1日1往復!高崎「SLレトロみなかみ」で蒸気機関車の郷愁体験

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

1日1往復!高崎「SLレトロみなかみ」で蒸気機関車の郷愁体験

1日1往復!高崎「SLレトロみなかみ」で蒸気機関車の郷愁体験

更新日:2016/10/13 12:32

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 孤高のアウトドアライター、ネイチャーカメラマン

群馬県高崎車両センターでは、かつて全国を走っていた蒸気機関車を整備してJR高崎駅を中心に、上越線、信越線などを「SLレトロみなかみ号」として運転しています。昭和にワープするような圧倒的な存在感は、鉄道ファンでなくとも心を動かされる感動の瞬間!旧客車や特別客車などをけん引し、煙を吐いて疾走するSLにあなたも乗車してみてはいかがでしょうか。記事内ではSLみなかみ号の出発の様子を動画でも紹介しています。

D51&C61車両が圧倒的な存在感で疾走!レトロな車両をけん引

D51&C61車両が圧倒的な存在感で疾走!レトロな車両をけん引

写真:佐久田 隆司

地図を見る

JR東日本では群馬県を中心にSL運行を実施しています。主に使われるのはD51.C61式車両で、ともにテンダー式(※)最大級の蒸気機関車車両です。DとCの違いは動輪の数により決められていて、Cは3つ、Dは4つ動輪を連結して駆動力を得ています。

SLレトロみなかみ号は臨時快速列車としてJR高崎駅〜JR水上駅までを運行していますが、乗車券と指定席券だけでお手軽に乗車できます。車両は高崎車両区と新潟新津車両区から借り出庫するもので、けん引する客車にはレトロな非冷房の旧形客車とEXPO70(※)開催時に登場した急行用客車が運転日によって決められています。

またこれらの機関車や車両を使って、海浜幕張駅や新津駅からの磐越本線、さらに夜間に乗車できるオプション設定もあって、乗車日にあたっては事前調査が大切です。

※テンダー式は、石炭や水を搭載する車両が連結している形式
※EXPO70は1970年に大阪で開催された世界万国博覧会の通称名

2016年から運転を始めたC61形蒸気機関車はオリジナルのまま

2016年から運転を始めたC61形蒸気機関車はオリジナルのまま

写真:佐久田 隆司

地図を見る

SLレトロみなかみ号に使用される蒸気機関車は、昭和15年に製造D51形(※)の498号機が、廃車後に上越線後閑駅前に展示されていたものと、昭和24年に製造され廃車後に伊勢崎市の華蔵寺公園で展示されていたC61形(※)の20号機で運行されます。特にC61形は今年6月から上越線で復活運転を開始し、鉄道マニアの熱い視線を受けています。

蒸気機関車が全国から消えていった後、一部地域で復刻され運行した蒸気機関車の多くは、ばい煙装置などを付随したオリジナルとは異なるものでしたが、このSLレトロみなかみ号はまさにオリジナルそのままの姿を披露しています。

※D51はデコイチとして愛され、牽引力が強いため貨物用のほか急勾配区間の旅客用機関車としても使用された
※C61は東北本線、常磐線、奥羽本線などの旅客列車として運用され、東北初の特急「はつかり」や寝台特急「はくつる」の仙台−青森間にも使用された

勇猛なSLみなかみ号の出発を4K動画で紹介!

動画:佐久田 隆司

地図を見る

SLレトロみなかみ号は、主にJR高崎駅とJR水上駅間を1日1往復します。上越線のこの区間は、都会の喧騒を離れた美しい景色が車窓を流れるまさにSLが似合う場所で、利根川沿線を北上していきます。

響き渡る出発時の汽笛の郷愁感や黙々と上げる黒煙と蒸気の迫力は、観る者を感動させ大地を疾走していた当時を忍ばせてくれます。JR高崎駅出発のSLみなかみ号の勇猛な姿を4K動画でご覧ください。

※スマホや環境の整っていないPC等では画質を1080,720に落としてご鑑賞ください。

復路のJR水上駅から乗車するノスタルジー

復路のJR水上駅から乗車するノスタルジー

写真:佐久田 隆司

地図を見る

SLレトロみなかみ号はJR高崎駅始発に乗車の人気が高いですが、復路のJR水上駅発は割と座席に余裕がみられるようです。これはJR水上駅周辺に温泉や谷川岳などの観光地があり、JR高崎駅から乗車した旅客が往路に乗車する確率が低いためです。確実に指定席を確保するならJR水上駅発の復路を狙うのがいいでしょう。

温泉地で山岳地帯の水上は、蒸気機関車に乗車するノスタルジックな雰囲気が漂っています。駅前ものどかな風情ですから、ますます気分も高まるでしょう。新潟方面からの上り線や、水上の観光帰りの時間を調整してぜひともJR水上駅から乗車してみてはいかがでしょうか?晩秋には雪化粧が眺められるチャンスもあり、蒸気機関車の汽笛の音も一段と感慨深いものになるでしょう。

高速時代だからこその蒸気機関車の郷愁をぜひ

いまや、新幹線も300km運転に入っていますが、スピードだけではない何かを蒸気機関車は教えてくれます。鉄道の本来の楽しみと、かつての列車移動の大変さやありがたみをSLレトロみなかみ号で味わってみてはいかがでしょうか?蒸気機関車を知らないお子さんなどにも貴重な体験になるでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -