ふなっしーも食べた!「大輦(だいれん)」は船橋B級グルメ“ソースラーメン”の人気店

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ふなっしーも食べた!「大輦(だいれん)」は船橋B級グルメ“ソースラーメン”の人気店

ふなっしーも食べた!「大輦(だいれん)」は船橋B級グルメ“ソースラーメン”の人気店

更新日:2016/09/30 14:29

大宮 つるのプロフィール写真 大宮 つる 開運ライター、占い師(星読み・タロット・手相)

旅の楽しみの一つである食。旅行に行った先で、その地ならではのものを食べたいと思ってしまいますよね。では、千葉県の中核都市であり、千葉市に次いで人口第2位の街“船橋”といったら、どんなオススメの食べ物が……?
そこで今回は、船橋B級グルメの“ソースラーメン”が食べられる中華料理店「大輦(だいれん)」をご紹介します。

船橋B級グルメといえば、ソースラーメン!

船橋B級グルメといえば、ソースラーメン!

写真:大宮 つる

地図を見る

東京駅から電車で30分弱で行ける、船橋。船橋といったらベッドタウンのイメージが強く、観光のイメージのある方は少ないかもしれません。ですが、船橋には「ふなばしアンデルセン公園」をはじめとして、「ららぽーとTOKYO-BAY」、「中山競馬場」、「サッポロビール千葉工場」、「二宮神社」、「船橋大神宮」などなど幅広いラインナップで魅力的な観光スポットがたくさん!
こういった観光スポットに訪れた後は、「食からも、船橋を満喫したい」という方もいらっしゃることでしょう。そんな方にオススメしたいのが、船橋B級グルメの“ソースラーメン”です。ソースラーメンとは、戦後から1970年頃あたりまで船橋で提供されていた、ご当地麺。見た目とその名のとおり、スープが“ソース味”、具材は“焼きそばっぽい”という変わり種のラーメンです。そのラーメンが、時を経て復活。ここ数年、再ブームを巻き起こしています!

ソースラーメンが食べられる人気店「中華料理 大輦(だいれん)」

ソースラーメンが食べられる人気店「中華料理 大輦(だいれん)」

写真:大宮 つる

地図を見る

船橋B級グルメの“ソースラーメン”が食べられるお店は、市内に数店舗。その中でとくに知られている人気店が、「中華料理 大輦(だいれん)」です。
カウンター席が5つ、テーブル席が2つと少ないため、お昼時は多少並ぶ覚悟で来訪されたほうがいいかもしれません。JR総武本線、東武野田線の「船橋駅」から徒歩6分、「京成船橋駅」から徒歩4分ほどの距離にあります。

「大輦」のソースラーメン、実食!

「大輦」のソースラーメン、実食!

写真:大宮 つる

地図を見る

具は、焼きそばの定番の具であるキャベツ、モヤシにひき肉を入れて炒めたものが太めの麺の上に乗っています。トッピングに、ネギ、しょうが、青のり。見た目からして、焼きそばを彷彿とさせますよね。その味も焼きそば風味、だけどラーメン……という面白さ。
ところで気になるのが、ソースラーメンの上にのっている揚げ物では? こちらは、トッピングで付けられるハムカツ(150円)です。意外な組み合わせと感じるかもしれませんが、これがまた合うんです。揚げたてをひと口、汁につかって衣がふやけた状態でもひと口……とお好みでお楽しみください。

ふなっしー行きつけ!? 芸能人も多数来店。

ふなっしー行きつけ!? 芸能人も多数来店。

写真:大宮 つる

地図を見る

店内の壁には、サイン色紙がたくさん貼られています。サイン色紙を眺めてみると、船橋の非公認ゆるキャラ“ふなっしー”が2013年、2016年と来店。ふなっしー以外にも、DAIGOさん、南海キャンディーズ、石塚英彦さん、もえのあずきさんなどなど、多くの芸能人が取材で訪れていることがわかります。頼んだものが出てくる前など、サイン色紙を眺めてみては?

“ソースつけめん”もあります

“ソースつけめん”もあります

写真:大宮 つる

地図を見る

ソースラーメンのほか、“ソースつけめん”もチャレンジしてみたい一品。とろみのついたつけ汁に、麺を絡めていただきます。つけ汁にはネギ、パクチーが乗っており、絶妙なアクセントに……。こちらにも、ハムカツをトッピングでつけることができますよ!

船橋B級グルメ“ソースラーメン”を食べに行こう

以上、船橋B級グルメのソースラーメンが食べられる「中華料理 大輦(だいれん)」をご紹介しました。船橋に訪れたら、必食の名物グルメです。ぜひともソースラーメンを味わってみてくださいね。
なお、お店の駐車場はありませんが、近くに有料の駐車場があります。車でお越しの場合はそちらに駐車されるとよいでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ