フィレンツェの人気観光スポット「ドゥオモ」で体験する天国と地獄

フィレンツェの人気観光スポット「ドゥオモ」で体験する天国と地獄

更新日:2018/07/25 15:32

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 地方移住ブロガー
日本人には「ドゥオモ」の名で有名な「サンタ・マリア・デル・フォオーレ大聖堂」は、イタリア・フィレンツェで一番の観光スポット。繁忙期には1時間を超える大行列ができるほどで、多くの観光客がこの巨大な建物のクーポラ(ドーム部分)登頂を目指します。

今回は、行列してでもトライせずにはいられない「クーポラ登頂」を徹底解剖。地獄も天国も体験できる、フィレンツェ旅行のハイライトになること間違いなしです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

暗くて、狭くて、息苦しすぎる階段

暗くて、狭くて、息苦しすぎる階段

写真:藤谷 愛

地図を見る

世界遺産である「フィレンツェ歴史地区」にあるサンタ・マリア・デル・フィーレ大聖堂は、まさにフィレンツェを代表する建築物。写真の右側のドーム部分が「クーポラ」と呼ばれる部分です。このてっぺんの塔のような部分まで登頂することができ、ここからフィレンツェの景色を360度見渡すことができるので、登頂までに四苦八苦する場面があったとしても観光客なら誰もが「上ってみたい!」と感じます。

では、天国と地獄を体験できるその内部を詳しく見ていきましょう。

暗くて、狭くて、息苦しすぎる階段

写真:藤谷 愛

地図を見る

ドーム部分の登頂には、まずは大聖堂の内部へ。ドームの真下に行って見上げるとその高さに圧倒されます。

高さ107メートル、総階段数463段の急こう配へのアタックは、このドーム下の壁側にある暗くて狭い階段から始まります。

暗くて、狭くて、息苦しすぎる階段

写真:藤谷 愛

地図を見る

いかがでしょう、この狭さ!グルグルぐるぐる回り続ける階段で目が回り、運動不足の中年の方だけでなく若者だってぜぇぜぇ言いながら上る人多数。降りてくる人とすれ違う時は特に大変で、待っているほうが壁に向かって万歳をしても「むぎゅぅ・・・」と押しつぶされます。閉所恐怖症や潔癖症の人にはスタートから地獄になること間違いありません。

後ろからも観光客がどんどん上ってきて「お先にどうぞ。」などと言えるスペースはないので、とにかく気持ちをしっかり持って上がり続けなければいけません。

高所恐怖症の方にも地獄。クーポラの内側

高所恐怖症の方にも地獄。クーポラの内側

写真:藤谷 愛

地図を見る

グルグル回り続ける階段を超えると、クーポラ内部のフレスコ画を至近距離で眺めることのできるエリアに到着します。

このフレスコ画は、「ヴァザーリの回廊」を作ったことで有名なジョルジョ・ヴァザーリと、彼の死後、その弟子たちで1579年に完成させた「最後の審判」。ダンテの「神曲」のイメージが元と言われている美しい天国と残酷な景色が広がる地獄が、圧巻の色彩で描かれています。

高所恐怖症の方にも地獄。クーポラの内側

写真:藤谷 愛

地図を見る

よく見るとフレスコ画の中には丸い大きな穴がいくつかあります。これは穴に木材を差し込み、足場を築いてフレスコ画を製作した時のもので、後の修復作業にも使用されました。

高所恐怖症の方にも地獄。クーポラの内側

写真:藤谷 愛

地図を見る

このエリアでは観光客が落下しないように透明の強化壁が張られています。透明なのでぜひ下をのぞき込んでみましょう。階段を上り始める前に通ってきた、階下の身廊を眺めることができます。多くの観光客が行き交っていますが、米粒のように小さなサイズ!高所恐怖症の人には、ここもまた地獄のエリアになりますが、教会建築や絵画が好きな人には、いつまでも眺めていたい場所でもあります。

長居をする人には、「ギュウギュウ地獄」再び

長居をする人には、「ギュウギュウ地獄」再び

写真:藤谷 愛

地図を見る

美しいフレスコ画に見とれていると、やはり観光客は次から次へとやってくるので、先に行ってもらうときも、どちらかの壁にへばりつくことになります。写真を見ていただくと、やはりここも激狭!普通に歩いたら一人通るのが精いっぱいなのです。長居をしてフレスコ画を堪能する場合は「ギュウギュウ地獄」を覚悟して臨んでください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

「最後の審判」の先に、光り輝く天国が貴方を待っている!?

「最後の審判」の先に、光り輝く天国が貴方を待っている!?

写真:藤谷 愛

地図を見る

フレスコ画に描かれた天使たちが上っていくその先には、クーポラの先端部で外部の明かりが差し込んでいます。まさに観光客にとってそこが階段地獄の終点。「天国の景色はもうすぐ!」と思いながら、気合を入れなおしましょう。

「最後の審判」の先に、光り輝く天国が貴方を待っている!?

写真:藤谷 愛

地図を見る

そして最後の最後で続く難所の階段!急すぎて体力に自信のある若い観光客でも手すりをもって一歩ずつ上がったり下りたり。踏み外しでもしたら本当に危険ですので、ご注意を!

「最後の審判」の先に、光り輝く天国が貴方を待っている!?

写真:藤谷 愛

地図を見る

天国への最後の階段が写真のこちら。高さもあって急な数段ですが、最高の景色はもうすぐそこです。

花の都・フィレンツェの景色を堪能!

花の都・フィレンツェの景色を堪能!

写真:藤谷 愛

地図を見る

足がガクガクになりながら上り終えたクーポラの頂上部分に出てみると、オレンジの世界が広がる天国!見学エリアはそれ程広くないものの、360度、フィレンツェの風景を楽しむことができます。

花の都・フィレンツェの景色を堪能!

写真:藤谷 愛

地図を見る

また望遠鏡もあるので、街中に広がる数々の観光名所を違った角度で楽しむこともできます。

花の都・フィレンツェの景色を堪能!

写真:藤谷 愛

地図を見る

急こう配で、暗くて狭くてギュウギュウに押される地獄を潜り抜けて、やっとたどり着いたクーポラのてっぺん。じっくり時間をかけて楽しんでくださいね

地獄を体験しても行く価値のある天国

クーポラ内部のフレスコ画を手が届くような位置から見ることができたり、クーポラの頂上からフィレンツェの絶景を見られたりと、上りの大変さを経験しても余りある貴重な経験ができるドゥオモ。クーポラの登頂は、観光で疲れ切る前の体力のあるうちにぜひトライしてみてください!

<クーポラの基本情報>
住所:Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI
電話番号:(+39)055-2302885
アクセス:サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩7分
開館時間:月曜〜金曜8:00-18:20、土曜8:30-17:00、日曜13:00-15:20
閉館日:1/1、1/6、イースター前の木曜〜土曜、6/24、8/15、11/1、12/8、アドヴェント1週目の月曜、火曜、12/25、12/26

*記事下「関連MEMO」にはフィレンツェ観光に役立つ情報記事のリンクがあります。併せてお役立てください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -