覧のような休憩場所もあり、癒しのスペースとなっています。
この場所以外にも高機能なマッサージ機があったり、畳敷きの休憩スペースもあったりと、日帰り入浴の方ものんびりと過ごすことが出来ますよ。

空中露天風呂。

空中露天風呂。

写真:しもちん

地図を見る

長〜い通路の先にお目見えするのが「空中露天風呂」です。こちらは利用開始時間が少し遅く13時から利用可能。環境のためシャンプーや石鹸は利用できないようになっているので、大浴場で体を洗ってから行くのが良いでしょう。
露天風呂からは渓谷の水と緑が一望できるのですが、実はこの場所、外から眺めると京都の清水の舞台のような作りになっているのです!渓谷に架かる橋から眺めると、木組みのゲタの上にある浴場はまさに空中露天風呂そのもの。温泉に浸かって、外から眺めてと、2倍楽しめる温泉になっています。

温泉の後はやっぱり、これ。

温泉の後はやっぱり、これ。

写真:しもちん

地図を見る

温泉の後はやっぱり、コーヒー牛乳!フロント前の売店で購入して、風呂上がりの格別な一杯をいただきましょう。
素敵な温泉で気持ち良くなって、このまま泊まってしまいたくなってしまうかも…。日帰り入浴で温泉を利用して、気に入ったら次回は家族一同を引き連れて宿泊する、なんていうのも上手な利用方法かも知れませんね。

最後に。

大型旅館の日帰り入浴のメリットは、リーズナブルな料金で入れるのはもちろん、何よりも空いていてゆっくり出来ること!特に平日はオススメですよ。大川荘の近くには「塔のへつり」や「大内宿」などの観光スポットも多いので、併せて訪れて有意義な時を過ごしましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ