長良川河畔の「川原町」で買いたい!絶品・岐阜みやげ4選

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

長良川河畔の「川原町」で買いたい!絶品・岐阜みやげ4選

長良川河畔の「川原町」で買いたい!絶品・岐阜みやげ4選

更新日:2016/10/26 11:34

政田 マリのプロフィール写真 政田 マリ 仏像ナビゲーター

金華山の山頂にある岐阜城、日本三大仏のひとつと言われる正法寺岐阜大仏、長良川の鵜飼いなど、見どころの多い岐阜。岐阜のお土産は、岐阜らしい風情ある町並みを散策しながら、ご当地ならではの一品を選びたいものです。そんな時には金華山の麓、長良川河畔の「川原町」がオススメです。個性的なお店が建ち並ぶ「川原町」エリアでお土産に購入したい岐阜らしい逸品を4種ご紹介します。

格子戸がレトロ感を醸し出す川原町

格子戸がレトロ感を醸し出す川原町

写真:政田 マリ

地図を見る

長良橋南詰、鵜飼観覧船のりばから西は格子戸の古い街並みが今も残る「川原町」エリア。岐阜城へ上がるロープウェイ乗り場からも近く、「うなぎの寝床」と言われる奥行きの長い昔ながらの日本家屋が軒を連ねる風情ある散策スポットとして観光客に人気があります。

ここは昔、長良川の川港として栄えた場所で、たくさんのお店が軒を連ねていました。現在でも、往年の栄華を語るレトロな雰囲気のお店が営業していて、岐阜提灯、岐阜うちわ、鮎菓子など、岐阜ならではの商品に出会えます。毎年5月中旬から10月中旬の「ぎふ長良川鵜飼」の期間には多くの観覧客で賑わいますが、鵜飼観覧前の散策にもおすすめですよ。

女性へのお土産に!鵜飼茶屋しゃぐの「一口ういろ」

女性へのお土産に!鵜飼茶屋しゃぐの「一口ういろ」

写真:政田 マリ

地図を見る

長良川鵜飼観覧船乗り場の待合室横にある「鵜飼茶屋しゃぐ」で販売されているのは「長良ういろ」です。もちもちとした食感で、シンプルな米粉の味が楽しめる白ういろから、よもぎういろ、桃ういろといった季節限定のういろまで常時10種類以上の味を取り揃えています。

たっぷり味わえる一本サイズがお得ですが、たくさんの味を少しずつ楽しみたいという方に人気なのが「一口ういろ(写真)」です。お手頃な5個入りからたっぷり楽しめる20個入りまで様々な数と味のバリエーションがあり、選ぶのも楽しい!カラフルで見た目が可愛いので女性へのお土産にピッタリです。

シンプルレトロな「鵜飼そえぶみ箋」

シンプルレトロな「鵜飼そえぶみ箋」

写真:政田 マリ

地図を見る

「長良川デパート 湊町店」は、長良川で生まれ育った選りすぐりの品々を取り揃えています。デパートというネーミングですが百貨店のような大きな店舗ではなく、格子戸をくぐるとコンパクトな空間に商品がずらっと、右手一段上がったところにレジがあるという町屋のつくりを生かしたお店です。

そこでシンプルながらあまりの可愛らしさに思わず手に取ってしまうのが「そえぶみ箋」シリーズ。岐阜の美濃和紙を使って、岐阜らしいイラストが添えられた一筆箋30枚と無地のミニ封筒5枚がセットになっています。もちろん鵜飼のイラスト入りのものもあり、かがり火に照らされ鮎を一飲みしようとしたり、鮎を探しに川に飛び込みお尻を浮き上がらせたりする鵜がシンプルに可愛らしくプリントされています。メモのラインも手描きの柔らかい線なのでレトロ感もあり、年輩の方にも喜ばれそうな商品です。

シュワッと爽やかな甘さが広がる「長良川サイダー」

シュワッと爽やかな甘さが広がる「長良川サイダー」

写真:政田 マリ

地図を見る

「そえぶみ箋」と同じ「長良川デパート 湊町店」で冷え冷えで販売されているのが「長良川サイダー」。名水百選の長良川、鏡岩水源地で汲み上げられた天然水を使い、爽やかな甘さで後味すっきり!とても飲みやすいサイダーです。その場で飲んでもいいですし、瓶のラベルデザインも素敵なので持ち帰りにしてもいいですね。また、このサイダーの売り上げの一部は長良川の水源の森を守る活動に使われるそうですよ。

老舗・玉井屋本舗の「登り鮎」は老若男女にウケがいい!

老舗・玉井屋本舗の「登り鮎」は老若男女にウケがいい!

写真:政田 マリ

地図を見る

明治41年創業の「玉井屋本舗」で名物として人気があるお菓子が「登り鮎」です。鮎をかたどったしっとり柔らかいカステラ生地に求肥が優しく包まれている逸品で、子供から大人まで誰に贈っても間違いなく喜ばれるお土産です。

一つから買い求めることができ、化粧箱は7個入りから用意されています。化粧箱以外にもモロブタ(杉製器)入りのものもあります。モロブタとは鵜飼で吐かせた鮎を受ける道具で杉の器に国産葦のスダレを掛けてあります。特別な方へはこちらがおすすめですよ。

立地、眺め、品揃えともに二重丸な「川原町」

今回ご紹介した「川原町」は前述した岐阜の代表的な観光スポットから徒歩圏内で、さらに川沿いの風情ある格子戸の町並みをゆっくり散策しながら、岐阜ならではの名品に出会えます。

ご紹介した以外にも、伝統工芸の岐阜うちわのお店では制作風景が見られますし、鮎製品の専門店やオシャレなカフェ、料亭、温泉の湧く「手湯」スペースなどもあります。JR・名鉄「岐阜駅」から長良橋方面のバスに乗って15分、「岐阜公園・歴史博物館前」のバス停を降りて北へ1分。たっぷり時間を使ってレトロな町並みを着物で散策するのも良さそうですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/10−2016/09/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ