商店街の暮らしを満喫!池袋・椎名町のお宿と喫茶「シーナと一平」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

商店街の暮らしを満喫!池袋・椎名町のお宿と喫茶「シーナと一平」

商店街の暮らしを満喫!池袋・椎名町のお宿と喫茶「シーナと一平」

更新日:2016/11/07 17:31

成瀬 亜希子のプロフィール写真 成瀬 亜希子 ユニーク宿ライター

東京・池袋から徒歩圏内で、駅前にいくつもの商店街が広がる椎名町。東京観光の拠点にしやすいことから、実は外国人観光客にとっては人気のあるエリアなのです。そんな商店街にある昔ながらのとんかつ屋をリノベーションしたお宿と喫茶が「シーナと一平」。若き女将さんやスタッフの心温まるおもてなしと、ミシンカフェでのものづくりが特徴的な宿泊施設です。今回は椎名町の新たなスポット「シーナと一平」をご紹介します!

とんかつ屋?いえいえお宿と喫茶です

とんかつ屋?いえいえお宿と喫茶です

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

西武池袋線の椎名町駅近くには、個人商店が軒を連ねる「サミット通り商店街」があります。「とんかつ一平支店」は20年以上地元に愛されてきましたが、長らく空き家になっていました。そんな中リノベーションのチームや地元の人々が協力し、お宿と喫茶「シーナと一平」として復活。現在は椎名町の新たなスポットとして地元の人や観光客に親しまれています。

とんかつ屋の看板を残していますが、中はカフェのように見えるので「おや?」と立ち止まる人もいるかもしれません。築50年の木造建築のベースを活かした、おしゃれなカフェとラウンジの様子が見渡せますよ。チェックインでは「シーナと一平」の若き女将やスタッフが温かく出迎えてくれますので、ひとりで訪れても家に帰ってきたような安心感があります。

観光客から地元の人まで楽しめるラウンジ

観光客から地元の人まで楽しめるラウンジ

提供元:シーナと一平

http://sheenaandippei.com/地図を見る

ラウンジの壁一面には、いくつものカラフルな布が飾られており、その鮮やかさに目を奪われます!「シーナと一平」ではファブリックで世界とつながることをコンセプトとしており、世界のあらゆる布を展示したり、ミシンコーナーでものづくりを体験することができます。畳の上にはちゃぶ台と座布団が用意されているので、靴を脱いでのんびり寛げるのが良いですね。

同スペースのカフェではおいしいスイーツやドリンクを注文できます。椎名町の隣にある要町で評判の「珈琲豆 優」の豆を焙煎した「椎名町ブレンド」は絶品!飲食物の持ち込みOKなので、女将がおすすめする商店街の焼き鳥やコロッケを買って食べる人も。宿泊客だけでなく地元の人も立ち寄ることが多く、思わぬコミュニケーションが生まれることもあるようです。

ミシンのワークショップも開催

ミシンのワークショップも開催

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

こちらは「ミシンカフェ」としても知られており、土間のカウンターには数台のミシンが並んでいます。カフェのドリンク一杯でミシンを2時間使用できるサービスがあるので、外国人の観光客が興味を持って体験してみたり、地元の人がふらっと気軽に使用することも。またミシンのワークショップも開催されているので、参加者みんなでものづくりを楽しめますよ!

古民家を活かした温もりあふれる和室

古民家を活かした温もりあふれる和室

写真:成瀬 亜希子

地図を見る

客室は1階と2階の部屋を改装しており、元々あった照明や障子を活かした造りになっています。商店街に面した日当たりの良い「葵」、一番奥にあってとても静かな「藍」、ファブリックに桜が散りばめられた「桜」、落ち着いた雰囲気で過ごせる「萌黄」、洋室のドミトリーで2段ベッドがある「山吹」。一人から家族連れまで様々なシーンで利用することができます。

それぞれのテーマファブリックを見てから部屋を決めるのも良いですね。例えば「藍」の部屋では、コバルトブルーを基調とした柄のファブリックを使用しており程よくポップな雰囲気に。またカーテンには大きな紫陽花のようなデザインが施されています。晴れた日には自然光でふんわり浮かび上がってくるので、部屋で過ごす時も気分が明るくなりそうですね。

明るい雰囲気の男女混合ドミトリー

明るい雰囲気の男女混合ドミトリー

提供元:シーナと一平

http://sheenaandippei.com/地図を見る

外国人観光客やバックパッカーに人気があるのは、男女混合ドミトリーの「山吹」。2段ベッドを2つ用意しており、テーマファブリックも山吹を連想させる明るい黄色の生地を使用しています。部屋の奥には共有のシャワールーム、トイレ、ドライヤー、電子レンジ、冷蔵庫などがあって自由に使えますよ。古民家ですので音が漏れやすいのはご愛嬌です(笑)。

商店街の日常を体験できる「シーナと一平」

東京観光といえば有名なエリアを拠点にする人も多いですが、下町や商店街で過ごすというのもおもしろいですよね。外国人観光客にとっても日本のリアルな暮らしが体験できると注目されています。なにより女将さんやスタッフの温かいおもてなしに「泊まってよかった!」という声が多いそうです。あなたも「シーナと一平」で商店街の日常を体験してみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -