落書きが部屋を埋め尽くす!ドイツ・ハイデルベルクの見所紹介!

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

落書きが部屋を埋め尽くす!ドイツ・ハイデルベルクの見所紹介!

落書きが部屋を埋め尽くす!ドイツ・ハイデルベルクの見所紹介!

更新日:2018/07/30 11:11

吉野 友梨のプロフィール写真 吉野 友梨 トラベルライター

ハイデルベルクはドイツ最古の大学がある学生の街です。歴史を感じさせる街並みの一角に、悪さをした学生を収容した反省部屋、学生牢があります。その学生牢には学生たちが描いた落書きが所狭しとひしめいています。部屋の中は言うに及ばず、廊下、階段、踊り場と部屋からはみ出した学生のエネルギーに圧倒されてしまうことでしょう。その他にも悪さをした学生たちが通ったであろう学生酒場などもご紹介致します。

落書き、落書き、落書き・・・落書きが部屋を埋め尽くす!

落書き、落書き、落書き・・・落書きが部屋を埋め尽くす!

写真:吉野 友梨

地図を見る

大学広場に面して、大学博物館があり、そのすぐ裏手に学生牢があります。学生牢は1778年から1914年まで使用されていました。ハイデルベルクでは大学に自治権があったため、警察もおいそれとは、学生を逮捕できませんでした。殺人などの重犯罪の場合は警察が介入するのですが、泥酔した、喧嘩をしたなどの軽い罪は警察のご厄介になるかわりに、この学生牢に学生を収容していたのです。

この学生牢の名物は落書きです。学生牢のある建物に入り、階段を上っていくと、学生たちの書いた落書きが、所狭しと描かれているのを見ることができます。当時、流行だったシルエット風の落書きに、所属していた団名、名前、罪状・・・びっしり書き込まれています。

たかが落書き、されど落書き。落書きもここまで極めると、見事!というしかありません。部屋はさほど広くないのですが、部屋の中は言うに及ばず、階段から踊り場から、なぜこんなところにまで、というところにも落書きがあります。ありとあらゆるところを落書きが埋め尽くし、しかもカラーで、署名入りです。

この部屋を訪れる人は、その落書きの量の多さと、学生たちのエネルギーに圧倒されることでしょう。

学生牢に入るのは名誉の証!?

学生牢に入るのは名誉の証!?

写真:吉野 友梨

地図を見る

学生は悪さをすると学生牢に入れられることになっていたのですが、3日から4週間と入っている期間に幅がありました。しかし、牢に入れられても、昼間は授業に出ることができました。

この学生牢に入ることは学生にとって決して不名誉なことではなかったといいます。箔がついたくらいの感覚だったのかもしれません。牢に入れる方も入れられる方も罪状が軽犯罪である為、重くとらえてはいなかったようです。精緻な落書きを見ているとあまり反省しているふうではなく、むしろ名誉の入牢だと思っているふしがうかがえます。学生たちは部屋に『グランドホテル』や『王座の間』などの名前をつけていました。

もちろん今の学生はここには入ることはありません。現在では入場料金をとって、人気の観光名所のひとつとして公開されています。

学生気分で繰り出そう!「ツム・ローテン・オクセン」

学生気分で繰り出そう!「ツム・ローテン・オクセン」

提供元:Zum Roten Ochsen

http://www.roterochsen.de/pictures.html地図を見る

「ツム・ローテン・オクセン」というレストランは、ハイデルベルクのメインストリートであるハウプト通りにある店で、古い家具や調度品が置かれた1703年創業の学生酒場です。学生牢に入った学生たちもこの店で酔っ払って、街に繰り出し、騒いだのではないでしょうか。

この店は、留学中の王子と下宿で働く娘との悲恋を描いた戯曲『アルト・ハイデルベルク』の舞台にもなった酒場です。ドイツ料理とビールが楽しめますので、学生の街、ハイデルベルクの学生酒場の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

おわりに

ハイデルベルクは茶色の落ち着いた色合いが美しい街です。今回紹介した学生牢以外にも、アルテ=ブリュッケ(古い橋)というネッカー川に架かる橋や、町の歴史に関する展示や選帝侯時代の絵画や彫刻などの収集品が数多く収蔵されているプファルツ選帝侯博物館などもあります。ぜひ、一日かけてゆっくり街を散策してみて下さい。

別途、ハイデルベルク城の紹介もしています。関連MEMOに入れてありますので、よろしければそちらもご覧下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -