エキスポシティで食べ歩き!大阪限定味のグルメが面白い

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

エキスポシティで食べ歩き!大阪限定味のグルメが面白い

エキスポシティで食べ歩き!大阪限定味のグルメが面白い

更新日:2016/10/19 11:49

旅人間のプロフィール写真 旅人間 はらぺこライター、旅ブロガー

大阪の万博記念公園に2015年11月にオープンした「EXPOCITY」は日本最大級の大型レジャー施設として注目され、ショッピングモールの「ららぽーと」を中心に生きたミュージアム「NIFREL」や英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」など、大阪に来たら立ち寄ってみるのも面白い!またエキスポシティでランチの後に、噂の人気店で大阪限定味など、気軽に食べ歩きもおすすめですよ♪

エキスポシティの「カルビープラス」で買える大阪限定味!

エキスポシティの「カルビープラス」で買える大阪限定味!

写真:旅人間

地図を見る

エキスポシティに来たら「カルビープラス」に立ち寄ってみませんか♪ この店はカルビーが「工場で食べる揚げたての美味しさをお客様にも」と言う思いからスタートし、2011年に原宿にオープン、そして東京を中心に博多や神戸、沖縄などにも出店していますね。ただ、それぞれの店には限定味があり、エキスポシティの限定味は「ポテりこ たこ焼き味」と「ポテトチップスだし醤油味」、観光で大阪に来たならコレは見逃せないはず。

もしこの店を初めて利用する場合は、限定味以外に一番人気の「ポテりこ サラダ」がおすすめ。じゃがりこと同じパッケージに…、いや!よく見ると「じゃがりこ」に湯気が立ち上がっている様子が描かれています。実はここがポイントで実際に食べてみると、揚げたてはアツアツで食感も柔らかい。うん、確かにこれは食べ応えあって美味しい!

「カントリーマアム」が入ったタルトは買って帰ろう

おやつの定番として人気ある不二家の「カントリーマアム」はアメリカン調の素朴な手作り感覚のクッキーとして知られていますね。時間をかけて低温でじっくり焼き上げることで、外側はサックリ層、内側はしっとり層の二層である事が特徴の超ロングヒット商品。
そんなカントリーマアムの専門店「カントリーマアムFACTORY」があり、ここでは自分だけのオリジナルを作ることができる手作り体験工房もありますよ。

この店に来たら「カントリーマアム入りの焼きチーズタルト」は買って帰りたい。チーズはふわっとクリーミーで爽やかな酸味とバター感もあり、ここにカントリーマアムが入っていると言う贅沢ぶり。テイクアウトして自宅でコーヒーと一緒に食べると最高。もし大阪限定にこだわるなら「窯だしカントリーマアムのミックスジュース味」もおすすめ!

「カントリーマアム」が入ったタルトは買って帰ろう

写真:旅人間

地図を見る

世界的ヒット「シカゴミックス」エキスポ限定サイズで!

ギャレット ポップコーンってご存知ですか?この店はアメリカのシカゴで創業し、今や世界中で行列する店と話題になった最高品質のポップコーン専門店。もしこの店を初めて利用するなら、人気ある2つの味を一緒に楽しめる「シカゴミックス」がおすすめですよ。

カリカリとした食感で甘くほろ苦いキャラメルクリスプ。そして熟成したチェダーチーズを贅沢に使った濃厚風味のチーズコーン。この個性的な2つの味を同時に味わう事ができるのがシカゴミックスです。この異質とも言える大胆な組み合わせはファンの声から誕生したそうですが、確かに一度口にすると虜になってしまうかも…。

このギャレット ポップコーンは全国5店舗のみで、西日本ではここだけでしか食べられません。ちなみに、エキスポシティではテイクアウト用カップを限定販売しており、シカゴミックスを購入するとお手頃価格の300円。これは嬉しい!

世界的ヒット「シカゴミックス」エキスポ限定サイズで!

写真:旅人間

地図を見る

1日2回の限定販売「カリバー」はその場で食べてごらん♪

このエキスポシティに来たら、必ずチェックしておきたいのは、10:00と15:00の1日2回限定で販売しているプチプランス クグロフと言う店の「カリバー」です。この商品の販売時間になると平日でも行列必至。ここはとにかく騙されたと思って並んでみましょう。

このカリバーとは長さ約20pのクリスピーシュークリームのことで、中には大量生産が難しく希少性の高い至高のバニラと呼ばれるタヒチ産のバニラビーンズを使用した特製カスタードクリームが入っています。カリッとした食感の後に濃厚で優しい極上カスタードクリームが口の中を支配し、これが驚くほどに美味しい!
ただ、このカリバーは持ち帰りではなく、焼きたてのカリッと食感を味わうなら買ったらその場で食べるのがおすすめ。もはやエキスポシティの名物と言っても過言ではありません。

1日2回の限定販売「カリバー」はその場で食べてごらん♪

写真:旅人間

地図を見る

3階のフードコートにも行ってみよう

せっかくエキスポシティに来たなら、3階にあるフードコートに少し立ち寄ってみましょう。そこには1970年の大阪万博で各パビリオンのホステス(コンパニオン)が着用していた制服などを展示している場所があります。そして壁には当時の新聞記事、床には大阪万博の地図も描かれているのですよ。
懐かしく感じる人や、時代の変化に興味を感じる人など様々ですが、せっかく大阪万博跡地に来たなら、当時の様子に浸ってみるのも一興ですね。

3階のフードコートにも行ってみよう

写真:旅人間

地図を見る

最後に…

エキスポシティはNIFREL(ニフレル)と言った 海遊館が運営する水族館などエンターテインメント施設が複数ありますが、エキスポシティの中核をなすショッピングセンター「ららぽーと」の中だけでも広く、けっこう歩きまわりますので適度に休憩を入れましょう。
今回は人気ある4店舗を紹介しましたが、休憩ついでにエキスポシティ限定や関西限定などを探して回るのも面白い。また関西初出店の店などもありますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -