東京で庶民の味を楽しむなら!蒲田おすすめグルメ5選

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京で庶民の味を楽しむなら!蒲田おすすめグルメ5選

東京で庶民の味を楽しむなら!蒲田おすすめグルメ5選

更新日:2016/11/25 17:31

高瀬 真澄のプロフィール写真 高瀬 真澄 フリーライター

東京の空の玄関口「羽田空港」から京浜急行で10分。そして、JR京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線が通るターミナル地である蒲田は、東京観光の拠点となる場所です。それだけではなく、戦後の闇市から続く商店街は活気に満ち溢れ、B級グルメの宝庫でもあります。そんな蒲田を訪れてみませんか?

売り切れ必至!「明平製菓」の鮎カステラ

売り切れ必至!「明平製菓」の鮎カステラ

写真:高瀬 真澄

地図を見る

京急蒲田駅から徒歩5分ほどの距離にある「明平製菓」は、人形焼きと鮎カステラのお店。とにかく素朴な味が美味しく、早朝7:30から営業開始してお昼過ぎには売り切れてしまうことも多い人気のお店です。なんと、それぞれ10個で215円というお手軽価格!売り切れ次第、閉店してしまうので、午前中に行くことをおすすめします。

元祖羽根付き餃子「你好(ニーハオ)」

元祖羽根付き餃子「你好(ニーハオ)」

写真:高瀬 真澄

地図を見る

蒲田といえば羽根付き餃子が有名です。その中でも、元祖羽根付き餃子のお店が「你好(ニーハオ)」。本店と別館は、京急蒲田駅から4〜5分ほどの距離。また 恵馨閣(けいしんかく)店は、JR蒲田駅東口から徒歩3分ほどの距離にあります。餡がさっぱりとして美味しく、パリパリの皮とのバランスが絶妙です。見た目はずっしりと大きいのに、ペロリと食べきれるのが不思議です。いつもたくさんの人で賑わう人気のお店です。

新しいB級グルメ「大田汐焼きそば」誕生

新しいB級グルメ「大田汐焼きそば」誕生

写真:高瀬 真澄

地図を見る

蒲田といえば「羽根つき餃子」を思い浮かべる人も多いと思いますが、そのほかにも多数のB級グルメがあります。その中でも「大田汐焼きそば」は、大田区の活性化を目指して活動する「大田まち活ネット」が大田区にゆかりのある食材を集め、ご当地グルメとして開発したものです。2012年には「東京大田汐焼きそば 秘伝のたれ」が家庭用に開発され、地元のスーパーで手に入るようになりました。また、大田区立大森第一中学校の給食としても採用され、大田区民に広く愛されるご当地グルメになっています。大田区の全域に浸透しつつある「大田汐焼きそば」ですが、蒲田で食べられるお店が多いので、蒲田に来た時にはぜひ食べてみてください。

蒲田にある「大田汐焼きそば」を提供するお店のなかでも「味の横綱」は「大田汐焼きそば」の良さを忠実に、最大限に生かした味を提供しています。「大田汐焼きそば」がどのようなものか、まずは食べてみたいという方にはオススメです。餃子3個とスープがついて800円という値段も魅力的です。JR蒲田駅西口から徒歩3分ほどの距離にあります。

大田区をイメージしたバラエティに富んだ具材は、@「大森海苔」 A「カリカリ梅」 B「秘伝の鶏ガラ塩だれ特製ソース」 C「ニラ」 D「もやし」 E「あさり」 F「桜エビ」 G「玉ねぎ」 H「特性麺」 I「店主の愛情」の10種類。やさしい塩味で調和され、それぞれが主張しすぎず、ちょうど良い感じに馴染んでいます。モチモチした平たい面が絡んで美味しさを引き立てます。これだけ個性的な具材であるのにかかわらず、全体的にまろやかな味に仕上がっています。

こだわりの豚肉が美味!「檍(あおき)」

こだわりの豚肉が美味!「檍(あおき)」

写真:高瀬 真澄

地図を見る

とんかつが、現在のように厚みのあるカツをあらかじめ包丁で切り分け、ご飯と漬物とみそ汁がセットの和定食スタイルになったのは昭和初期の頃。上野や浅草に、とんかつ専門店が次々と開店しました。蒲田に美味しいとんかつのお店が多い理由は、上野や浅草でとんかつ料理の修行を積んだ料理人の多くが、独立をして蒲田にお店を開き、その店から独立する人や姉妹店が増えたことが理由といわれています。

数多くのとんかつ店の中でも、特に美味しいとんかつを提供する4店舗を「蒲田のとんかつ四天王」と呼んでいます。その中のひとつが「檍(あおき)」です。JR蒲田駅東口から徒歩3分ほどの場所にあります。こだわりの豚肉は、千葉県産ブランド豚肉である「林SPF豚肉」を使用しています。「林SPF豚肉」は、豚特有の特定病原菌を排除した生まれながらにして健康な豚。良質な穀物中心の飼料を与えて安心・安全・健康に育てられました。「林SPF豚肉」を使用しているため、驚くほどの肉厚でありながらも柔らかく、噛めば噛むほど肉の旨みを感じることができますよ。

肉本来の美味しさを楽しむためには、塩でいただくのをおすすめします。カウンターには、モンゴル岩塩、インカ天日塩、アンディス岩塩、ヒマラヤ岩塩が設置されていますので、お好みの塩で味わってみてはいかがでしょうか。

創業昭和3年、唐揚げが人気の「鳥久」

創業昭和3年、唐揚げが人気の「鳥久」

写真:高瀬 真澄

地図を見る

「鳥久」は、創業昭和3年の鳥専門の弁当屋さん。片栗粉をまぶして揚げた竜田揚げのような唐揚げが人気です。蒲田駅西口から2〜3分の距離にある蒲田西口店は、駅から近いこともあり、昼時になると弁当を買いに来る人たちで賑わい行列ができるほどです。唐揚げには厳選された国産鶏肉を使用。とっても柔らかくジューシーです。売り切れ次第に閉店となりますので、早めに買っておくことをおすすめします。

おわりに

以上、今回は蒲田のおすすめグルメについてお伝えしましたが、いかがでしたか?蒲田グルメは“庶民的で美味しい”のが特徴です。魅力的な食べ物がたくさんあって迷ってしまいますね!多くが駅から徒歩5分圏内にあるのも魅力です。蒲田を訪れたら、ぜひ味わってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -