深山幽谷に浸る!霊峰白山の麓・石川「中宮温泉」は入って飲んでヘルシー

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

深山幽谷に浸る!霊峰白山の麓・石川「中宮温泉」は入って飲んでヘルシー

深山幽谷に浸る!霊峰白山の麓・石川「中宮温泉」は入って飲んでヘルシー

更新日:2016/10/05 20:25

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進施設代表

富士山、立山と並ぶ日本三名山「白山」。秋には白山国立公園全体が紅葉シーズンを迎え、週末は多くの登山者で賑わいます。しかしそれは一般的な登山道のある南部のはなし。日常を忘れ、静かに霊峰白山の麓で深山幽谷に浸りたいなら北部の秘湯「中宮温泉」がオススメです。白山付近で唯一の「飲める温泉」であることから、古くは湯治客で賑わったこの秘湯を、付近の自然と一緒に紹介いたします。

中宮温泉の紅葉は10月中旬〜11月

中宮温泉の紅葉は10月中旬〜11月

提供元:くろゆり荘

http://kuroyurisou.jp/地図を見る

中宮温泉は、金沢市内から車で約2時間の白山の北部にある秘湯(営業している温泉はわずか3軒)であると同時に、霊峰白山への登山道のひとつ「中宮道」の入り口でもあります。

言い換えますと、白山の麓の温泉街というよりも「白山の一部」であり、大自然に抱かれた立地。その山肌の紅葉は見事であり、金沢市内からだけでなく、反対方面の岐阜側(白川郷)からも有料道路である白山白川郷ホワイトロードを通って、例年10月中旬から多くの観光客が紅葉を目当てに訪れるスポットとなっております。

通過してはもったいない!まずは入浴を!

通過してはもったいない!まずは入浴を!

写真:Yuma A.

地図を見る

さて紅葉を見るだけではもったいないのがこの中宮温泉です。なぜならこの中宮温泉は「入って良し、飲んで良し」の湯治場だからです。

入れば神経痛や筋肉痛、疲労回復に飲めば胃腸病・慢性消化器病などに良いといわれ、内と外から健康になることのできる稀有な温泉です。飲用にと自前のタンクで汲んで持って帰る人もいるほど、実は湯治ファンには知られた温泉郷なのです。

色は普通の水より少し白く、飲んだ際の味はしょっぱい感じですので、飲用だけでなく調理に相性が良さそうです(写真右の水が温泉水です)。

登山と合わせて利用するなら下山時に。

登山と合わせて利用するなら下山時に。

写真:Yuma A.

地図を見る

中宮道を使用して白山の頂上である御前峰(2,702m)を目指すと、コースタイム13時間以上というロングトレイルのため、ここから登ろうという登山者は極めて少ないのが現状です。

一方で、下山道として使用した場合は前泊地の室堂から約12時間(室堂⇒中宮温泉)ですので、健脚の方なら早朝出立すれば夕方には中宮温泉に到着できることになります。
もし白山登山の際に訪れたいなら、中宮道を下山道として使用するのがベターですね。

中宮道の上部は9月下旬から色づき始めますので、白山頂上付近の紅葉が全盛となる10月頃にあわせてアクセスするのが良いでしょう。

くろゆり荘は2016年8月にリニューアルオープン

くろゆり荘は2016年8月にリニューアルオープン

写真:Yuma A.

地図を見る

中宮温泉には3軒の温泉宿がありますが、宿泊以外でも使い勝手の良いのが2016年8月にリニューアルオープンしたばかりの「くろゆり荘」です。

日帰り入浴やランチもやっているので、昼間に紅葉を楽しんだらぜひ訪れたい宿。ただしこの宿の神髄を味わいたいなら、やはり宿泊するのが良いでしょう。というのもリニューアルオープン後のくろゆり荘は湯治だけでなく「100%天然由来の薬膳料理」で有名であり、夕食では山の幸のフルコースを味わうことが出来るのです。

写真は夕食のいわゆるアンティパスト。山で採れたわらびや温泉水で仕込んだ卯の花、米麹でつくったソースのかかった岩魚のカルパッチョなど、ここでしか食べることのできない料理が並びます。

この後にも天然まいたけの炒め物、近くで仕留められたジビエ(イノシシ)のスープ、岩魚の塩焼き、手作りポン酢&塩こうじで食べる蒸し物、鬼ぐるみなどオーガニックフードのオンパレードです。もちろんご飯は温泉水で炊き込んであります。極めて贅沢なひと時ですね。クロモジなど白山の植物から抽出した薬草茶も新鮮です。

湯治場であることも忘れずに!

湯治場であることも忘れずに!

写真:Yuma A.

地図を見る

古くから湯治場として知られた中宮温泉では現在、くろゆり荘だけが「湯治」すなわち食料持ち込みの素泊まりに対応しています。景色の良い自炊室には立派なキッチンが備えつけられていますので、最近「胃腸の調子が悪いな〜」という方はこの深山幽谷の中宮温泉で湯治をされてはいかがでしょうか。くろゆり荘には薬膳指導員が駐在しているので、相談してみてもOKですね。

アクセスの注意点!

中宮温泉は基本的に車またはバイクでのアクセスになります。

公共交通機関を利用される場合は平日のみですが、コミュニティバス(デマンドバスですので予約が必要!)が瀬女バス停から出発していますので、金沢市内から瀬女までバスで向かいましょう。

なお中宮道を歩いていく場合は明瞭で道迷いはないと思いますが、一部道幅が狭い箇所がありますので、重い荷物を背負って行かれる場合はあせらず、途中にある無人の避難小屋(2か所ありますが水場のあるゴマ平避難小屋がオススメです)に一泊しましょう。

では気を付けていってらっしゃいませ〜

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/26−2016/10/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ