ドリンクバー付き!?空港直結の「コンフォートホテル中部国際空港」

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ドリンクバー付き!?空港直結の「コンフォートホテル中部国際空港」

ドリンクバー付き!?空港直結の「コンフォートホテル中部国際空港」

更新日:2016/10/24 19:19

羽田 さえのプロフィール写真 羽田 さえ 熊本在住ライター

早朝や深夜のフライトを利用する時や、日をまたぐ乗継ぎの場合に頼りになるのが空港近くのホテルです。今回ご紹介するのは、中部国際空港(セントレア)利用の前後泊に使いたい「コンフォートホテル中部国際空港」。空港直結の便利な立地に加え、比較的リーズナブルな料金で、快適な滞在ができると評判です。フライトの前後泊は、旅の始まり・終わりの、いわば特別な時間。そんな特別な時間を、ゆったり過ごせるホテルです。

空港直結!とにかく便利な立地

空港直結!とにかく便利な立地

写真:羽田 さえ

地図を見る

「コンフォートホテル中部国際空港」の一番の魅力は、何と言っても空港直結という立地の良さ。中部国際空港のアクセスターミナルからデッキを300メートルほど直進すると、ホテル2階への入口があります。フロントのある1階までは2基のエレベーターがあり、段差のないフラットなアプローチです。屋外に出る必要もないため、雨の日や夜遅くの到着でも安心。
名鉄の「中部国際空港駅」からも同様のアクセスが出来るほか、「津エアポートライン」の高速船乗り場も目の前です。

ウェルカムドリンクバー!?フロント脇に注目

ウェルカムドリンクバー!?フロント脇に注目

写真:羽田 さえ

地図を見る

宿泊者向けのちょっと嬉しいサービスが、フロントデスク脇にあるドリンクベンダー。ちょこんと置かれた中部国際空港のキャラクター「なぞの旅人フー」が目印です。

お茶、水、コーヒー、ジュースなどが揃っており、宿泊者はいつでも無料で利用可能。ウェルカムドリンクバーとして喉の渇きを潤して、ほっと一息つくことができますよ。また、フロント裏のコインランドリーを利用しながら、待ち時間に淹れたてのコーヒーをいただくなんていう使い方もできちゃいます。

大型スーツケースでも大丈夫!広々とした客室

大型スーツケースでも大丈夫!広々とした客室

写真:羽田 さえ

地図を見る

客室総数は全189室。写真は、ゆとりある163センチ幅のベッドを備えたクイーンスタンダードルームです。123センチ幅のベッドが3台のファミリールームも人気です。空港ターミナルや海など、さまざまな眺望の客室があるため、希望があればリクエストしてみましょう。
ゆったりした室内は、スタンダードルームでも20平米以上。海外旅行用の大きめのスーツケースを広げる余裕もありそうです。無料Wi-Fiも完備されており、フロントでパスワードを確認してから利用できます。

開放感たっぷりのフィットネスルーム

開放感たっぷりのフィットネスルーム

写真:羽田 さえ

地図を見る

あまり知られていませんが、このホテルの1階にはフィットネスルームがあり、宿泊者は自由に利用できます。
コンパクトな空間ながら、大きな窓からは自然光がさしこんで開放感たっぷり。庭の緑や海を眺めながら、ジェットセッター気分でワークアウトが楽しめます。ラン二ングマシーンやバイクのほか、女性に嬉しいヨガ用のマットレスも。長いフライトで固まりがちな体をほぐしたり、出張途中の気分転換に軽く運動したりと、様々なシーンで活用できそうです。

朝も夜も頼りになるレストラン

朝も夜も頼りになるレストラン

写真:羽田 さえ

地図を見る

朝食は1階のレストラン「スペリオーレ」で、宿泊者は無料でいただけます。添い寝で宿泊する子どもも無料でOK。炊き込みご飯やひじきの煮物など、海外旅行の前後に食べたくなる純和食から、シリアルにヨーグルト、たっぷりのフルーツなど女性に嬉しいメニューも充実。

このレストランは夜にも営業しており、ピザやパスタ、ワインなどを楽しめます。ラストオーダーは23時、閉店時刻は23時半。中部国際空港内の飲食店は22時頃に閉店してしまう店が多いため、宿泊先で食事ができるのはとても便利です。

おわりに

「コンフォートホテル中部国際空港」、いかがでしたか。
空港ターミナル直結の利便性に加え、過不足のないサービスがさりげなく行き届いた、居心地の良さも魅力です。中部国際空港(セントレア)を利用する際の前後泊に、ぜひおすすめしたいホテルです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/07−2016/10/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ