オールシーズン楽しめるニセコ「カサラ ニセコビレッジ タウンハウス」でラグジュアリーステイ

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オールシーズン楽しめるニセコ「カサラ ニセコビレッジ タウンハウス」でラグジュアリーステイ

オールシーズン楽しめるニセコ「カサラ ニセコビレッジ タウンハウス」でラグジュアリーステイ

更新日:2016/09/27 17:06

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

夏の観光地として人気の北海道ですが、冬のウインタースポーツで賑わうエリアもあります。ニセコは代表格で、日本人はもちろん欧米からのゲストにも人気です。最近では、その涼しさもあり夏〜通年のリゾートとしての実力も高くなっています。オールシーズンのリゾートもテーマの「カサラ ニセコビレッジ タウンハウス」のクオリティはお墨付き。邸宅に招かれたような錯覚にも陥りそうな、ラグジュアリーなスペースを紹介します。

地方のリゾートホテルが活況!

地方のリゾートホテルが活況!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

飛行機といえば一昔前は高嶺の花でしたが、昨今はLCC(格安航空会社)のようなリーズナブルな移動手段が定着しつつあります。特に首都圏からの旅先としては現実味がなかった、北海道や九州といった遠隔地も身近になりました。旅慣れない旅行者にとっても格安簡便な移動手段は嬉しい限りです。

訪日外国人客の増加といった影響もあり、地方への旅行者が増加したことでホテルも賑やかになっています。ビジネスホテルのような宿泊主体型のローコストホテルはもちろん、リゾートホテルも注目を集めています。昨今、こうしたリゾートホテルの拡充が密かに進んでおり、リピーターも多く獲得しています。

注目のニセコエリア

注目のニセコエリア

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

北海道といえば、夏期は涼しいリゾートとして人気ですが、冬期の魅力といえばウインタースポーツを楽しむリゾートでしょう。例えばニセコ。ウィンターリゾートとしての実力は折り紙付き。欧米からのゲストを中心に人気のエリアです。

一方これまで夏期のニセコは、北海道の涼しい観光地のひとつとして認知されてきましたが、“夏のリゾート”としては認知されておりませんでした。とはいえ、リゾートしての施設や設備は一級。これを夏に生かさない手はないと、夏期の営業にも力を注ぐようになりました。

冬の活況はもちろんですが、通年で利用価値の高い滞在型のホテルが注目されており、通年のラグジュアリーリゾートとしてニセコの存在感は高まっています。

カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウスの驚くべきクオリティ

カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウスの驚くべきクオリティ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ニセコで最も注目されているのが「ニセコビレッジ」。羊蹄山を望む広大なリゾートですが、雄大な自然を満喫できるアクティビティやゴルフはもちろん、充実のホテルステイ、ショッピングやグルメも満喫できるエリアです。

ニセコビレッジには、「ヒルトンニセコビレッジ」「ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ」といったホテルが人気を集めていますが、注目は8戸のタウンハウスで構成される「カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス」です。

冬期に真価を発揮しそうな“ビルトインガレージ”を備える外観は圧巻。カウンター付きの本格的なキッチンから3つのベッドルーム、何と和室まで備えるラグジュアリー感満点の空間。長期滞在で奥深い魅力を感じることができそうなタウンハウスです。

まるで邸宅に招かれたようで気分が高揚してきます。家族、友人・知人といったグループに最適な施設といえます。

タウンハウスとはいえ、ホテルとしての実力も折り紙付き。自然に溶け込むラグジュアリー感をもって、徹底したサービス体制が真価を発揮しており、ホスピタリティマインドを享受できる充実の“ホテルステイ”が楽しめることでしょう。

天然温泉も楽しめる

天然温泉も楽しめる

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

タウンハウスには高級感溢れるバスルーム(写真)はありますが、隣接するザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジには、源泉かけ流しの天然温泉やスパなども完備した「ザ・グリーンリーフスパ」があり無料で楽しめます。

また、ザ・グリーンリーフには、宿泊者専用の温水プール「グリーンリーフ温水プール」があり通年で楽しめます。清々しい緑に囲まれた夏、白一色の雪に包まれる冬と野趣溢れるたたずまいが魅力。水源はグリーンリーフの温泉水を使用しているので、疲労回復や美肌効果も期待できます。

ヒルトンニセコビレッジにも、源泉かけ流し、露天風呂もあるスパを備えますので利用してみてはいかがでしょうか。

エリアを楽しむステイを

エリアを楽しむステイを

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

周辺施設の活用でホテルステイの価値を高めているのもニセコビレッジの魅力です。その点で、新たに誕生した「ショッピング&ダイニングエリア」は魅力溢れるスポット。欧米のリゾート感あるニセコビレッジで、伝統的な日本の町屋建築のコンセプトで作られた施設に驚きます。

夏期はもちろん、スノーリゾートという点にも主眼が置かれた「モダンと伝統美が織りなす日本文化の落ち着いたライフスタイル」を再現したというスポット。ショッピングやグルメを楽しむ。ニセコビレッジの魅力を倍増させた新スポットといえます。楽しいひと時はきっと忘れられない旅の思い出になることでしょう。

おわりに

その名は聞いたことがあっても、なかなか出向くことが叶わないスポットは多くあります。実際飛行機で出向いてみると、意外に近い北海道。とても身近になったリゾートです。空港からの直行バスも便利なニセコビレッジは、ますます注目されるスポットといえるでしょう。「カサラ ニセコビレッジ タウンハウス」でラグジュアリーな楽しいステイはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/12−2016/07/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -