台北旅行の拠点は『食べる・買う・観る』が揃う便利な西門町がおすすめ

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台北旅行の拠点は『食べる・買う・観る』が揃う便利な西門町がおすすめ

台北旅行の拠点は『食べる・買う・観る』が揃う便利な西門町がおすすめ

更新日:2018/07/23 15:28

MISAKI IIDAのプロフィール写真 MISAKI IIDA 学芸員資格

西門町は台北の中心・台北駅より地下鉄でわずか1駅の街。ファッションビルや商業施設が集まっており、若者に人気のショッピングエリアです。その町の様子から台北の原宿と呼ばれています。夜遅くまで多くの人で賑わう西門町は、一人旅・女子旅の宿泊場所にもおすすめ。オプショナルツアーの集合前や、帰りの空港へ向かうまでのわずかな時間を利用して出来る、西門町の『食べる・買う・観る』をご紹介いたします。

旅の困り事を西門町で解決しよう

旅の困り事を西門町で解決しよう

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

西門町は多くの若者が集まる活気溢れる街。漢中街は歩行者天国になっており、たくさんのお店が軒を連ねています。西門町では若者文化を知るだけではなく、旅行中の困り事を解消するのにも便利な街です。

例えば旅行中、九份へ行ったけれど、街の天候と違い、予想以上の暴風・大雨で1着しか持ってこなかった上着・1足しか持ってこなかった靴が翌日までに乾かない程濡れてしまった時。
西門町の店舗は夜九時過ぎまで開いていますので、夜の九份の帰りに新しい靴を購入でき、翌日の観光も安心して周ることが出来ます。駅前には、ドラッグストアもありますので、予想以上に夜市のおいしい香りが衣類についた時、消臭剤を購入することも出来ます。また多くのマッサージ屋さんがありますので、観光で一日歩き、疲れた時にはホテルに戻る前にぜひお立ち寄りください。

フワフワのかき氷

フワフワのかき氷

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

台湾に訪れたら、一度は食べてみたいかき氷。口に入れた瞬間に雪のように溶けるフワフワのかき氷に、これでもかという程のフルーツがのっています。台湾のかき氷には、日本のようなシャリシャリのものと、フワフワのかき氷の2種類があります。フワフワのかき氷にはメニューに『雪』という文字が入っています。

西門町には、現地の学生に人気のかき氷屋さん『幸春三兄妹』があります。西門駅より漢中街をまっすぐ進み、10分弱のところに位置しており、1階と地下に席がありますので、観光で歩き疲れたらここで休憩してはいかがでしょうか。1つ140元のかき氷は大人2人で分けても十分なボリュームです。

しっかり食事したい時にオススメ!焼肉・火鍋の食べ放題

しっかり食事したい時にオススメ!焼肉・火鍋の食べ放題

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

小籠包、胡椒餅、かき氷や牛肉麺、様々な台湾料理を堪能したけれど、1食くらいはしっかりと食事をとりたい方にもおすすめのお店が西門町にはあります。西門駅より徒歩5分ほど、西寧南路に面する『熊一』では、焼肉と火鍋が食べ放題!!その他にもフレッシュな生野菜、カレー、うどん、フルーツにハーゲンダッツも食べ放題です。さらにうれしいことにソフトドリンクだけではなく、台湾ビールも飲み放題です。テーブルでオーダーシートに希望のお肉や具材を選ぶと、テーブルまで運んでくれます。

アメリカンヒーローがデザインされた店内はポップでカジュアルな雰囲気。旅行客だけでなく、台北の方も多く来店され、賑わっています。朝は11時開店、夜は深夜3時まで営業しているので、LCCで夜遅く台北についても、利用できるのが嬉しい点。柔らかくジューシーなお肉、身体の芯まで暖まる火鍋と台湾ビールを心ゆくまで味わってみてください。

街のパン屋さんに寄ってみよう

街のパン屋さんに寄ってみよう

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

旅行中に少しの時間が出来た時には、コンビニやパン屋に立ち寄ってみるのがおススメです。日本の店舗との比較ができ、観光地とは違った、生活の中で見える文化の違いが感じられます。

西門駅より成都路の道沿いに『世運食品』というパン屋さんがあります。世運食品にはパンだけでなく、ごま団子、春巻き、中華風蒸し菓子やチマキ、台湾の煮込み料理など、日本のパン屋さんにはないような商品が並んでいます。気になる商品を購入して、ホテルでゆっくり食べてみてはいかがでしょうか。こちらの世運食品にはパイナップルケーキも取り扱っており、お土産が足りなかった時などにとっても便利です。

西門町のシンボル『西門紅楼』

西門町のシンボル『西門紅楼』

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

西門町で『観る』と言えば、西門紅楼。西門駅1番出口すぐのところに位置しています。西門紅楼は、台湾で初めて政府が建設した市場で、100年以上の歴史を持ちます。西洋的な赤レンガと八角形の印象的な建物ですが、当時、台湾総督府建築科を担当していた日本人建築家、近藤十郎氏によるものです。

西門紅楼は外観を楽しむだけでなく、現在は若手デザイナーの工房およびショップやカフェが入っており、新たな文化の発信地として注目されています。こちらのショップでは『台湾』をイメージした商品もあり、ここでしか買う事ができないお土産に巡り合うかもしれません。開館時間は11時からですが、夜は21時すぎまで入る事ができますので、観光後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回ご紹介したグルメの他、士林夜市で人気の堪えない巨大チキン・豪大大雞排(HOT-STAR)や小腹を満たしてくれるB級グルメの阿宗麺線など一度食べてみたいお店がたくさんあります。

また西門駅は、漢方や干物で有名な迪化街のある北門駅、台北最古の歴史を持つ龍山寺のある龍山寺駅へわずか一駅ですが、周辺のローカルな雰囲気との違いも驚く点です。旅の中での困り事、宿泊地の検討の際は、ぜひご参考にして下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/08−2016/10/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -