徳島「エクシブ鳴門」のラグジュアリーなラウンジで優雅にティータイム!

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

徳島「エクシブ鳴門」のラグジュアリーなラウンジで優雅にティータイム!

徳島「エクシブ鳴門」のラグジュアリーなラウンジで優雅にティータイム!

更新日:2016/10/27 09:44

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 グルメレビュアー、絶景マニア、フォトグラファー

徳島県鳴門市にある「エクシブ鳴門」は高台からの抜群の眺望やヨーロッパ調のオシャレな外観、豪華な調度品などが魅力のリゾートホテル。徳島空港やJR徳島駅から車で45分ほど走った香川県との県境に位置します。こちらは会員制リゾートですが実は非会員でも宿泊できるロッジ・レストラン・ラウンジもあり、ランチやお茶しにドライブで行くのもオススメです!

ゴルフコースもある広大な敷地

ゴルフコースもある広大な敷地

写真:高野 祥

地図を見る

「エクシブ鳴門」は敷地が非常に広大。海岸沿いの阿波街道(国道11号線)から敷地に入ると山坂道が続いており、突き当たりを右へ進むと「グランディ鳴門ゴルフクラブ36」や、非会員でも宿泊できるロッジ棟、会員制の「サンクチュアリ・ヴィラ」などがあります。

左へ曲がると石畳のアプローチが長々と続いており、しばらく走るとヨーロッパ調の豪華な本館が見えてきます。車寄せのロータリーも非常に立派でオシャレな造りとなっているのでワクワク感が高まります!

本館やヴィラは会員のみ宿泊可。ロッジは誰でも宿泊OK!

本館やヴィラは会員のみ宿泊可。ロッジは誰でも宿泊OK!

写真:高野 祥

本館の宿泊部屋は、会員もしくは会員からの紹介者のみといった限られた方のみ宿泊可能となっています。スタンダードグレード(44.6平米)から始まり、ラージグレード(66.8平米)、スイートグレード(90.2平米)などに加え、テラスにジャグジーが付いた最上級のスーパースイートグレード(119.8平米)も用意されており、非常に豪華絢爛なインテリアが特徴。ロッジ棟は、ツイン(25.1平米〜)と和洋室(81.3平米)の2タイプが用意されており、こちらは非会員でも気軽に宿泊できるのが魅力。

本館内には、フレンチの「ボナキュー」、日本料理の「初海」、中国料理の「翆陽(すいよう)」といった3つのレストランとラウンジバー「シーガル」があります。また、ロッジ棟には比較的お手頃価格のイタリアン「ルッチコーレ」もあり、それぞれ非会員・非宿泊者でも利用できるので、ランチ目的で行ってみるのもオススメです。

開放感抜群!ラグジュアリーなラウンジバー「シーガル」

開放感抜群!ラグジュアリーなラウンジバー「シーガル」

写真:高野 祥

地図を見る

館内には高級感のある調度品が沢山飾られていてラグジュアリー度が高め!
特にラウンジは天井がかなり高く開放感抜群!かなり大きい窓やシャンデリア、白いピアノが印象的。各席ごとにテーブルやイスのデザインが異なっているので、自分の好みのイスを見つけるのも面白いでしょう。

ラウンジバー「シーガル」で優雅なティータイム

ラウンジバー「シーガル」で優雅なティータイム

写真:高野 祥

地図を見る

窓越しに瀬戸内海を眺めながら、ゆったりティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?
ラウンジバー「シーガル」では、ケーキの組み合わせによってはドリンクとのセットが1000円以下で頂くこともでき、雰囲気や景色を含めても、ホテルのラウンジとしては非常にコスパ高め!
土日限定で ”シェアショートケーキ” というビッグサイズのケーキも提供されているので、恋人やお友達、お子さまとシェアしながら食べるのも良いでしょう。
アフタヌーンティーセットもあるので、沢山食べたい方はそちらもオススメ。
ハロウィーンやクリスマスなどの季節には可愛らしい限定メニューも提供されているので、そちらも要チェック!

高台から望む瀬戸内海

高台から望む瀬戸内海

写真:高野 祥

地図を見る

ラウンジの横からは屋外のガーデンプールへ出ることができます。北側の瀬戸内海を一望することができる展望スペースがあり、晴れた日には小豆島も眺めることができるので、「エクシブ鳴門」へ行った際には是非立ち寄りたいスポット。

奥には、海と繋がっているような造りのインフィニティプールやジャグジーも完備されており、瀬戸内海の波模様を彷彿とさせる、濃淡あるブルーのモザイクタイルがまた素敵です。プールに入らずとも、思わず写真に収めたくなるような光景!

まとめ

本館やヴィラの宿泊は会員のみかと思われがちですが、会員からの紹介があれば第三者でも利用可能。非会員でもロッジ棟には宿泊することもでき、本館のプールや別館になっているスパも利用可能。レストランやラウンジは宿泊しなくても利用することでき、駐車場も無料なので、ドライブで行ってみるのもオススメです!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ