バンコク1の絶景インフィニティプールが素敵すぎるホテル「アヴァニリバーサイドバンコク」

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

バンコク1の絶景インフィニティプールが素敵すぎるホテル「アヴァニリバーサイドバンコク」

バンコク1の絶景インフィニティプールが素敵すぎるホテル「アヴァニリバーサイドバンコク」

更新日:2017/03/03 19:20

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 旅行媒体編集ディレクター、旅行・グルメライター、ホテルマニア、タイブロガー

バンコクには多数のホテルがあり、プール自慢のホテルも増えています。でも、ビルが密集していて景色はイマイチ、なんてホテルも多いんです。ルーフトップのインフィニティープールで、チャオプラヤー川と夜景が見渡せるプール、なんていう「THEバンコク」的景色のプールはないのかな? なんて思っていたら、遂にできちゃいました! それが2016年オープンのアヴァニリバーサイドバンコクのインフィニティプールです。

2016年誕生!バンコク最新ホテル「アヴァニリバーサイドバンコク」

2016年誕生!バンコク最新ホテル「アヴァニリバーサイドバンコク」

提供元:MINOR HOTELS

http://www.minorhotels.com/en/

バンコクの中で一番のリゾートホテルと讃えられるアナンタラバンコクリバーサイドの背後にできたのが「アヴァニリバーサイドバンコク」。最初は「え?こんな場所に作るなんて喧嘩にならないの?」なんて思っていましたが、実はアナンタラとアヴァ二は同系列のホテル。

アナンタラはリゾート感たっぷりの南国風情とジャングルの中にある湖のようなエキゾチックなプールが人気です。片やアヴァ二は都会的な高層ビルディングと全く別の魅力を持つホテルを隣同士にすることで施設の共有化や、隣同士のホテルをはしごして宿泊してみたい! という気分にさせてくれます。むむ、なかなか合理的な経営ではありませんか!

アヴァニリバーサイドバンコクはBTSサパーンタクシン駅からアナンタラと共用の無料送迎船で15分ほど。リバークルーズ気分も楽しめちゃうっていうのが良いでしょ?

チャオプラヤー川越しに見る景色は思い描いた「バンコクの絶景!」

チャオプラヤー川越しに見る景色は思い描いた「バンコクの絶景!」

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

目指すプールは屋上! 最高層にプールを配するホテルはバンコクでは意外と少なく、最上階にあったとしても、植え込みで周囲が見えない、周囲のビルしか見えない、という事が多く、スコーンと景色が抜けた超絶景のルーフトップのプールはとても稀少。それだけで泊まる価値があります。天気が良ければ迷わず水着に着替えて最上階へ!

エレベーターで最上階に到着した瞬間、思わず「バンコクに来たぞー!」と叫んでしまう光景が目の前に!

これがバンコクナンバー1の絶景プールだ!

これがバンコクナンバー1の絶景プールだ!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

見てください! このさえぎる物の無い絶景プールを!

目の前にあるのは低層のアナンタラリバーサイドのみ。そのおかげで360度のパノラマの絶景が楽しめます! 建築ラッシュのバンコクはいつの間にか目の前に高いビルが建って眺めがさえぎられることもありますが、アナンタラリバーサイドがある限り、アヴァニリバーサイドバンコクの絶景は揺るがないでしょう。これは嬉しいですね。

プールを囲んでいるのは身を乗り出せば超えられてしまいそうなガラスのみ。泳げば空を飛んでいる感覚を楽しめます。

何時間いてもあきない…バンコクの景色を見て過ごす1日を!

何時間いてもあきない…バンコクの景色を見て過ごす1日を!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

優雅に弧を描き流れる大河、チャオプラヤー。その向こうにひしめく大都会バンコクの高層ビル。チャオプラヤー川エリアでも、サパーンタクシン駅付近では、バンコクの全体像を見渡すことはできません。ましてやプールでそれが眺められるホテルは、今のところバンコクではアヴァニリバーサイドバンコクのみです。

中心部にもルーフトップのプールはありますが、ビル群の中にあるホテルのプールでここまで解放的な眺めを、泳いでいる眼の高さで見ることはできません。残念ながら「目の前のビルビュー」なんていうルーフトッププールも多いんですから!

寝ころべば足元にバンコクの街並み。寛げるソファーエリアもあり

寝ころべば足元にバンコクの街並み。寛げるソファーエリアもあり

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

泳ぎつかれたらデイベットに横たわりバンコクの町並を足元に見ながら転寝を。デイベットの他にもソファーエリアがあり、ゆったりとした時間を過ごせます。実はここ、現在バンコクで最新ルーフトップバー「ATTITUDE(アティテュード)」のソファーエリア。「ATTITUDE」については他の記事に書かせていただきましたので、関連MEMOから読んでみてくださいね!

「ATTITUDE」は17:30からなので、お昼はプールエリアとして解放されています。午前から夕方まで屋上エリアの全てがプールゾーンという扱いなので、広々。スタイリッシュなビルディングタイプのホテルながら、リゾート感もたっぷりです。こんなに素敵なソファーで横になって、うとうとしながらバンコクの景色を見ていたら、外に出ていくのが面倒になりそうですね。

そんな日があってもこのアヴァニリバーサイドバンコクならO.K!
ホテル内のレストランはもちろん、隣のアナンタラリバーサイドのレストランも利用できるし、直結するショッピングコンプレックスもあるので、ショッピング・食事共に不便なことは何もなし。退屈しらずの優雅なホテルライフを楽しみましょう!

リバーサイドホテルの高層ルーフットッププールはこのホテルだけ!

チャオプラヤー川にはオリエンタル、ペニンシュラ、シェラトン、シャングリラといった名だたる五つ星ホテルや高層ホテルが並びます。チャオプラヤー川の上を飛んでいるような高層階ルーフトッププールは他にもあるのでは?と探している人もいるかもしれませんね。

残念ながら、チャオプラヤー川沿いのホテルは高層階にはプールを設置せず、ほとんどが1階、もしくは低層階にあるんです。

もちろん雄大なチャオプラヤー川が目の前に迫る作りはバンコクならではの絶景です。でもせっかくならシンガポールのマリーナベイサンズのようなスリル満点のプールで、スコーンと突き抜けた絶景を足元に、優雅な時間を過ごしたいですよね?

そんな人にはリバーサイドにはこの選択肢が他にない事と、市街地でもビルが周囲に無く、さえぎる物の無い絶景が眺められるプールがとても少ないことをお知らせしておきますね。
最新ホテルなので施設がピカピカのうちに、バンコクナンバーワンの絶景インフィニティプールをお楽しみあれ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

アヴァニ リバーサイド バンコク ホテルの旅行プランを検索

アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート アンド スパの旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ