小豆島の幸がぎっしり!スパイスカレー好き必訪「カレープラージュ」はクセになる美味しさ

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小豆島の幸がぎっしり!スパイスカレー好き必訪「カレープラージュ」はクセになる美味しさ

小豆島の幸がぎっしり!スパイスカレー好き必訪「カレープラージュ」はクセになる美味しさ

更新日:2017/01/19 12:07

関山 あさみのプロフィール写真 関山 あさみ

「オリーブオイル」「醤油」「手延べそうめん」等、瀬戸内海の温暖な気候と、寒霞渓の山々が織りなす温かい風を活かした加工食品で有名な小豆島。実は、加工食品に限らず、美味しい野菜、お肉、海産物等、食材の宝庫でもあります!今回はそんな小豆島産の食材を使った、スパイスカレー専門店「カレープラージュ」をご紹介します。お店の裏側へ回れば小豆島で一番人気の砂浜「オリーブビーチ」にも徒歩2分の好立地ですよ!

スパイスの香りがたまらない店内!

スパイスの香りがたまらない店内!

写真:関山 あさみ

地図を見る

「プラージュ」とは、フランス語で「砂浜」や「浜辺」を意味します。元々店主の実家がペンションをやっていた場所を、改装してできたお店ということもあり、店名もそのまま引き継いでいます。

その名の通り、お店の裏側へ回れば小豆島で一番人気の砂浜「オリーブビーチ」にも徒歩2分。また、小豆島観光では欠かせない「オリーブ園」にも徒歩10分で行ける好立地!国道沿いに面していて、小豆島の東西を移動する時には必ずと言っていいほど通る場所です。営業時間はお昼11:00から17:00頃まで。カレーがなくなり次第終了となってしまうので、14:00頃までに行くのがオススメです。

スパイスの香りがたまらない店内!

写真:関山 あさみ

地図を見る

プラージュの入り口の扉を開けて、まず五感に飛び込んでくるのがスパイスの香りです。一瞬でインドに来たかのような気分にさせられ、食欲は最高潮に!壁には瓶詰されたスパイスが並んでいて、これから出てくるカレーに期待が高まります。

小豆島産インド仕込みのスパイスカレー

小豆島産インド仕込みのスパイスカレー

写真:関山 あさみ

地図を見る

プラージュで食べられるのは、カレーの本場南インド直伝のスパイスカレー。店主がインドを訪れて、レストランや地元のお母さんたちから調理方法を学んだそう。本場インドの調理方法を小豆島産の食材でアレンジして生まれたのが、プラージュのカレーです!

もちろん、味の決め手も小豆島産!カレーの隠し味として使われているのが、小豆島産の「浪花堂 御塩(ごえん)」。2016年に夏にTV『たけしのニッポンのミカタ!』で放送されてからは品薄が続いていた、お土産にも大人気のお塩です。元々塩づくりが盛んだった小豆島でしたが、昭和45年に塩田が全廃となってしまいました。それを復活させたのが、「浪花堂 御塩(ごえん)」です。まろやかな味わいでカレーの旨味も惹き立ています!

また、カレーと同様にプラージュで楽しみなのが、副菜です。小豆島産の野菜で作られたインド料理(アチャールやピックル、ポリヤル等)が季節に合わせて添えられています。

小豆島産インド仕込みのスパイスカレー

写真:関山 あさみ

地図を見る

通年食べられるメニューとしては、ピリ辛で身体が温まる「ココナッツチキンカレー」、肉々くてドライが強めな「牛と羊のキーマカレー」、青菜入りでマイルドな「サーグカレー」の3種類。加えて、季節に合わせた小豆島産の野菜を使った「旬の野菜カレー」です。どのカレーも個性的で、人によって好みが分かれることでしょう。「一つになんて絞れない!」という方は、たったの+100円で2種盛りもできるので欲張りさんにもオススメです。

小豆島産インド仕込みのスパイスカレー

写真:関山 あさみ

地図を見る

もちろんそのまま食べても美味しいですが、今回は店主オススメの美味しさが倍増する「南インド流」の食べ方を紹介します。

それは「食材をひたすら混ぜて食べる」それだけ。日本では、カレーを混ぜて食べるのが行儀が悪いと思われがちですが、南インドでは混ぜて食べるのは主流。ターメリックライスとカレーはもちろん、副菜たちも少しずつ混ぜていきます。それぞれの味の旨味が混ざり合い、どんどん味が変化していくのです。インドのおせんべい「パパド」も食感が残る程度に砕いて食べると、それもまた美味しい。この食べ方だと一つのカレーで何度も楽しむことができるので、ぜひお試し下さい。

食べられたらラッキー!「期間限定メニュー」

食べられたらラッキー!「期間限定メニュー」

写真:関山 あさみ

地図を見る

プラージュでたまーに登場する期間限定メニューたち。特に人気なのが、「島の小エビカレー」。店内の誰しもが気になるところに書いてある「エビカレー」の文字。ついつい注文したくなりますが、これも期間限定。瀬戸内の新鮮な小エビの美味しさがぎゅっと詰まった大人気メニューですが、エビが採れる時期の限定です。

その他にも「鈴木さんちのポークカレー」「鈴木さんちのポークミートボールカレー」「島サバカレー」「オリーブ牛カレー」など、季節合わせた小豆島の食材の期間限定メニューも。いつあるかはわからないので、食べられたら本当にラッキーです!

カレーの後は小豆島観光へ

カレーの後は小豆島観光へ

写真:関山 あさみ

地図を見る

美味しいカレーを食べた後は、小豆島観光へ出かけてみませんか?小豆島の美味しい食材たちを生み出す、大自然。山も海も空も一望できる絶景ポイントが小豆島にはたくさんあります。この写真は、「カレープラージュ」から車で30分ほどの場所にある「碁石山」からの眺め。瀬戸内海の連なった島々を見渡せるのがポイントで、この場所で見る夕日は最高に綺麗です。

最後に

「カレープラージュ」は観光客はもちろん、島民の憩いの場にもなっています。そして、小豆島だけに留まらず、岡山や東京、大阪等でのイベントにも出店し、じわじわ人気を集めてきています。小豆島へは航路で高松・新岡山・姫路から約1時間、三宮からも約3時間。瀬戸内海に位置しているだけあって、各方面からアクセスが可能です。カレー好きの皆さん、ぜひ一度小豆島へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -