絢爛豪華さにウットリ〜!独・ミュンヘンの「レジデンツ」は観光の目玉

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絢爛豪華さにウットリ〜!独・ミュンヘンの「レジデンツ」は観光の目玉

絢爛豪華さにウットリ〜!独・ミュンヘンの「レジデンツ」は観光の目玉

更新日:2016/10/27 09:12

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

ドイツ南部バイエルン州都のミュンヘンは、ドイツ第3の大都市。12世紀頃から発展し始め、交通の要衝地として商業で繁栄し、王家の宮殿が置かれて華やかな宮廷文化が花開いた町です。多くの博物館や大学が創立され「イザール河畔のアテネ」とも称されるほど!今ではビールの本場としてビアホールが何軒も軒を並べる賑やかな町。

今回は、このミュンヘンで観光の目玉、絢爛豪華な宮殿「レジデンツ」をたっぷりご紹介します。

バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の本宮殿「レジデンツ」

バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の本宮殿「レジデンツ」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ドイツ第3の大都市ミュンヘンは、ビールの本場として観光客が集まり、ドイツ最大の仕掛け時計グロッケンシュピールが人気の的。その仕掛け時計のある新市庁舎から北に延びる通りを進むと、神殿風のバイエルン州立歌劇場が面し、中央にヨゼフ1世像のたつヨゼフ広場に出ます。この広場に面して建つもう一つの横に広がる建物が、今回ご紹介するレジデンツです。

レジデンツは、5世紀に渡ってバイエルン王家として君臨したヴィッテルスバッハ家の本宮殿で、ルネサンス、ロココ、バロック、新古典主義といった各様式が混在するという特徴をもっています。外観そのものは、写真で見る通りシンプルな造りですが、内装は洗練された豪華な装飾で溢れています。

家具も宝物?絢爛豪華な部屋がズラリ!

家具も宝物?絢爛豪華な部屋がズラリ!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

現在、レジデンツ内部は「レジデンツ博物館」と「レジデンツ宝物館」として公開されています。先ずは博物館の方に入ってみましょう。

博物館内では数々の部屋や広間がズラリと並んでいます。どの部屋の装飾にも金細工が施され、絢爛豪華そのもの。壁や天井の至るところに絵画や大きなゴブラン織りのタペストリーが飾られており、宝物レベルの高価な家具や装飾品もあちこちに展示されて、目を瞠るばかりの部屋が続きます。部屋ごとに基調となる色があり、赤・青・緑などが白地と金色の装飾にマッチし、壮麗な眺め。豪華なシャンデリアがぶら下がり、鏡を多用した部屋は目が眩むほど。足元にも目をやると美しい模様が広がっています。

宝物館には、王家の宝物がオンパレード!

宝物館には、王家の宝物がオンパレード!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

一方、宝物館の方に入ってみると、こちらにも目が釘付けになるような貴重な宝物がどっさり展示されています。

以前は宝物館のチケットにも印刷されていた「聖ゲオルグの彫像」は金色に光り輝いて目を惹く一品ですが、どれもこれも素晴らしい宝物ばかり。金製の時計や王冠、装飾品、食器に、宝石がちりばめられた家具、透かし彫りの入ったガラス製の置物などなど、ズラリと並ぶ様は夢の世界のよう。ダイヤやルビーにエメラルド、サファイヤ、パールなどなど、様々な宝石をちりばめた高価な王冠や剣、王家に縁のある貴重な宝物がいくつもの部屋に分けて展示されています。

華麗なドーム「アンティクヴァリウム」

華麗なドーム「アンティクヴァリウム」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

レジデンツ見学の最大の見所「アンティクヴァリウム(考古館)」は、16世紀のアルプレヒト5世時代に建てられたもので、現存するレジデンツの中では最古と言える部分です。奥行きは69メートルもあり、壁面の上部からルネサンス様式のドームのような丸みを帯びた天井にかけて、見事なフレスコ画が一面に描かれています。

又、左右の壁面には、アルプレヒト5世が収集した古代ギリシャ・ローマ時代の彫刻がずらりと並び、その数と眺めは壮大なもの。ただし、半分近くは考古学上の本物ではなく、イタリアで作られたルネッサンス時代の模造品であるともいわれています。それにしても、これだけの収集は他に類を見ないもの。見るだけの価値は大ありです。

王家の肖像画がズラリ!「祖先画ギャラリー」

王家の肖像画がズラリ!「祖先画ギャラリー」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

出入り口付近に延びる長い廊下は、「祖先画ギャラリー」と呼ばれる部分。ヴィッテルスバッハ家の王と一族の肖像画が121枚展示されている煌びやかな回廊となっています。白地に金細工が額縁となる肖像画がこれほどたくさん並ぶと、壮大な眺めで絢爛豪華!窓から入る光が優しく肖像画の人物を照らしています。

幸運が訪れるライオン像も

レジデンツは、館内そのものが素晴らしい見所で時間をかけてゆっくり見学していただきたい所です。絢爛豪華な館内を堪能したら、お時間に余裕のある方は、奥に広がる庭園で緑に癒されてくださいね。またレジデンツ内にはクヴィリエ劇場(旧王宮劇場)もありますので、興味のある方はこちらにも足を運んでみて下さい。

なお、レジデンツ通りに面したレジデンツの入口には盾を持ったライオンの像があります。この像の盾の部分を触ると幸運が訪れると言われていますので、こちらもお忘れなく!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ