韓国グルメの穴場「新村」!ソウル在住者おすすめ店4選

| 韓国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

韓国グルメの穴場「新村」!ソウル在住者おすすめ店4選

韓国グルメの穴場「新村」!ソウル在住者おすすめ店4選

更新日:2017/04/01 16:25

林本 実樹のプロフィール写真 林本 実樹 学芸員資格

韓国・ソウル旅行なら、明洞や東大門、江南地区、弘大、鐘路あたりが定番で、学生・若者の街と紹介されている新村に行く機会は少ないかもしれません。

でも、観光客には用事のない場所だからこそ、学生が通う安くておいしい焼肉店や地元の会社員が通う老舗のお店で地元感を味わえます。隣の弘大は安くて清潔でおしゃれなゲストハウスも多く、クラブで夜遊びの前にも、歩いても行ける新村でおいしい食事をいかがでしょうか。

牛の生レバーが!ホルモン焼の老舗名店「ファソンコプチャンクイ」

牛の生レバーが!ホルモン焼の老舗名店「ファソンコプチャンクイ」

写真:林本 実樹

地図を見る

新村には、ソウルの名門大学、延世大学があり、女子大学の名門、梨花女子大学にも歩いて行ける距離なので、学生や留学生も多く、学生街といわれています。

とはいえ、新村の繁華街には会社員風の人たちの姿も多い。中でも、60年以上の歴史があるホルモン焼きの名店「新村ファンソコプチャンクイ」はいつも大人気です。解放感のある1階と、地下にも席がたくさんありますが、週末など満席になることもしばしば。

ファソンコプチャンクイのホルモンはとても新鮮なことで有名です。そして、日本人としてとてもうれしいことは、韓国の食堂で注文しなくてもでてくるおかず=パンチャンに、牛生レバーとセンマイがでてくること。ぷりぷりでくさみのない新鮮な生レバーをごま油と塩のたれにつけて食べる久々の至福です。

でも、日本で牛のレバ刺しは数年前に禁止になっているので、心配な方は食べないようにしましょう。

牛の生レバーが!ホルモン焼の老舗名店「ファソンコプチャンクイ」

写真:林本 実樹

地図を見る

ホルモンと野菜の盛り合わせを注文すると、店員さんが焼いてくれます。目の前で味付けし、食べごろになると「最初はこれをたべて、次にこれを」と食べる順番を指示されます。

ファソンコプチャンクイは地元の方々でにぎわっていますが、いろいろなガイドブックにも紹介されている有名店なので、お店の方も外国人の接客に慣れています。韓国語がわからなくてもご安心を。

「ソウルでこれほど新鮮なホルモンは食べられない」と、うわさされるほど新鮮なホルモン焼きは、臭みもなくやわらかく、もともとホルモンが少し苦手という方もおいしく食べらそうです。そして、ホルモンから出た油をつかって、締めにキムチチャーハンができるのですが、こちらも絶品!

昼時はいつも行列!体にしみる味「新村スジェビ」

昼時はいつも行列!体にしみる味「新村スジェビ」

写真:林本 実樹

スジェビは日本でいうところのすいとんです。日本にいるとすいとんを食べる機会はあまりないものの、韓国では専門店もちらほら、おいしさに目覚めます。

写真の店舗は旧店舗。昼どきには店の外まで人があふれていたのですが、すぐ近所に移転してお店が少し広くなりました。

移転してもその味はかわりなく、おばちゃんたちが大量のすいとんを大鍋にちぎってつくっていく手さばきも変わらずみることができます。

昼時はいつも行列!体にしみる味「新村スジェビ」

写真:林本 実樹

有名店である「三清洞スジェビ」は具沢山で、アサリのだしが味のポイントになっていますが、「新村スジェビ」はトッピングにそえられる野菜のほかは具なしで超シンプル、やさしいスープが身に沁みます。

メニューはスジェビとキンパップのみ。
満席でも回転がはやいので、待ち時間はさほどありません。

東大門まで行かなくても、絶品スープのタッカンマリ

東大門まで行かなくても、絶品スープのタッカンマリ

写真:林本 実樹

地図を見る

鶏を一羽まるごと楽しめるタッカンマリは、IKKOさんやはるな愛さんがテレビや雑誌で紹介して日本でも知られるようになってきまひた。
東大門のタッカンマリ街が有名ですが、新村にある「コンルンタッカンマリ」もとてもおいしいお店です。

東大門まで行かなくても、絶品スープのタッカンマリ

写真:林本 実樹

「コンルンタッカンマリ」のタッカンマリは、鶏の身はすこし小さめで引き締まっており、スープが絶品。スープだけでも水筒にいれて持って帰りたい!と、地元の韓国人も思わずうなるほどです。

東大門まで行かなくても、絶品スープのタッカンマリ

写真:林本 実樹

タッカンマリのしめといえばカルグクス=うどん。少しだけゆでた乾麺を、そのままいれることで、鶏のスープを吸ってお腹がいっぱいでもつるつるいけます。

そこにさらに、「コンルンタッカンマリ」では、ご飯をいれておじやを楽しむこともできます。これはけっこう珍しいのではないでしょうか。

安い!はやい!地元感満載!「ソムンナンワンソグムグイ 新村」

安い!はやい!地元感満載!「ソムンナンワンソグムグイ 新村」

写真:林本 実樹

地図を見る

これぞ韓国!といった雰囲気の焼肉屋さんです。日本でもすっかり市民権を得たサムギョプサルもリーズナブルに楽しめます。

お気に入りの焼肉屋さんをみつけるポイントは、まず、やはり炭火。
でもソウルなら炭火焼肉は珍しくないので、あとはお肉の質とおかずの種類、値段。

なにより韓国を感じられるオープンなスペース。半外はもちろんですがもうほとんど道路にはみでてるだけ?というようなテーブルで焼肉をつつく解放感はなかなか日本では味わえません。ビールの味もひとしおです。

安い!はやい!地元感満載!「ソムンナンワンソグムグイ 新村」

写真:林本 実樹

「ソムンナンワンソグムグイ 新村」は、炭火はもちろん、サムギョプサルは国内産の豚肉で冷凍もされていません。無料ででてくるおかずの中ではとくにテンジャンチゲチゲがおしいくて、平日ならばケランチムもついてきます。

安い!はやい!地元感満載!「ソムンナンワンソグムグイ 新村」

写真:林本 実樹

すっかり定着したフレーバー付きのソジュ=焼酎。
数年前までは、ビールかマッコリか焼酎ストレートしか選べなかったのですが、最近はフルーツ焼酎も加わりましたね。知っている方も多いと思いますが、焼肉やさんではボトルの提供が主流です。生ビールやグラスでのお酒の提供はほとんどありません。

写真はフルーツ焼酎大ヒットの先駆け、チョンチョルムのスナリ。ゆずフレーバーで飲みやすく、アルコール度数も14度。

韓国の焼酎といえば18度〜20度の若干危険な飲み物だったのですが、実は韓国人の若者で焼酎が苦手という人も多く、最近では度数低めの焼酎がはやりつつあるのです。

ホルモン・スジェビ・タッカンマリ・サムギョプサル!安くておいしい新村へ

新村は地下鉄2号線で弘大の隣、空港バスも止まる便利な場所とはいえ、なかなか観光では行く機会がないかもしれませんが、ソウルに住む日本人が足繁く通い、地元感あふれる安くておいしいお店がけっこうありませす。
絶品ホルモン焼きの「ファソンコプチャンクイ」、しみじみ沁みるやさしいスープの「新村スジェビ」、タッカンマリはもちろんしめのおじやがたまらない「コンルンタッカンマリ 新村店」、安くておいしくて韓国感が満載の「ソムンナンワンソグムグイ 新村」は、韓国在住の日本人にも人気のあるお店でした。立ち寄ったことがないかたも、一度は訪れて雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/19−2016/06/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ