クーポラビューのテラス席で最高の朝食を!フィレンツェ「ホテル ローラス アル デュオモ」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

クーポラビューのテラス席で最高の朝食を!フィレンツェ「ホテル ローラス アル デュオモ」

クーポラビューのテラス席で最高の朝食を!フィレンツェ「ホテル ローラス アル デュオモ」

更新日:2016/10/31 09:48

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家

イタリア・フィレンツェで宿泊するなら、絶対!「ホテル ローラス アル デュオモ」。大聖堂ドゥオモの八角形のクーポラが、目の前に広がるテラスの特等席で、イタリアの美味しい朝食を。街の中心地だから、ジェラートやバール、革製品のお店もたくさん。クーポラや、ジョットの鐘桜に上る険しい階段も、手ぶらで楽々。朝一番なら、ウッフィッツィ美術館の行列も少なめ。フィレンツェを満喫する、旅の本拠地にぴったりです。

フィレンツェのシンボル・ドゥオモ広場から徒歩1分

フィレンツェのシンボル・ドゥオモ広場から徒歩1分

写真:花村 桂子

地図を見る

イタリア・トスカーナ地方、フィレンツェは、ルネッサンスの華やかな雰囲気を今に残す、美しい街。世界遺産ドゥオモ広場や、ヴェッキオ橋、ウッフィッツィ美術館など、見どころいっぱいの小さな街には、世界中から観光客がやって来ます。

「ホテル ローラス アル デュオモ(Hotel Laurus al Duomo)」は、フィレンツェのシンボル「ドゥオモ広場」から、徒歩1分。旧市街の中心なので、周辺にはお店がいっぱい。バッグや靴など、特産の革製品。おいしいジェラートやチョコレートショップ、バールやレストランも、よりどりみどり。バールは、カフェやお酒、軽食の店で、レストランより気軽に入れます。夜中11時でも観光客が歩いている、治安のよさも安心です。

ドゥオモ・クーポラビューのテラス席で、最高の朝食を

ドゥオモ・クーポラビューのテラス席で、最高の朝食を

写真:花村 桂子

地図を見る

「ホテル ローラス アル デュオモ」一番のオススメポイントは、6Fレストラン「Vista Wine Bar」。テラス席は「花の聖母の大聖堂」と呼ばれるドゥオモの、八角形のクーポラが目の前に広がる特等席!暖かなオレンジ色の屋根が美しく並ぶ、フィレンツェの素晴らしいパノラマビューを堪能あれ。

もしも、テラス席へ続く扉が閉まっていたら、「I’d like a table outside.」と伝えればOK。ナイスガイな給仕が、笑顔で扉を開けてくれますよ。

イタリアの美味しい!フル・ブレックファースト

イタリアの美味しい!フル・ブレックファースト

写真:花村 桂子

地図を見る

朝食は、フル・ブレックファーストのブッフェスタイル。イタリアの美味しいハムやチーズ、あたたかいベーコン、卵料理。生野菜にヨーグルト。クロワッサンや甘いペストリー。薄切り食パンは、備え付けのオーブンでトーストして召し上がれ。ケーキやタルトなど、イタリアン・ドルチェも、てんこ盛り!

コーヒー・紅茶は、給仕が1杯ずつサーブしてくれるのが嬉しい。コーヒーは、カフェ(日本でいうエスプレッソ)、カプチーノ、アメリカーノからお好みで。もちろん、おかわりも自由です。

シックでクラシカルな客室でゆっくり過ごす

シックでクラシカルな客室でゆっくり過ごす

写真:花村 桂子

地図を見る

客室のインテリアは、シックでエレガント。ベッドに枕がたくさんあるのは、クッションにして、ソファーのようにくつろぐため。固めのスプリングは、寝心地抜群。ヨーロッパでスタンダードなダブルベッドは、カップルの愛を深めてくれるかも?広くて、振動が伝わらないので、相手を気にせずに、朝までぐっすり眠ることもできますよ。

冷蔵庫のミニバーは有料ですが、はめこみ式ではないので、私物を入れるスペースあり。湯沸かしポットがあり、備え付けの紅茶、ハーブディー、アメリカンコーヒーは、サービス品。お部屋で温かいお茶をいただいて、ゆっくり旅の疲れを癒しませんか。

バスルームに香りあふれる「Idea Toscana(イデア・トスカーナ)」

バスルームに香りあふれる「Idea Toscana(イデア・トスカーナ)」

写真:花村 桂子

地図を見る

「Idea Toscana(イデア・トスカーナ)」は、トスカーナ地方名産オリーブオイルから作られた、香り豊かなアメニティ・グッズ。爽やかでスパイシーな芳香が、バスルームじゅうに広がります。シャンプー、コンディショナー、石鹸や香水など、1Fフロント・デスクで購入できるので、おみやげにもどうぞ。

バスルームは、浴槽つき。水量たっぷりのシャワーは、位置を調整できるので、背の低い女子でも、楽々です。ドライヤーはもちろん、使い捨てスリッパも完備。ただし「歯ブラシセット」はないので、お忘れなく。

「ホテル ローラス アル デュオモ」最高のフィレンツェを

「ホテル ローラス アル デュオモ」は、フィレンツェを最高に楽しめるホテル。

フロントやレストランスタッフは、ゆっくり英語で応対してくれるので、イタリア語が分からなくても、ご心配なく。チェックアウトは正午12時とゆっくりめ。出かける前に、客室ドアに「Do Not Disturb Card(ドントディスターブカード)」を掛けておけば、お掃除が入る心配もありません。思う存分、フィレンツェの街を楽しみましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/10−2016/10/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ