成田空港エリア唯一の天然温泉が魅力!「成田ビューホテル」で湯ったりな休日

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

成田空港エリア唯一の天然温泉が魅力!「成田ビューホテル」で湯ったりな休日

成田空港エリア唯一の天然温泉が魅力!「成田ビューホテル」で湯ったりな休日

更新日:2016/10/03 16:06

マダム いくらのプロフィール写真 マダム いくら シングルトラベラー、世界穴場ホテル愛好家、バリュートラベラー

成田空港周辺にはいくかのホテルがありますが、アメリカンタイプのモダンで機能的なホテルがほとんど。その中で唯一、天然温泉施設を併設しているのが「成田ビューホテル」です。
自然に囲まれた緑豊かな立地にあり、ホテルでありながら旅館を彷彿とさせるおもてなしを感じる、成田ビューホテルの魅力をご紹介いたします。

アクセスと外観

アクセスと外観

写真:マダム いくら

地図を見る

成田ビューホテルは、成田空港と成田駅のちょうど中間くらいに位置しています。成田空港第一ターミナル、第二ターミナル、成田駅いずれからでも無料の送迎バスがあるので安心(所要時間は約25〜30分ほど)。成田駅ルートのバスは、途中で広大なショッピングモール「イオンモール」を経由する便もあるので立ち寄ることも可能です。

バリエーション豊富な部屋

バリエーション豊富な部屋

写真:マダム いくら

地図を見る

部屋は複数のタイプがあり好みと予算によって選ぶことができます。シンプルなスタンダードタイプは予算重視の方に。デラックス、モデレート、リニューアルは新しくリノベーションされたスタイリッシュなお部屋。その他ファミリーやスイートもあります。

おすすめはガーデンウイングのスタンダートルームです。インテリアは和モダンに設えられていて、窓からは緑のガーデンが見渡せる位置にあります。温泉への導線もよく、旅館に泊まっている気分になれます。しかもリーズナブル!

写真:ガーデンウイングのスタンダードツイン

天然温泉「美ゆ」

天然温泉「美ゆ」

提供元:日本ビューホテル株式会社

http://www.viewhotels.co.jp地図を見る

成田ビューホテルの一番の魅力は、天然温泉があること。成田空港エリアではここだけの特権です。屋内風呂だけでなく露天風呂もあり、風を感じながら開放感のある温泉タイムを楽しめます。

茶褐色のお湯はナトリウム-塩化物強塩温泉で、保温効果が高く、疲労回復や神経痛などに効果がある他、美肌効果も期待できると言われています。旅の疲れを取るのにも最適。また広くてクリーンな休憩所やマッサージサービスルームも用意されていて入浴の前後もゆったりと過ごすことができます。

利用料は基本的に宿泊料とは別で、大人は一回1,500円(入湯税込み)ですが、2016年12月31日まではお試し期間で1,000円で利用可能(4歳〜小学生は750円)です。その他に、温泉入浴付きの宿泊プランや、温泉入浴付きのディナープランなどお得なプランもあるので利用しましょう。

最上階の展望バー「スターライト」

最上階の展望バー「スターライト」

写真:マダム いくら

地図を見る

ホテルの最上階11階にあるバー「スターライト」は、成田空港を一望できる眺望の良さが自慢です。ここでお酒を傾けて、これから始まる旅に思いをはせたり、または帰ってきた旅の余韻にひたるひと時を過ごすのはいかがでしょうか。

23時30分には、成田空港滑走路が一斉点灯するのを見ることができます。テレビドラマでも紹介された有名なシーンです。

こだわりの朝食ビュッフェ

こだわりの朝食ビュッフェ

写真:マダム いくら

地図を見る

一日の始まりを盛り上げるのが朝食です。朝食付きの宿泊プランの場合は一階にあるレストラン「パティオ」で朝食ビュッフェが利用できます。洋食から和食までバラエティ豊かなメニューは、随所にこだわりが隠れています。その場で網焼きできる焼き魚や、温野菜をその場で作れるコーナー、作り立てのお豆腐、テイクアウトできるコーヒーサービスなど、大満足で出発できるでしょう。

宿泊だけでなく食事にも

「成田ビューホテル」は成田空港近くにあるので、旅の前後に宿泊するのに最適なホテル。それだけではなく、広いガーデンでのBBQ&温泉プランやビュッフェプランなど、様々な食事プランも企画されているので、ランチやディナーの食事だけの利用もおすすめです。

駅から離れているからこそ味わえる静かな自然環境の中で、ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/18−2016/09/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -