ホントに料金100円でイイの?青森県黒石市「100円温泉」

| 青森県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ホントに料金100円でイイの?青森県黒石市「100円温泉」

ホントに料金100円でイイの?青森県黒石市「100円温泉」

更新日:2016/10/26 13:19

八岳木 流泉のプロフィール写真 八岳木 流泉 温泉ライター

安価に温泉へ入りたい。それは誰しもが思う旅先の願い。そんな希望を叶えてくれる、ワンコイン温泉が青森県黒石市の市街地にあるのです。ワンコインといっても500円ではありません。何と100円で入れる掛け流しのお湯!湯場での珍指令アリ、ツルツルの湯アリ、行って損無し、極上の湯です。

100円温泉はひっそりと

100円温泉はひっそりと

写真:八岳木 流泉

地図を見る

青森県中部の黒石(くろいし)市。江戸時代には弘前藩の支藩、黒石藩が置かれ、津軽氏により治められた平坦な立地です。市内には、岩木川水系の浅瀬石川が綺麗に流れ、風光明媚なダム湖の「虹の湖」があります。また、八甲田や十和田湖への玄関口としても知られており、通年賑わっています。味覚で有名なのは、太麺で甘辛なB級グルメ、黒石焼そば。最近ではそれにスープをかけた、つゆ焼きそばも人気です。

そんな黒石市には、温泉もたくさん。山あいで湧く青荷温泉はランプの宿で有名ですし、温湯温泉は湯治場風情。しかし意外な名湯は隠れているもの、市街地にてひっそり湧くものです。

ご紹介する100円温泉は、市街地を走る国道102号線(十和田道)の沿線にあります。とは言え、国道沿いに案内板等は無く、少しわかりにくいところです。車の場合は、東北自動車道「黒石」インターを降り、国道102号を2キロほど西進。交差点名の無い信号を左に折れると、100円温泉と書かれた白地に青字の看板が見えてきます。建物はプレハブの簡素な造り。駐車スペースも数台分あります。なお、メーカーによりますがカーナビにも載っていません。

電車の場合は、弘南鉄道弘南線の「田んぼアート」駅が最寄です。そこからのバスは無いので、タクシーか徒歩で向かいます。タクシーであれば約10分。徒歩ならば15分で到着できます。

戸を開けビックリ!珍指令!

戸を開けビックリ!珍指令!

写真:八岳木 流泉

地図を見る

ガラリと戸を開け、中に入るとすぐに脱衣所。もちろん、脱衣所も浴室も男女別になっています。壁には料金箱があります。管理人等が駐在しない無人の温泉施設なので、その箱へ100円を入れるのです。

しかし面白いのは、料金箱が置かれている壁の文字。「100円をみんなに見せる」と、黒色ペンキで書かれています!つまり、これは無賃入浴を防ぐため。すでに入浴している人や、脱衣所にいる人。自分以外の第三者に100円を見せてから、料金箱へ入れてください。

実際に行くと少しためらいますが、先客に向けて「100円入れます」と宣言しましょう。先客も笑顔で応じてくれます。自分が一番乗りだったら・・。とにかくきちんと支払えば大丈夫です。

料金は当然100円。施設が開く時間は、季節やその時によって様々ですが、概ね朝の5時です。営業終了は夜の7時です。

100円ながら、極上の温泉!

100円ながら、極上の温泉!

写真:八岳木 流泉

地図を見る

100円温泉の浴室は、タイル張りの内湯が男女別に一つずつあるのみ。大人が5人も入れば窮屈なサイズです。基本的に湯客は地元の方が中心。皆さん朝夕に訪れることが多く、昼間はそれほど混み合うことがありません。石鹸等は各自の持ち込みですが、シャワー付きの洗い場は数基あります。

肝心の温泉に関してですが、泉質はアルカリ性単純温泉。湯温は適度で心地よく、ツルツルとした触りも絶品です。地中の成分が溶け込むため、お湯の色は薄い茶色。紅茶やウーロン茶のような色合いです。その源泉を、循環せずに掛け流し!ドバドバと流れてゆくさまが、実に贅沢な気分にさせてくれます。

プレハブの内湯のみなので、若干湯煙がこもりがち。そんな時は断りを入れて少し窓を開けてください。涼しい外気が入り込み、気分は露天の清々しさです!

入り逃すと後悔する?ワンコインの極上湯!

良い温泉ならば入浴料が高い!安いのならば大した温泉ではない!そんな既成概念を取り払い、安くて素晴らしい青森県の100円温泉。たどり着くには一苦労でも、そこには極上の湯があります。温泉名から珍指令まで、ツッコミどころ満載の100円温泉は、今日もなみなみ、お湯を張ります!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ