タイ気分倍増!バンコク巨大スーパーで買えるおすすめ食品5選

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タイ気分倍増!バンコク巨大スーパーで買えるおすすめ食品5選

タイ気分倍増!バンコク巨大スーパーで買えるおすすめ食品5選

更新日:2016/10/03 10:09

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

タイ人が連日押し寄せる巨大スーパーマーケット「ビッグC」。タイ国内で大規模展開されていますが、旅行者におすすめなのが「ラチャダムリ店」。BTSチットロム駅から徒歩5分と近く、周辺にセントラルワールドやアマリンプラザなどのショッピングセンターもあり、他の買物と一緒に立ち寄れます。地元から愛されているだけあり、価格も安め。豊富な品揃えから特にタイらしさが感じられる、おすすめの食品をご紹介します。

迫りくるラーメンの波

迫りくるラーメンの波

写真:浅井 みらの

地図を見る

両側の棚に積み重ねられたカラフルなパッケージ。驚くことに全てが「インスタントラーメン」の棚なんですよ。今にも襲ってきそうな陳列風景ですが、ひっきりなしに地元民や観光客の方が10袋入りの大袋をカートにいれ、在庫がなくなってきます。

タイ料理は麺料理が多く、その影響もありインスタントラーメンの種類も豊富。特に辛いものが大好きなタイ人に人気なのが、辛くて酸味の効いた“トムヤム味“。複数のメーカーで販売されてますので、食べ比べする方も。こちらの食品は、1袋あたり20円未満なので、ばら撒き用のお土産にも大変重宝します。

意外にもパンもおすすめ!?

意外にもパンもおすすめ!?

写真:浅井 みらの

地図を見る

ラチャダムリ店では、食品売り場のすぐ隣にベーカリーがあります。その場でパンが焼き上がりますので、終日香ばしい香りが漂い、思わず足が向いてしまうことも。タイなのになぜパン?と思いますよね。実はバンコク市内はベーカリーが多く、タイでしか食べられない種類のパンも多くあるのです。その上、写真のようにポップカラーでコーティングされたパンもあり、見ているだけで気分もウキウキしてきますよ。2つめは「パン」です。

甘いもの大好きなタイ人に合わせているので、甘いパンは見た目以上にスイート!日本人にとっては甘すぎることもありますが、ぜひタイの甘さを体験してみましょう。惣菜パンとしてカレーパンが人気ですが、日本のカレーとは異なり、タイのグリーンカレー風味なのもここならではの味です。

ドライフルーツの種類の多さにわくわく

ドライフルーツの種類の多さにわくわく

写真:浅井 みらの

地図を見る

フルーツがお好きな方にとって嬉しいのが、タイは南国フルーツが盛りだくさんなとこ!3つめは、その豊富な南国フルーツをお土産として持ち帰られる「ドライフルーツ」です。種類も王道のマンゴーはもちろんのこと、パイナップルやパパイヤ、ココナッツにドリアンなどあります。

多くの観光客の方もビッグCに訪れるため、お土産としてドライフルーツコーナーはとても充実しています。その上、従業員がサンプルを配ってくれますよ。この機会に自分好みの味を見つけてみるのはいかがでしょうか。

ドリアンにも挑戦!?

ドリアンにも挑戦!?

写真:浅井 みらの

地図を見る

“フルーツの王様”もしくはその独特な香りから“悪魔のフルーツ”とよばれる「ドリアン」も、タイでは新鮮なうちに食べられる貴重な食品です。ビッグCでは、ドリアンまるまる1個と食べやすいように切り分けたもの2種類が販売されています。

香りが独特で敬遠されがちですが、味はまろやかでとろっとした食感です。一度食べてクセになる方もいるほど。せっかくなので挑戦してみる価値はありですよ。ただしお酒との組み合わせは良くないと信じられていますので、ご注意くださいね。

珍しいタマリンドもおすすめ

珍しいタマリンドもおすすめ

写真:浅井 みらの

地図を見る

「タマリンド」という食べ物をご存知でしょうか。外見はそら豆のようで、サヤに入っている果肉を食べる、タイでポピュラーな食べ物です。果肉の味は酸味と甘味のバランスが絶妙で、そのまま食べるだけでなく、ジャムやジュース、調味料としても使われています。

そのままの状態だと食感は柿に近いです。他にも写真のように砂糖漬けされたものも人気。砂糖と梅で漬けたタマリンドもあり、こちらもおすすめ。梅とタマリンド両方の酸味がマッチして、他の種類に比べてさっぱりめです。

まとめ

地元スーパーに訪れると、その土地の食文化がより一層詳しく見えてきます。しかも、日本では売られてない食品を見つけたら、それは試してみる価値ありですよ。お口に合う、合わないも楽しい旅行の思い出の一部。今回ご紹介したもの以外にも、もの珍しい食品はまだまだたくさんありますよ。旅行客も訪ねやすい「ビッグC」で、ぜひタイらしさを体感してみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ