ビールで乾杯!世界遺産の古都・ドイツ「バンベルク」で歴史満喫グルメ旅

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ビールで乾杯!世界遺産の古都・ドイツ「バンベルク」で歴史満喫グルメ旅

ビールで乾杯!世界遺産の古都・ドイツ「バンベルク」で歴史満喫グルメ旅

更新日:2016/11/06 21:14

藤 華酉のプロフィール写真 藤 華酉

北のヴェネチアと讃えられる美しい古都、ドイツのバンベルク。見事な大聖堂も、薔薇の咲き誇るお城も、赤い屋根の家々も見所ですが、バンベルクといえば何と言ってもビール、そしてビール。ここでしか飲めない名産「ラオホビア」を楽しんだ後には、ビール博物館まで見物できる充実ぶり。グルメも観光も楽しめる、贅沢な街を味わいに行きましょう。

バンベルクはどんな街?

バンベルクはどんな街?

写真:藤 華酉

地図を見る

ドイツのバンベルクは、ミュンヘンやノイシュワンシュタイン城のあるバイエルン州にあります。ミュンヘンから2時間弱、フランクフルトからは3時間弱の立地です。

バンベルクには司教座が置かれていたので、立派な大聖堂や美しい修道院が残ります。赤い屋根で統一された旧市街は世界遺産にも登録されました。かつて漁師たちが暮らしていた、川沿いのカラフルな木組みの家々が今も健在で、「北のヴェネチア」の名で愛されています。

また、周囲はじゃがいもや小麦に恵まれ、畜産の盛んなのどかな土地。中世のビール造りのプロフェッショナル、修道院が数多くあった事もあり、素晴らしいビール文化が育まれて来た土地でもあります。

これこそが「ラオホビア」

これこそが「ラオホビア」

写真:藤 華酉

地図を見る

バンベルクに来たなら是非とも呑まなければならないのが、「ラオホビア」です。見た目は黒ビールですが、香りは力強くスモーキー。それでいて飲みやすく、杯が進む不思議な黒ビールです。

バンベルクのラオホビアの中で最も有名なのは、レストランも兼ねた醸造所、「シュレンケルラ」です。古めかしくいかにもドイツ酒場と言った雰囲気の店内は、観光客は勿論、地元のドイツ人でもいつも賑わっています。

肉料理が得意で、常にボリュームたっぷり。たまねぎに挽肉を詰めた「バンベルガー」が有名ですが、マンガ肉のようなボリュームの「シュワインハクセ(豚すね肉の丸焼き)」や「アイスバイン(茹でた骨付き豚肉)」も迫力があります。「シュレンケルラ」では、ラオホビアの独特の風味を逃がさない為、樽から直接ビールを注いでくれるのも雰囲気ある眺めです。

まだまだ知りたいビールについて

まだまだ知りたいビールについて

写真:藤 華酉

地図を見る

ビールを満喫したら、こんなに美味しいビールがどんな風に作られているのか、興味が沸いて来ませんか。そんな好奇心を満たすのが、バンベルクの街の丘の上にある「フランケンビール醸造博物館」です。実際にビールが作られていた地下室が展示室となっており、中世の手作りビールから、現代のハイテクビールに至るまで、人々のビール愛の歴史を辿る事が出来る造りです。

この博物館の建物そのものも、嘗てビールを醸造していた修道院を転用したもの。併設の教会も美しいですし、この丘の上からは、世界遺産のバンベルクの町並みをよく眺める事が出来ます。

忘れちゃいけない世界遺産、大聖堂

忘れちゃいけない世界遺産、大聖堂

写真:藤 華酉

地図を見る

13世紀に完成して現存する、バンベルクの大聖堂も見所です。重めかしい大聖堂は彫刻で満ちており、無料で入場できるとは思えない充実振り。特に、入り口すぐの場所に飾られた「バンベルクの騎士」は13世紀作でありながら、欠損の無い美しい姿を保っています。

大聖堂の周囲にも見所がいっぱい。薔薇の庭園が素晴らしい「新宮殿」や、メルヘンの世界に迷い込んだような「旧宮殿」もそれぞれ博物館になっており、見応えがあります。

ビールを味わい尽くすなら、修道院ホテルへ

ビールを味わい尽くすなら、修道院ホテルへ

提供元:Arkaden Hotel im Kloster公式サイト

http://www.arkadenhotel-im-kloster.de/

中世の頃。修道院は、普段はキリストの血であるワインを愛飲していました。しかし、肉食や贅沢を控える必要のある断食期間には、栄養のあるビールを食事の代用としていました。ビールを呑んでいたのかと思うと少しも断食感がありませんが、ともあれ、中世にビールを熱心に醸造していたのは修道院なのです。

バンベルクにはかつて沢山の修道院がありました。宗教革命の影響を受けて、少なくない数の修道院が解散されてしまいましたが、美しい建物はまだ健在。その中の幾つかはホテルとして生まれ変わっています。

バンベルク旧市街の中に建つ「アルカデン ホテル」も、修道院だった建物をホテルに転用した一つ。修道院時代の凝った彫刻や手入れの行き届いた中庭はそのままに、居心地の良いホテルへと変わっています。

おわりに

ビールと歴史の街、世界遺産のバンベルクは、訪れればお腹一杯満足できる観光地。バンベルクのインフォメーションセンターには日本語の無料パンフレットも用意されており、とても観光しやすい場所です。せっかくドイツへ来たなら、美味しい地ビールは欠かせません。ぜひ「ラオホビア」で乾杯しましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -