簡単・感動・納得!文豪も観た、神奈川「根府川ハイキング」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

簡単・感動・納得!文豪も観た、神奈川「根府川ハイキング」

簡単・感動・納得!文豪も観た、神奈川「根府川ハイキング」

更新日:2016/10/27 10:12

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

神奈川県にある根府川は、芥川龍之介が随筆した「トロッコ」の舞台にもなった場所。そしてJR根府川駅は関東の駅百選になっている海を眺められる素敵なところです。ここを起点に様々な史跡や景観とともに、江の浦海岸までのハイキングコースが整備されています。「トロッコ」の主人公が眺めただろう海原沿いの2時間は、すがすがしく誰もが散策できるルートです。記事内では根府川・江の浦ハイキングを動画でも紹介しています。

関東の駅百選のJR根府川駅!プラットホームから雄大な相模湾が眼前に

関東の駅百選のJR根府川駅!プラットホームから雄大な相模湾が眼前に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

小田原市にあるJR根府川駅は海沿いの無人駅。大海原を後ろにのどかな風情が広がるところです。この近くにある「神奈川の橋100選」の赤い鉄橋は鉄道ファンなら知る人ぞ知る撮影ポイントで、関東大震災時に橋脚もろとも海に崩壊した経緯があります。そして海中の残骸を探索できる澄んだ海が首都圏のダイビングポイントとしても有名です。

このJR根府川駅から「潮騒の駅根府川・江の浦漁港コース」と銘打ったハイキングコースが整備され、全行程約2時間足らずの手軽なアウトドアが行えます。歩きやすい舗装路なうえに、変化にとんだ7.6km2時間の景観はあっという間に時を過ぎさせてくれます。

画像:JR根府川駅からの海の眺め

文豪の綴った情景をその足で!みかんの花咲く丘を越えていくハイキング

文豪の綴った情景をその足で!みかんの花咲く丘を越えていくハイキング

写真:佐久田 隆司

地図を見る

根府川は文豪・芥川龍之介の短編の舞台になった場所で、ここから熱海までの豆相人車鉄道(ずそうじんしゃてつどう)にまつわる様子や主人公の情感が「トロッコ」にて叙情的につづられています。ハイキングコースの途中から分岐した「離れの宿星ヶ山」には、豆相人鉄道の復元車両もあり文学好きな方にも興味的です。明治時代の文豪の琴線に触れた情景を堪能できるでしょう。

コースの後半はみかん畑を縫うように進んでいきますが、唱歌「みかんの花咲く丘」がこの付近を通過する車窓から生み出されただけあって、春には白いミカンの花が咲き、晩秋はみかんの実が付近の山を埋め尽くします。

※豆相人車鉄道=東海道線以前に海岸沿いを人力で押して下った人車軌道のこと

潮騒の駅根府川・江の浦漁港ハイキングを動画で紹介

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ハイキングの見学スポットは沢山あります。日本武尊(やまとたける)を祀る寺山神社、関東大震災時に付近が崩壊したにもかかわらず存続した霊験あらたかな「釈迦堂」、神奈川で箱根関所の次にランク付けされた「根府川関所跡」、「豆相人車鉄道駅跡」、豊臣秀吉と千利休にゆかりのある「天正庵跡」など、江の浦漁港までに沢山用意されています。

江の浦海岸付近は東洋のリビエラといわれる美しい海岸線で、ハイキングコースは江の浦漁港を目指しながら下っていきます。コース終盤にはお土産屋やみかん農園直売所などの物産販売もあり、また海鮮飲食店も数多くあります。

ここでは「潮騒の駅・江の浦漁港ハイキング」を4K動画に収録しました。ぜひご覧ください。
※スマホや環境の整っていないPC等では、画質を1080,720などに落としてご覧ください

壮大なムーンライトセレナーデ!満月の夜は海辺でロマンティックに

壮大なムーンライトセレナーデ!満月の夜は海辺でロマンティックに

写真:佐久田 隆司

地図を見る

根府川の海岸は満月になると海のど真ん中に大きな光の道を造ります。とくに「なみのこ村」から「真鶴パーキング」までの海岸線には、多くの方が満月を眺めにやってきます。月光はロマンティックで壮大な自然のプレゼント!年に幾度かしかないチャンスをぜひともその目で確かめてみては?

なみのこ村からJR根府川駅までは徒歩で10分ほどなので、根府川に宿泊する際は月見表などで確認しておくのがいいでしょう。さざ波に揺れる月の光は岸まで届くほどの長さで、満月が高い位置に達するまで鑑賞できます。

近隣の宿泊施設は大型ホテルからログハウスまであるので、ハイキングのあとにする宿泊パターンもお勧めです。

潮騒と歴史とアウトドア!手軽な2時間ハイキングで簡単・感動・納得を

首都圏でも珍しい無人駅のJR根府川駅からの道。そこにある情景は明治時代から続く感動と納得を呼び起こします。たった2時間足らずで手に入れる思い出を、かつての文豪と共有できる楽しみも。日帰りでも宿泊でも満足できる根府川であなたも記憶に残る情景を焼き付けてみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -