大人旅で立ち寄りたい!広島・宮島の絶景カフェ「牡蠣祝」

| 広島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

大人旅で立ち寄りたい!広島・宮島の絶景カフェ「牡蠣祝」

大人旅で立ち寄りたい!広島・宮島の絶景カフェ「牡蠣祝」

更新日:2017/09/28 10:31

麦吉 ぼにのプロフィール写真 麦吉 ぼに ライター、イラストレーター

世界遺産・宮島は、海の上に大鳥居が立ち、満潮時には美しい神殿まで海の上に浮かぶ「神の島」。ここではゆっくり時間を取って、奥深い島の魅力と千年の祈りが積もったパワーを、身体いっぱい味わって欲しいと思います。
宮島は、実はカフェ天国。一歩裏道へ入ると素敵なカフェがたくさん隠れています。中でも五重塔が見える高台の「牡蠣祝」は、ワイン&牡蠣も楽しめる絶景カフェ。大人旅の優雅な時間にぴったりです!

裏道に入ってみてください!ディープな宮島はかなり素敵

裏道に入ってみてください!ディープな宮島はかなり素敵

提供元:牡蠣祝

http://www.kakiwai.jp/

宮島には厳島神社と参道のお店しかないと思っていらっしゃる方もいるのですが、宮島は1700人近い人が住む町でもあります(2016.2月現在の人口)。土産屋さんや食事処でにぎわう参道から、ぜひ!一歩裏道へ入ってみてください。町屋が並ぶ古い街並みは趣きがあり、街歩きが好きな人にはたまらないレトロな風情があります。古民家の和カフェや雑貨を売る店も多く、あちこち覗くのも楽しみです。

そして迷路のように入り組む坂を少しだけ上った所にあるのが、一軒家をリノベーションした「牡蠣祝」。どうです、この景色!宮島の町一望です。

晴れた日には爽やかな海風を感じて、開放感満点のオープンテラス

晴れた日には爽やかな海風を感じて、開放感満点のオープンテラス

提供元:牡蠣祝

http://www.kakiwai.jp/

「牡蠣祝」は、海に向かって大きなテラスのあるカフェ。店内は窓が大きく解放感一杯です。天候の良い季節には大きな窓を開け放って、海風まで楽しめるオープンテラスになります。

テラスの向こうには「千畳閣」と「五重塔」が見え、さらにその向こうに牡蠣筏が並ぶ御前の海が広がります。「千畳閣」は豊臣秀吉によって造られ、建設中に秀吉が死んだために壁を張らないままになった大経堂。「牡蠣祝」のテラスから見る千畳閣と海……太閤秀吉も見られなかった景色が目の前にあります。

大人に嬉しい上質なスイーツと牡蠣、そしてワインが楽しめます

大人に嬉しい上質なスイーツと牡蠣、そしてワインが楽しめます

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

「牡蠣祝」は、厳島神社の参道にある牡蠣料理の名店「牡蠣屋」さんがやっているお店。同店の名物「牡蠣のオイル漬け」をワインやウイスキーと共に楽しむことを提案するコンセプトショップなので、ワインやシャンパーニュのリストが充実しています。ウイスキーもアイレイモルトなど、通好みのお酒を揃えているので、宮島フェリーが海を渡って来るのを見ながらまったりお酒を飲むという、大人旅ならではの時間が過ごせます。

もちろんスイーツも揃っています。おすすめは、写真のチーズケーキセット。お料理のように見えますが、濃厚なチーズに広島特産のレモンをキリッと利かせて甘さは控えめ。コーヒーにもワインにも合う大人味です。

本当の宮島を味わうなら「スケジュールはゆったり」が絶対おすすめ

本当の宮島を味わうなら「スケジュールはゆったり」が絶対おすすめ

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

絶景カフェ「牡蠣祝」をご紹介するのは、もっとたっぷり時間を取って、この島の魅力を見て欲しいから。

宮島は、潮の満ち引きの大きい神域です。満潮時は船で大鳥居をくぐることが出来て神殿の裏庭まで海に浮かびますが、干潮には鳥居の真下まで行けるほど大きく潮が引きます。この間が約6時間。大鳥居を見て厳島神社に参り、参道でお土産を買うという2〜3時間の滞在では、満潮と干潮で大きく変わる宮島のドラマチックな姿を見逃してしまいます。

時間をかけることで、この島の真価が見えてくる

時間をかけることで、この島の真価が見えてくる

写真:麦吉 ぼに

地図を見る

旅行で宮島へ行った人の話を聞くと、厳島神社全体が海に浮かぶ姿と大鳥居まで潮が引いた両方の景色を見たという人は、意外に少数。せっかく世界遺産・宮島へ来たのに、もったいない!

広島・宮島は欧米からの観光客が多いのですが、欧米の方は弥山へ登ったり、居心地の良いカフェでゆっくり潮が引くのを待ったり‥楽しみ方がとても上手です。

大人旅なら優雅に絶景カフェから神の島を味わいたい

世界遺産・宮島は、知れば知るほど奥深い魅力を秘めた場所。「厳島神社に参拝して参道でグルメとお土産」というコースも素敵ですが、もう一足!裏道の素敵なカフェを訪ねてみてください。

「牡蠣祝」のテラスから宮島の刻々と移り変わる景色を見ていると、この島が神の島と呼ばれる理由が、身体に沁みるように感じ取れます。


<基本情報>
住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町539
電話番号:非公開
アクセス:宮島「千畳閣」より徒歩2分


※2017年9月現在の情報となります。変更となる場合がありますので、公式サイトなどで最新情報を必ずご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ