心身リフレッシュ!「高野山奥の院」の有名なお地蔵様4選

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

心身リフレッシュ!「高野山奥の院」の有名なお地蔵様4選

心身リフレッシュ!「高野山奥の院」の有名なお地蔵様4選

更新日:2016/11/02 18:14

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

日本有数の霊場、高野山奥の院。沢山のお墓が有名ですが、沢山のお地蔵様にも出会えます。人々の苦悩を一身に背負い、人々を救済し旅を続けておられるお地蔵様。長い年月、参拝者を見守ってこられた静謐で優しいお姿にホッコリ癒されますよ。
今回は、中でも特に有名な4ヶ所のお地蔵様「水向い地蔵」「汗かき地蔵」「仲良し地蔵」「お化粧地蔵」に焦点を当てます。優しい気持ちになって心身共にリフレッシュしてください。

お地蔵様とはどんな仏様?

お地蔵様とはどんな仏様?

写真:高橋 樂

地図を見る

20万基とも言われる墓石群のある高野山奥の院。その参道を通ると、墓石の間そこかしこで、赤い帽子を被りよだれ掛けをした、苔むすお地蔵様たちと出会えます。
長い年月風雪に耐え、あまたの参拝者の祈りに耳を傾けてこられたそのお姿は、あくまでひっそりと、でも、どことなく温かい雰囲気に包まれています。

お地蔵様の正式名称は、地蔵菩薩。本来は、仏の身でありながら「一斉衆生済度の請願を果たさずば、我、菩薩界に戻らじ(この世で苦しんいる人の救済が終わらない限りは、菩薩界には戻らない)」と誓いを立て、苦しんでいる人々や、親より先に亡くなった子どもの魂を救いながら旅を続けていると言われています。

民間信仰におけるお地蔵様は、主に、子どもの守り神や亡くなった子どもの魂の救済者、または道祖神として祀られてきました。魔除けの色とされる赤の帽子やよだれ掛けをつけているのはそのためです。
今回は、高野山奥の院で、特に有名なお地蔵様4選をご紹介していきましょう。

背負って頂いた苦しみを洗い流す場所「水向け地蔵」

背負って頂いた苦しみを洗い流す場所「水向け地蔵」

写真:高橋 樂

地図を見る

参道最終地点、弘法大師御廟橋手前、すぐ右手に沢山のお地蔵様が並んでいらっしゃいます。こちらは「水向け地蔵」。御廟橋を渡る前に、こちらのお地蔵様に水をかけてお参りします。

では、なぜを水をかけるのでしょうか。
それは、参道半ば、中の橋のたもとにある「汗かき地蔵」(次項紹介)で、お地蔵様に自分が吐露した穢れ・苦しみや罪を背負って頂き、こちらの「水向け地蔵」では、背負って頂いた穢れや苦しみを、水をかけて汗と一緒に流させて頂くという一連の意味があるからだそうです。

水をかけていると、「重いものを背負って頂いてありがとうございました」という感謝の気持ちが自然と湧いてきて、心が穏やかになっていくのを感じますね。これで弘法大師御廟にお参りするための心の準備が整います。

汗をかきながら人々の苦しみの身代わりとなる「汗かき地蔵」

汗をかきながら人々の苦しみの身代わりとなる「汗かき地蔵」

写真:高橋 樂

地図を見る

中の橋のたもとにある「汗かき地蔵」は、人々の苦しみや穢れ・罪を一身に背負って、汗をかきながら身代わりとなってくださっていると言われるお地蔵様です。それぞれの胸につっかえている思い・苦しみをお地蔵様にしっかりと聞いてもらいましょう。なんだか気持ちがスッとしますよ。

このお堂の右側には「姿見の井戸」があります。井戸を覗いて、自分の顔が映らなければ三年以内に死ぬのだとか…。勇気のある方は、覗いてみてください。

奥の院は24時間参拝可能です。燈籠の灯を頼りに歩く参道は、昼間よりぐっと神秘的ですよ。お勧めは、宿坊・恵光院主催の、資格ガイドと歩く「高野山奥之院ナイトツアー」。【関連MEMO】のリンク「神秘の闇を歩く!恵光院『高野山奥之院ナイトツアー』で夜参り」をご参考ください。

ほっこり癒される、可愛い「仲良し地蔵」

ほっこり癒される、可愛い「仲良し地蔵」

写真:高橋 樂

地図を見る

高野山奥の院には、ユニークなお地蔵様もいらっしゃいます。
その一体、いや二体が、「仲良し地蔵」です。何とも可愛らしい風情ですね。「仲良きことは美しきかな(武者小路実篤)」の名言を彷彿します。

この世は争い事が絶えませんが、こちらのお地蔵様は「仲良しがいかに美しい姿か」を身を持って示されています。参拝者は、身近な人との関係を振り返るきっかけとなったり、世界平和への気持ちまでも深まるのではないでしょうか。ホッコリと心温まるお地蔵様ですね。

お化粧すると美人になる!?「お化粧地蔵」

お化粧すると美人になる!?「お化粧地蔵」

写真:高橋 樂

地図を見る

数ある高野山のお地蔵様の中でも、一際異彩を放っているのはこちらの「お化粧地蔵」。
このお地蔵様には、お化粧をして差し上げると美人になれるという謂れがあり、美人になりたい参拝者からは次々とお化粧が施されます。舞台メイクの如く、ハイライトにノーズシャドー、眉毛も綺麗に描かれて、一瞬ギョッとするほどの派手なお顔になっています。

しかし、濃い化粧であればあるほど、通常のお地蔵様とギャップがあればあるほどに、「人々の苦悩を身を持って受けてくださっていんだ」という感謝の思いも湧いてくるのが不思議です。
より美しくなりたい方、ご自身の化粧道具を取り出して、お化粧させて頂いてはいかがでしょうか?

まとめ

この世から苦しむ人々がいなくなるまで救済を続けると固く誓われた地蔵菩薩様。弱者の強い味方ですね。
高野山には沢山のお地蔵様がいらっしゃいます。今回は特に有名なお地蔵様をご紹介しました。この記事を読まれた方の高野山参拝が、より意義深いものになれば幸いです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/11−2016/09/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -