2万匹の甲虫が全身を覆い尽くす!群馬県「昆虫千手観音」の昆虫曼荼羅の世界

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

2万匹の甲虫が全身を覆い尽くす!群馬県「昆虫千手観音」の昆虫曼荼羅の世界

2万匹の甲虫が全身を覆い尽くす!群馬県「昆虫千手観音」の昆虫曼荼羅の世界

更新日:2016/10/23 19:37

フジイ サナエのプロフィール写真 フジイ サナエ 温泉ブロガー

見る角度によって色合いを変え光り輝くコガネムシやタマムシの羽は、その美しさから古くより様々な調度品の装飾に用いられてきました。そんな甲虫の美しさに魅了された現代の男性が、一人作り上げた壮大な昆虫の芸術品が、群馬県のとある公民館にひっそりと展示されています。今回ご紹介するのは、板倉町中央公民館「昆虫千手観音」です。

館林インターから15分、渡良瀬遊水地に近い板倉町中央公民館

館林インターから15分、渡良瀬遊水地に近い板倉町中央公民館

写真:フジイ サナエ

地図を見る

渡良瀬遊水地に隣接する群馬県「板倉町中央公民館」は、東北自動車道館林インターチェンジから車で15分ほどの場所にある、3階建の建物にイベントホールや会議室などが設けられた総合施設です。

中央公民館はエレベーターで2階に上がった場所が吹き抜けのロビーになっていて、その一画に地元出身の芸術家の方々が寄贈した絵画や彫刻作品がたくさん並んでいるスペースがあります。その中に、高さ180cmはあろうかという大きなガラスケースが。

製作期間6年の超大作「昆虫千手観音」

製作期間6年の超大作「昆虫千手観音」

写真:フジイ サナエ

地図を見る

ガラスケースの中に展示されているのが「昆虫千手観音」。像の装飾にはカナブンやタマムシの他カブトムシ・オニムシ・カナムシ・カミキリムシなど約2万匹が用いられており、制作期間は約6年という大作です。

高度な技術で標本にされた虫たちはまるで生きているよう

高度な技術で標本にされた虫たちはまるで生きているよう

写真:フジイ サナエ

地図を見る

昆虫は像のパーツごとに大きさを揃えて隙間なく敷き詰められており、作者の几帳面な性格やこだわりの強さがにじみ出しています。

この像を作ったのは、板倉町に住む昆虫採集が趣味の稲村さんという一般男性。長年昆虫の標本を作って来られただけのことはあり、昆虫はどれも今にも動き出しそうな生き生きとした状態が保たれています。

無数の手のように背後から生えているクワガタムシの頭部!

無数の手のように背後から生えているクワガタムシの頭部!

写真:フジイ サナエ

地図を見る

昆虫千手観音は唐招提寺金堂の千手観音像をモデルに作られており、体の正面で印を結ぶ四本の手と、背後に放射状に並ぶ数十本の腕、その隙間にびっしりと小さな手のような物体が背後を埋め尽くしていますが、これは千手観音の手を表現したクワガタムシの頭部です。カナブンとタマムシの緑色が基調の像の中で、クワガタの赤茶色の甲羅が赤い炎のように鮮やかなコントラストを生んでいます。

台座の隅まで手を抜かない!作者のこだわりが溢れる芸術的造形

台座の隅まで手を抜かない!作者のこだわりが溢れる芸術的造形

写真:フジイ サナエ

地図を見る

稲村さんが昆虫千手観音を作り始めたきっかけは、お孫さんが捕まえてきた虫がすぐ死んでしまうので、供養のために仏像の形にして残そうと思ったことが始まりだったそうです。次第に像の制作にのめり込むようになり、遠くまで虫を探しに行くようになった稲村さんでしたが、やはり仏像制作という名目で命ある虫に注射を打つ瞬間は罪悪感にさいなまれ、何度も制作を断念しようと思ったといいます。

無数の小さな命で構成された千手観音像は、台座の隅に至るまで決して手を抜くこと無くこだわり抜いて作られ、ただの珍品としてではなく芸術作品としての完成度の高さで見る人の心を掴んで離しません。

さいごに

群馬県板倉町中央公民館の昆虫千手観音、いかがだったでしょうか。虫好きな方もそうでない方も、その造形美に圧倒されることと思います。渡良瀬遊水地からも近いので、散策の際にはぜひ立ち寄ってみていただきたい隠れスポットです。

中央公民館の休館日は毎週月曜日と祝日、年末年始。開館時間は午前8時30分から午後5時15分です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ