行くしかない!築地の特典いっぱい開運スポット「波除神社」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

行くしかない!築地の特典いっぱい開運スポット「波除神社」

行くしかない!築地の特典いっぱい開運スポット「波除神社」

更新日:2016/10/27 10:04

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

築地市場に隣接するように位置する「波除神社」。こちらは、「災難を除け、波を乗り切るパワーを授けてくれる神社」として、地元の人々はもちろん、築地界隈で働く人々からも愛されている神社です。

衣食・殖産工業・商業の守り神である「倉稲魂命(うがのみたまのみこと)」をはじめ、「七福神」などたくさんの神様が祀られ、そのご利益も多種多様。今回は、年中行事に参加した方にふるまわれる多数の特典などもご紹介します。

願掛けの仕方が変わっている!「天井大獅子」

願掛けの仕方が変わっている!「天井大獅子」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

「厄除けの神様」として信仰を集めている波除神社(なみよけじんじゃ)。起源は築地の埋め立て工事が行われた際、工事が難航したところ、海で発見された稲荷神体の像をここに手厚く祀ったことで海は凪ぎ、万治2年(1659年)には埋め立てが完成したことに始まります。

まず神社に入ると、右手に「獅子殿」が。ここには日本最大の「天井大獅子」が収められており、その大きさは、高さ2.4メートル・幅3.3メートル・重さは1トン。樹齢約三千年の黒檜で仕上げられています。

実はこちらへの参拝の仕方が特徴的。前に置かれている「願い串」に願い事を記入し、「大獅子」の顔の裏側に回ります。そして、舌の上の収め籠に「願い串」を納め、念じれば完了。「獅子殿」に足を踏み入れ「大獅子」の顔の裏に回るのは、ちょっとドキドキする体験!実は「大獅子」は一対になっており、こちらは雄になります。

女神輿としても担がれる珍しい「お歯黒獅子」

女神輿としても担がれる珍しい「お歯黒獅子」

提供元:波徐神社

http://www.namiyoke.or.jp/地図を見る

一方「獅子殿」に向かい合うように雌の大獅子が収められており、こちらは「お歯黒獅子」。江戸時代の既婚女性の姿が反映されており、その歯が「お歯黒」になっているのが特徴です。その大きさは、高さ2.2メートル・幅2.5メートル・総重量700キログラム。総漆塗り一木造で、紅色の肌地に金箔押しの巻き毛で、とても美しい姿をしています。

毎年6月10日に行われる「夏の大祭・つきじ獅子祭」の陰祭りでは、日曜日に「神社千貫宮神輿」・「天井大獅子(雄)」・「お歯黒獅子(雌)」のどれか一基が登場します。重さが2トンもある「お歯黒獅子」の担ぎ手が、女性限定なのはとても珍しい事!3年に一度の「本祭り」では、神社千貫宮神輿と雄雌どちらかの獅子二基が担がれ、神社から大通りまで道の両脇に縁日が立ち並び、とても賑わいます。

「七福神」が勢ぞろい!

「七福神」が勢ぞろい!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

波除神社の境内には「七福神」といわれる7柱の神様もお祀りされており、参拝すればするほど良いことがあります。神社では「七福神」の「七」にちなみ、毎月七日にそれぞれ1体のみ御神像の御開帳が行われます。

そして、その月に御開帳された神様の姿(絵)を入れたご朱印(有料)を手に入れ、七体のご朱印をすべて集めた方には、12月に行われる「摂社・弁財天大祭」で「神社特製の開運七福神記念品」がいただけます。また1枚でも手に入れていれば“正月に枕元にひくと良い初夢を見られる!とされる「宝船の絵」”がいただけます。

「七福神」の各ご利益は、「大黒天・五穀豊穣」、「恵比寿・商売繁昌」、「弁財天・学芸上達」、「毘沙門天・大願成就」 、「寿老人・無病息災 」、「福禄寿・諸行発展」、「布袋尊・家内安全」。手に入れたい御朱印はありませんか?

年間を通し、とにかくお振舞や特典が多い神社。

年間を通し、とにかくお振舞や特典が多い神社。

提供元:波徐神社

http://www.namiyoke.or.jp/地図を見る

こちらの神社の年中行事では、神様に供えられ霊が宿ったお酒などを頂ける“ふるまい”の機会が沢山あります。「1月1日午前0時」には縁起物の“干支のお守り”の配布があり、「1月1日元旦祭のお神酒(ふるまいは10日まで連日行われます)」・「1月7日五節句 七草神事の七草がゆ」・「7月最初の土曜 夏越しの大祓式の氷酒(白山氷室)」・「10月初旬のお初穂祭・重陽の節句の菊酒」・「11月23日新嘗祭どぶろく祭の濁り酒(幸穂)」など。祭事に合わせてふるまわれるものが変わるのも、通いたくなるポイントです。

このほかにも、2月3日の「節分祭」での豆まきやお菓子の散布。3月20日から27日までの期間で行われる「名残の雛神事」での雛人形などの展示。5月5日前後に行われる「五節句 端午の節句 」での手作り鯉のぼり体験など、家族みんなで参加できる行事も開催されます。

参拝前後には“築地探索とグルメ”が楽しめる!

「波除神社」は築地市場「場内」と「場外」をつなぐ場所に位置しており、参拝前後には“観光とグルメ”も楽しめます。アクセス方法は、地下鉄「日比谷線・築地駅」徒歩7分。または、地下鉄「都営大江戸線・築地市場前駅」徒歩5分。

特典いっぱいの年中行事などの詳細は、下記のMEMOにある「波除神社」のホームページに書かれています。無料で配布される「御神酒」や「プレゼント」などは数量限定だったりとその都度条件が変わりますので、ご利益にあやかりたい方はしっかりチェックしてお出かけくださいね!お勧めです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -