すべての坂道は清水に通ず!?京都「清水寺の参道」を徹底攻略

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

すべての坂道は清水に通ず!?京都「清水寺の参道」を徹底攻略

すべての坂道は清水に通ず!?京都「清水寺の参道」を徹底攻略

更新日:2016/09/29 09:39

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター

京都観光の定番と言えば清水寺!下鴨神社や東寺と共に世界遺産に登録されている京都屈指の観光スポットです。そんな知名度抜群の清水寺は境内だけではなく、途中の参道にも隠された魅力がたっぷり。山の中腹に広がる清水寺まで続く坂道の両側には、目移りしそうなほど個性豊かなお店がずらりと並んでいます。今回はそんな清水寺の参道の魅力をご紹介。情緒豊かな坂道を登れば、きっとあなたもこの道の虜になってしまいますよ!

清水寺へのメインストリート「清水坂」

清水寺へのメインストリート「清水坂」

写真:島塚 渓

地図を見る

清水坂をまっすぐに登っていくと見えてくるのが、華麗な仁王門と三重塔。ここは清水寺の正面へと続く、観光のメインストリートになっている通りです。両側には多くのお土産屋さんが立ち並び、他の参道と比べてみても圧倒的に人通りが多いのが分かります。清水坂は道幅が比較的広いのにもかかわらず、世界各地から集まる観光客で大渋滞になることもしばしば。

京都情緒が感じられるこれらのお店の前では、思わず誰もが立ち止まりたくなってしまうもの。活気に溢れる現代的な雰囲気と昔から変わらぬ古都の趣を感じたいなら、この清水坂を通ることをおススメします!

京都らしい趣の「三年坂」

京都らしい趣の「三年坂」

写真:島塚 渓

地図を見る

清水寺に行かれたかたなら、三年坂や二年坂という地名を一度は聞いたことがあるはず。高台寺から清水寺に通じる通路には、そんなユニークな名前がついた坂道がいくつかあります。その代表格ともいえるのが三年坂。清水坂につながる約100mの石畳を三年坂(産寧坂)と呼び、京都の観光地のなかでも高い人気を誇っている場所です。情緒豊かなこの一帯は重要伝統的建造物群保存地区として指定され、私たちがイメージする“the京都”の趣をいまに残しています。

この三年坂(産寧坂)という少し変わった名前の由来には諸説あり、はっきりしたことは分かっていません。大同3年(808年)に完成したため三年坂と名づけられたという説や清水寺にある子安観音へ「お産が寧か(やすらか)でありますように」と願いながら通ったことで産寧坂になったという説などいろいろあります。なかには、ここで転ぶと三年以内に死ぬという縁起の悪い言い伝えまで残されています。寿命が縮まるという話はあくまで民間の伝承ですが、急な坂なのでくれぐれも十分に注意して登ってくださいね。

「一念坂」と「二年坂」も見逃せない

「一念坂」と「二年坂」も見逃せない

写真:島塚 渓

地図を見る

高台寺から清水寺へと通じる石畳の道が一念坂と二年坂です。このあたりは料亭やお土産屋さんが立ち並ぶ観光地として整備されています。なかでも二年坂(二寧坂)は大正時代から続く甘味処があり「甘党の素通り出来ぬ二寧坂」と言われるほど、スイーツ好きには外せないスポットになっています。

それに対して一念坂は比較的新しく整備された道で、通りの名前には「年」ではなく「念」の字が使われるのが一般的。また「坂」となっていますが正確には平坦な小路となっています。他の通りと比べてみても、慎ましやかでしっとりとした構えの店が印象的な場所です。

陶磁器の聖地「茶わん坂」

陶磁器の聖地「茶わん坂」

写真:島塚 渓

地図を見る

五条通りを清水寺に向かって歩き、東大路通りの先にある分かれ道を右へ折れると、茶わん坂と呼ばれる通りに出ます。ここは清水坂の裏通りにあたるような場所で、清水焼(京焼)の聖地としても知られています。

一般的に清水焼(京焼)の名で知られているこの焼き物は、カラフルな絵を施した色絵(いろえ)に代表される高級感のある作りが特徴。8世紀ごろに行基がここで陶製したことが起源だとされ、16〜17世紀には色絵の製作が始められたと言われています。現在でも陶芸家や陶器店が集まるスポットとして、閑静で上品な趣を感じられる坂道になっています。清水焼はお土産にも持ってこいなので、ぜひここで1つ買ってみてはどうでしょうか?

石塀小路も訪ねてみて

今回紹介した清水寺参道以外にも、周辺にはまだまだ美しい道がたくさんあります。その1つが石塀小路。高台寺の近くにあるこの通りには石畳が敷き詰められ、京都らしい風情を楽しむことができます。清水寺からも歩いてすぐの距離なので、ぜひいっしょに訪れてみてください。東山・祇園界隈は歩くことで、その楽しさを実感できる場所です。億劫がらずにいろいろな道を歩いてみることで、きっと素敵な場所に辿り着くはずですよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -