絶景風呂&美食にリピーター続出!「蓼科グランドホテル滝の湯」

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景風呂&美食にリピーター続出!「蓼科グランドホテル滝の湯」

絶景風呂&美食にリピーター続出!「蓼科グランドホテル滝の湯」

更新日:2016/10/13 09:41

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆マニア

蓼科グランドホテル「滝の湯」は、標高約1000mの高原にある老舗の温泉ホテル。武田信玄の隠し湯として名高い名湯など2つの源泉を所有し、9種の湯巡りが実現可能。2016年9月に「棚湯」がオープンし、渓流沿いの素晴らしい絶景風呂など景色も堪能できます。また、約70種類の料理を味わえるバイキングで、こだわりの自家製ピザを味わえるなど、リピート率80%以上!の大好評のホテル「滝の湯」をご紹介します。

四季の風情を味わえる!最高のロケーションの湯宿

四季の風情を味わえる!最高のロケーションの湯宿

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する蓼科グランドホテル「滝の湯」は、中央自動車道「諏訪IC」から、ビーナスラインを経由して約30分。標高約1000mの蓼科高原の自然豊かな場所にあります。

大正12年創業の温泉ホテルで、戦国武将で知られる「武田信玄の隠し湯」と云われる名湯と絶景が同時に満喫できる温泉が人気。こちらは、渓流露天風呂「滝岩の湯」の「信玄湯」で、お風呂の中で一番渓流に近く自然を体感できる人気の湯です。森の緑と一緒に美しい川の流れを見られるなど、自然を生かした素晴らしい温泉に入れるのが人気の秘密です。

2016年9月オープン!こだわりの「棚湯」で存分に温泉三昧!

2016年9月オープン!こだわりの「棚湯」で存分に温泉三昧!

写真:sachie

地図を見る

こちらは、渓流露天風呂「棚湯」です。このお風呂は、渓流沿いに棚田状に段差を付け、3段に構成された野天風呂。それぞれ、高さが微妙に違うため、異なった景観を楽しめるように工夫されています。渓流沿いに行くほど高さが低くなり、眼下にはダイナミックに流れる渓流など、臨場感あふれる圧巻の景色が広がっています。

秋は紅葉など、四季折々の違った景色が見られ、温泉に浸かりながら自然と調和した心を穏やかにする景観が見られる和みの湯。夜は、ライトアップされるので、川の流れを聞きながら幻想的な景色も見らるのも魅力。

「棚湯」は、全部合わせると12種類のお風呂があり「棚湯」だけでも温泉巡りができるほど。たっぷりと温泉を満喫できることが人気の理由ですが、もう一つの秘密は温泉にあるのです。この温泉は「三大美人温泉」と言われる「炭酸水素塩泉」を使用。化粧水に使われる「メタケイ酸」と言われる成分の含有率が全国トップクラス! 思う存分温泉を楽しめて、景色は最高! それにプラスして、美肌に優れた効果を発揮する温泉に入れるので、女性にとっては嬉しい限りの温泉なのです。その上、乳液などのアメニティーも揃っています。渓流露天風呂に限っては、日帰り入浴を行っていて、客足が絶えない人気ぶり。

〈温泉データ〉
泉質:ナトリウム・炭酸水素塩温泉(中性・低張性・高温泉)
源泉温度:51.8度
外来入浴:あり

宿泊者限定!のプレミアムな「庭園大浴場」

宿泊者限定!のプレミアムな「庭園大浴場」

写真:sachie

地図を見る

変わってこちらは「庭園大浴場」の「湧泉」です。「庭園大浴場」は、宿泊者のみが利用できるお風呂なので、宿に泊まったら是非とも入っておきたいお風呂。こちらは「庭園大浴場」の「湧泉」にある露天風呂です。露天風呂の入口は、気が付きにくいところいあるので、意外に空いている穴場なお風呂。湯面に、森の緑や白く美しい白樺の幹など、優麗なる素晴らしい光景が写し出され、まるで絵画のよう。こんな環境の中で入るお風呂は、まさに癒しの一言。空気も澄んでいて美味しいですよ。

「庭園大浴場」に使われている温泉は、実は先程とは違う温泉が使われているのです。無色透明のお湯に似たお肌に優しい湯で、知らず知らず温泉の入り比べが出来てしまうのも魅力なのです。「庭園大浴場」は、露天風呂の他、ガラス越しに白滝を愛でながら入る内風呂もあるので、お見逃しなく。

〈温泉データ〉
泉質:単純温泉
源泉温度:23.2度
外来入浴:なし

「食彩の王国」長野を食べ尽くす!圧巻で多彩なバイキング料理

「食彩の王国」長野を食べ尽くす!圧巻で多彩なバイキング料理

写真:sachie

地図を見る

夕食は、ビュッフェレストラン「シーズ」がお勧め。バイキングスタイルのレストランで、地元長野県産の旬な食材をふんだんに使った、和食・中華・洋食の約70種の豊富なメニューが食べられます。出来たてをそのまま食べてもらおうと、レストラン内には、15mもあるライブキッチンカウンターが設けられるなどのこだわりよう。

和食コーナーでは、天婦羅をその場で揚げる料理人や寿司を握る職人など、温泉ホテルのレストランとは思えないような本格的なレストランです。こちらは洋食コーナーで、柱に見えるぽっかりと開いた穴は石窯で、この石窯はレストランのシンボルになっています。生地から手作りの自家製ピザは、ここの一押しメニュー! 石窯でじっくり焼いたピザは、モチモチとしていてどこか一味違います。石窯で焼いた焼き立てのピザをバイキングで食べらるなんて、滅多にないので、ここを訪れたら是非召し上がってみて下さいね!

スイーツ好きは必見!バリエーションに富んだ自家製ケーキ

スイーツ好きは必見!バリエーションに富んだ自家製ケーキ

写真:sachie

地図を見る

そして、甘い物好きの人を虜にしてしまうのが、こちらのコーナー。まるで、菓子店のショーウィンドーを眺めているかのようですが、ここもバイキング会場にあるコーナーなのです。

葡萄の一口タルト・栗のショートケーキ・シュークリーム・栗のかのこなどなど、数種類のスイーツを味わえます。ケーキなどの洋菓子の他、「栗のかのこ」などの和菓子も用意。ここに並ぶスイーツは、このホテルのパティシエのお手製ばかり。「バジルとレモン風味のケーキ」など、工夫を凝らしたものや、目が離せない斬新なスイーツもあって、どれを食べて良いのか迷ってしまうほど。自家製ならではのやさしい味わいで、厳選した旬の素材を使っているので、季節によって違ったケーキが並びます。訪れる度に、違うスイーツやバラエティーに富んだ豊富なメニューを味わえるのも、人気の秘密なのでしょうね。

おわりに

館内のイベントスペース「みらし処」では、毎朝6時25分から「みんなでテレビ体操」を行っているので、早起きして体操に参加されてみても良いですね。また、小さなお子様が遊べるキッズスペースや授乳室「しとなる処」もあるので、お子様連れでも安心。マッサージマシンやハンモックエリアなどがあるリラックスエリア「森の音」があり、のんびりできるスペースも完備されています。また、貸切露天風呂もあるので、小さなお子様連れやカップルにもお勧めです。

蓼科グランドホテル「滝の湯」は、ビュッフェレストランでは度胆を抜くようなライブキッチンに、豊富なメニューが味わえて、温泉もたっぷり満喫できます。緑豊かな自然の中で、温泉に料理と存分に満足できる、一度泊まると、ぞっこんになってしまうような魔法の宿なので、是非ご家族皆さん揃ってお出掛けしてみては如何でしょうか?

予約が必要となりますが、ホテルからJR「茅野駅」まで送迎があるのでアクセスも便利ですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -